「英国王のスピーチ」・The King's Speech
一昨日は東京にも「春一番」が吹いて
一気に春到来か!?…と思わせるほど気温が上がりましたが
一転~夜は北風ひゅ~ひゅ~
   ↓ 
気温も急激に10度も下がりました

そして昨日は、カリブチャイの「ひな祭りお茶会セミナー」土曜日クラスが無事終わり
(いつもでしたら…ちょっとお疲れ様&休養日で寝坊するところですが・・・)

今日は昨日封切りされた…
c0079828_22474981.jpg
『英国王のスピーチ』
"The King's Speech"を観に行きました



明日には決まる2011年・アカデミー賞の有力候補であるからではなく
私にとっては別の理由から…
一刻でも早く観たかったのです

c0079828_2304082.jpg
c0079828_2312652.jpg
皇太后さまのティーセット」としてすでにご紹介していますが…
このティーセットに出会ってからは
エリザベス皇太后がぐ~っと身近に感じられる方になりました
内気な王ジョージ6世を支え、国民からもクィーンマザーとして
いまもなお人気がある皇太后さま…

c0079828_044860.jpg


彼女の夫君が、この映画の主人公・ジョージ6世であり
運命に翻弄された内気な王であったことは知っていましたが…

c0079828_062387.jpg
1926年・現女王エリザベス2世誕生

吃音=キツオン(どもり)という障害・コンプレックスがあり
それを克服すべく…
妻エリザベスに支えられ、生涯の友となる信頼するキツオン矯正専門家のもと
国民のために努力を惜しまなかったことは
この映画を観るまで知りませんでした


この映画の脚本家デヴィッド・サイドラー(73歳)という人も
昔、吃音だったのを、克服したといいます…
彼はジョージ6世についての脚本を以前より書きたかったけれど
エリザベス・皇太后が生きている間はそれをしないと約束していたようです
(2002年101歳で皇太后逝去)


人の一生は 
その人がどんな国・どんな両親の下・家庭に生まれ育ったか…
そしてどんな伴侶に巡り合い・どんな環境下でどんな人々に支えられていったか…で
随分その人生は変わると思います

信頼・愛情が全てを変える源であるように思いました


本当に素晴らしい映画です
皆さまも是非!!ご覧ください


掲載させていただいた写真は…
c0079828_0252875.jpg
昨年10月の渡英の際
コッツウォルズの小さなアンティークフェアーで
偶然出会った こちらの「写真集」より抜粋させていただきました



***
そうそう・・お茶のシーンもところどころに出てきました
おぼろげな記憶ですが…
1.ジョージ6世が初めて吃音矯正ドクターを訪ねた時・
 ジョージ6世はno thank you でしたが、ドクターが飲みたくて、
 暖炉で湯を沸かし、ポットに茶葉を入れて「蒸らしましょう」…というシーン
2.エリザベスが王に即位したジョージ6世と一緒に矯正ドクター宅を訪れ、
 彼女だけがお茶を飲みながら待つシーン
3.ジョージ6世とエリザベスが、エドワード8世(ジョージ6世の兄)と
 シンプソン夫人の別宅を訪れた時に、ティーテーブルの上に
 ティーカップ&ソーサーがあったような…?



速報!
アカデミー賞の作品賞・監督賞・主演男優賞・脚本賞の4部門獲得!!
おめでとうございます!! 

by karibu-chai | 2011-02-28 00:12 | 日々のこと | Comments(12)
Commented by hiromin_y at 2011-02-28 00:43
アンティークフェアーの中で色々な出会いがあるんですね。この映画、私も是非見てみたいです。
Commented by non at 2011-02-28 08:53 x
はじめまして~
加代子さんのブログ経由でやってきました~(^▽^)V
加代子さんのブログがお休みで 寂しいので ゆかりの方を
訪れました(笑)

しばらく 見たい映画がなくて
映画館とは疎遠になっていましたが
そうですか ふむふむっ
なかなか いい映画のようですね~
久しぶりに 行ってみようかな



朝は カフェオーレ
午後は紅茶を 頂くことが多いです。
Commented by karibu-chai at 2011-02-28 09:03
hiromin_yさん、おはようございます
お久しぶりです…ご活躍で私も嬉しいです…
前回は皇太后さまゆかりの地を訪ねる…というテーマで
短い滞在中色々資料も物色しましたが、いいものに出会えなくて、
コッツウォルズの小さな町の、小さなフェアーで見つけました!!
帰国前日でしたので、神さま~ありがとうって思いましたよ。
とても貴重な写真集です。
Commented by karibu-chai at 2011-02-28 09:11
nonさま、はじめまして…
加代子さんのブログ、お休みで寂しいですね…
でも、nonさんにお越しいただけて、嬉しいです。
nonさんのブログもちょっと拝見しました。
♪♪音楽入りで…エッセイ風でステキね…!
明日もお雛さまおセミナーで準備のためゆっくり拝見できませんが、
後ほど又お邪魔させてくださいね。

私は映画館で映画を見るのは大好きですが、最近は時間がなく
て、あまり行けませんが、この映画だけは時間を作って観ました。本当に素晴らしい!!映画で、感動しました!!
渡英の際の往復飛行機内で往復5~6本観るのが楽しみになっています。
我が家はやはり紅茶ばかり…家で入れる紅茶が一番おいしいですね。
又遊びに来てください・・・おまちしています
Commented by 加代子 at 2011-02-28 16:20 x
  今日は~♪

ブログ休んでも友人宅には お邪魔する訳で(笑)
ジョージ6世のお話しなんですね。
お茶のシーンも出てきて面白そうな映画ですが
劇場は苦手なので またDVD待ちです・・・
吃音の有名人はかなり多いみたいですね。
ノルウェーの前国王、オラヴ5世もそうだったそうです。
Commented by karibu-chai at 2011-02-28 19:18
加代子さん、嬉しい!!
遊びに来て下さったのですね。

劇場は苦手なんですね…
私はやはり映画館で観る方が迫力があって好きです!
吃音の有名人多いのですね…
ノルウェーの前国王もですか!
小さい時のことがトラウマになって起こるみたいですよ…
映画でも色々なことが勉強になります。
オスカーも取ったようなので、やはり名実と共に素晴らしい映画だ!!ってことでしょうか!
Commented by flyrobin at 2011-03-01 05:20
オスカー、獲得しましたね!
私の周りの友人達も絶賛しています。
観に行かなきゃと思いつつ、まだなんですよ~^^。
是非行ってみなくては。。
ご紹介、ありがとうございます☆
Commented by maribaba at 2011-03-01 08:40 x
オスカー、受賞、そうだと信じていました。
この映画のことを考えているときにカリブチャイ
さんのことも考えていましたよ。
先日どもりのに関しての番組をやっていました。
ラジオでも何度か聞きました。私たちがどもり
のことをあらためて考えさせられる良い機会を
与えてくれた映画でもあります。
早く観にいかなくては。
Commented by good-kai at 2011-03-01 23:58
こんばんは~
早々にご覧になったのですね。
私も先月、映画に行きました折、この予告篇をみて絶対見たい映画だなぁと思っていました。
是非時間を作って観に行ってきますね。
オスカーを受賞となるときっと混みますでしょうね。
お茶シーン、しっかり見てこなきゃ~^^タノシミ
春から夏へ向かって見たい映画がいくつかあるので楽しみです。
映画はいいですよね。
Commented by karibu-chai at 2011-03-02 18:14
ロビンさん、こんにちは~♪

本当に素晴らしい映画でした。
是非ご覧になってね~
Commented by karibu-chai at 2011-03-02 18:16
maribabaさん、この映画と私のことと…
どの辺でリンクしたのかしら?
ジョージ6世が吃音だったことは知らなかったですね…
エリザベス皇太后の力も大きかったな~と感じます。
Commented by karibu-chai at 2011-03-02 18:19
カイトママさん、こんばんは~♪

私はアカデミー賞受賞の前に行きましたが、
母は今日観にいき、とても混んでいたと言っていました。
初回だといいみたい…
映画大好きです。が・・ホラー映画はNGです。
<< ひな祭り・お茶会セミナー かわいいお客さま >>