ヴィクトリアサンドイッチケーキ
「お茶を楽しまないのは 雨の降る日に傘を持たないで外出するのと同じこと」…
そんな風にアフタヌーンティーの習慣を イギリス中に広めたのは
ヴィクトリア女王


c0079828_18124528.jpg

1819年に生まれ 18歳で女王となり
即位3年目に 女王と同じ年のいとこでドイツ人のアルバート公と結婚
20年間で9人の子宝に恵まれ 幸せな結婚生活でしたが
結婚21年後のアルバート公42歳の時突然の他界…
ヴィクトリア女王・1901年に82歳(在位64年)でこの世を去るまでの
後半の40年間は悲しみや苦しみが入り混じる波乱万丈な人生でしたが
イギリスの繁栄と共に イギリスの紅茶文化が完成し
一般の人々にも普及した時代でもあったのです



そんなヴィクトリア女王が大好きだったのが
「ヴィクトリアサンドイッチケーキ」「ヴィクトリアケーキ」とよばれるケーキです

c0079828_17445926.jpg
カリブチャイのアニバーサリーのイヴェントの時にはいつも焼いております
こちらは昨年「3周年記念」の時のもの



c0079828_17465121.jpg

c0079828_1748672.jpg
こちらは「1周年記念」の時のもの…


両方を見比べていただくとちょっと違うのにお気づきでしょうか?
「1周年記念」の方は 普通のデコレーションケーキ型で焼き
横半分にカットしジャム等を挟んだものですが・・・


「3周年記念」の方は…
c0079828_17503431.jpg
c0079828_18495617.jpg
Victoria Sandwich Tin とよばれる型(Tin)で焼いたものです
この型で2つ焼きジャム等挟んで重ねます
(このtinは昨年10月渡英の際に買ってきました)



このTinを実際見たのは3年前に娘の友人のキャサリン宅を訪れた時…
彼女がこのTinで焼いた「ヴィクトリアサンドイッチケーキ」をごちそうになったのですが
今までいただいたどの「ヴィクトリアケーキ」より美味しかったのです
それで私もいつか…と思っていました


"Victoria Sandwich Cake"専用のTin ・一体誰が考えて作ったのでしょうね!
by karibu-chai | 2010-01-26 18:23 | 手作り | Comments(12)
Commented by flyrobin at 2010-01-26 19:21
まさにお茶の時間を「愉しむ」というテーブルセッティングの中で
立派なヴィクトリアケーキが女王のように君臨しているかのよう。。
ヴィクトリアサンドイッチティンはどこの店でも見かけますが
karibu-chaiさんはこちらの型にこだわられたのかしら。。
これと同じ型をお友達がお持ちなのですね。。
先日のホテルでのアフタヌーンティー以来、私もお茶の時間を
もっと愉しみたいと思っています(笑)。
Commented by macoan at 2010-01-26 19:35
こんにちは。
どこでもこの丸い方が「Sandwich Tin」として売られているのを見て、
なんで丸いのにサンドウィッチなんだろう〜??と
ずっと疑問に思っていたのですが、
あのサンドウィッチではなく「Victoria Sandwich Cake」のための
ものだったのですね。 あるいはイギリスでよく見かけるサンドケーキの
スポンジを焼く型なのですね〜。
早速仕入れてみることにしたいけれど、
そんなに焼いて誰が食べるのか??
うまく焼ければ(笑)お友達へのプレゼントにします。
Commented by good-kai at 2010-01-26 23:56
こんばんは~
美味しそうにヴィクトリアケーキが焼けていますね。
アニバーサリーのテーブル、いづれも素敵です☆
昨日、bunkamuraのシネマ2に行ってきたのですが
シネマ1の方で18歳のヴィクトリアがアルバート公と出会い
如何にして偉大な女王になっていくかの映画を上映していました。
是非、見にいきたいと思っています。
(きっと紅茶がますます美味しくなるのでは・・・・・)
karibu-chaiさんもいかがですか・・・・・

Commented by karibu-chai at 2010-01-27 18:46
ロビンさん、こんにちは~♪

ヴィクトリアサンドイッチティンで焼いた方が断然重ねた時も
見栄えがいいですし、焼きあがりも早いです。。。
このケーキはとてもシンプルですが、とても美味しくて紅茶にはよく合います。
そんなイギリスのティーフードとしては定番中の定番ですが、
シンプルがゆえに材料やちょっとした条件が出来上がりに差がでるような気がします。
お茶を愉しむ…紅茶を文化にしたイギリスは…本場なのに、
紅茶離れが進んでいて、ティーカウンシルはやっきになっているようです・・・
Commented by karibu-chai at 2010-01-27 18:51
macoanさん、こんにちは~♪
結構イギリスにすんでいる方の方が…余り近すぎて分らないことも
あるかもですね…
実はそんなにどこでも売っていないのですよ!
微妙に深さが違うのです…値段もジョンルイスはめちゃめちゃ高いし・・・
あるスーパーマーケットで見つけたのですが、大きな店舗でないと
なかったり・・・何回も足を運びました。友人にも頼まれていたので・・・
お菓子作りは楽しいので・・・頑張って作ってください!
このケーキ日持ちしますよ!
Commented by karibu-chai at 2010-01-27 19:00
good-kaiさま、こんばんは~♪

テーブルお褒めいただき…ありがとうございます。
嬉しいです(^-^)~

ヴィクトリア女王の映画はもうすでに観ました。
ヴィクトリア女王をとりまく親類系図などを・・・勉強していくと
より理解が深まると思いました。
ウインザー城や撮影した場所に実際行ったことがあると、興味も
深まりますね…Young Victoriaというのがもともとのタイトルだった
と思います…若いヴィクトリア女王の苦悩や愛が描かれていました。
お茶のシーンなどはほとんどなくて…ちょっと残念でしたが・・・
Commented by belgium44 at 2010-01-27 22:49
karibu-chaiさん、こんばんは~♪
わ~、とても美味しそうで上品なセッティング・・・・・・
この型、ヴィクトリアサンドイッチティンという名前までついているのですね。
私も食べてみたいなぁ~。
ケーキ屋さんに行っても、普通のこのケーキの名前で売っているのかしら?
一度も見たことがありません。
写真のケーキスタンドや小物類にも見入ってしまいました。
Commented by un-jour-de-fleurs at 2010-01-27 23:59
karibu-chiaさん こんばんは~
とっても美味しそうなケーキ☆☆☆  食べたいですぅ~!!!
こんなにたくさん焼くの大変でしょうね。
それも2台焼いてサンド・・・
皆さんが羨ましいわ~^^
いつか食べに伺わせてくださいませ~(笑)
ちなみに スコーン大好きです!? 
Commented by スノードロップ at 2010-01-28 09:41 x
karibu-chaiさん、こんにちわ~

お菓子作りが好きな私としてはとってもうれしい話題でした。イギリスから帰国するとき、あちらのスーパーで買ったお菓子の型を持ち帰りましたが、日本のものと比べるととてもよくできていて優秀です!が、しかし、このサンドイッチティンは買いませんでした!大失敗~!

今度イギリスに行ったら、絶対買います!ちなみに二枚で一気に焼きますか?それとも一枚焼いてまた一枚ですか?中のジャムは手作りのジャム?あーまた伺って、実物ビクトリアンケーキとカリブチャイブレンドのマリアージュを楽しみたくなりました!!
Commented by karibu-chai at 2010-01-28 20:31
さおりさん、こんばんは~♪

日本ではフランス風のケーキが主流なので、ヴィクトリアケーキと
銘うって売られているのは余程イギリス菓子専門店でないと
ないかもしれませんね…
イギリスではカントリーサイドのティールームなどでは必ずと言って
いいほど売られているし、メニュにもあるんですが…
とてもシンプルですが、美味しいです。
バターケーキ・・・の類ですね。
Commented by karibu-chai at 2010-01-28 20:34
reeさん、こんばんは~♪

ハイ! 美味しいですよ~(^-^)~
カリブチャイのイベントのときには12名なので2台分・合計4つ焼きます。
デコレーション型なら2台分ですが…この薄いサンドイッチティンだと
4つです。 でも薄い分速く焼けます・・・
今度reeさんいらっしゃる時はスコーンも焼いてお待ちします・・
Commented by karibu-chai at 2010-01-28 20:41
スノードロップさん、こんばんは~♪

このサンドイッチティンは底の部分が外れるのとそうでないのとあります。
外れる方が値段が高いですが、使い勝手は、断然外れる方が
使いやすいです…
何処で売っているか…?今度お教えしますね。
薄いので2枚一度に焼きますが、両方が同時に同じように焼けるよう、
上下で交換したり…目が離せません・・ジャムは手づくりなら最高ですが、
余りゆるいのはNG・ですので市販の方がいいかもしれません・・・
又お目にかかったら・色々お教えしましょう・・・
早速メールありがとうございました。
<< Karibu Chai ティー... エコも楽し(^-^)~ >>