ほっとして…
ひな祭りのお茶会セミナー」が無事に終わり
ほっとして … 

『服飾の森アート展』に出展されている
ブログ繋がりで、よくカリブチャイにもお越し下さる
こちらの方の作品を拝見しに
会場である銀座・ギャラリー悠玄まで行ってきました
c0079828_2164360.jpg
自称「針仕事職人」の彼女の作品は
独特の個性で、そのインパクトに先ず驚かされます
忙しい中~時間を見つけて、好きなこととは言え~
これだけの作品を作るのは…私には気の遠くなることなのですが
当のご本人は、どんどんアイディアが出てきて、
楽しくて・楽しくて…と本当にチクチクがお好きなんだな~とただ感心するばかりです!

針職人さん~これからのご活躍も楽しみにしています


その後は…
六本木のサントリー美術館で開催されている
c0079828_2341692.jpg
300年の歴史を誇る
マイセンの変遷をたどる
『マイセン磁器の300年展』に足を向けました


17世紀に、中国や日本からヨーロッパに入った「陶磁器」の魅力は
当時のヨーロッパでは、我々の想像をはるかに超えた憧れでとらえられ…
何とか自国で…の思いから、相当な努力の結果

18世紀に入り遂にヨーロッパでは初めて、磁器の焼成に成功した
「マイセン」
素晴らしい作品の数々に息をのむばかりでした



ひな祭りのセミナーでは、ブルー&ホワイトのお話をさせていただきましたが、
このマイセンは外せないアイテムでしたので、タイムリーな展示に
とても興味深く見学することが出来ました
by karibu-chai | 2011-03-06 02:43 | 日々のこと | Comments(12)
Commented by maribaba at 2011-03-06 08:54 x
Cocoさん懐かしいな~。彼女の作品は
本当に迫力があり、素晴らしいです。
彼女の前で忙しいなどと言い訳けすると
恥ずかしくなりますよね。
マイセン、興味深い展示会ですね。
Commented by 針仕事職人 at 2011-03-06 10:39 x
カリブチャイさん こんにちは~
セミナー等でお忙しい中お越しくださり本当にありがとうございました!
ドキッ!^^
ステキに紹介してくださってありがとうございます。
優しいお言葉に感激! お心遣いに感謝しております。

maribaba さん 私へのコメントありがとうございます。
皆さんの優しい言葉に、気ままな職人ちょっと照れますデス。。
励みにがんばりまっす!

私、「マイセン」の招待券をいただいていたのですが・・・
行かれなくてすごく残念。
何時か、お話聞かせてくださいね。
Commented by karibu-chai at 2011-03-06 12:44
maribabaさん、こんにちは~♪

cocoさんともお会いしたことがありますものね…
彼女のパワーには脱帽ですが、何よりチクチクに関しての
製作熱が熱い方ですね…それもご主人様のお仕事を協力なさりながらですから、
頭が下がります…maribabaさんもそうですが、年を重ねても
頑張っていらっしゃる方が、私の周りには多い!!
自然と闘志が(?)ミナギリマスが…でも程ほど…細く長く、マイペースで~す!!
Commented by karibu-chai at 2011-03-06 12:47
針職人・cocoさん~お疲れさまでした。
本当に、パワーあふれる毎日の積み重ね…
尊敬の念でいっぱいです。

大好きなチクチクを出来るだけ長く続けてね…
体に気をつけて頑張ってください。
又いずれゆっくりおしゃべりしたいですね。
Commented by flyrobin at 2011-03-06 22:49
cocoさんはステキな作品を生み出す方ですね~。
オリジナリティーに富むcocoさんの作品に
しばし見惚れてしまいましたよ~。
これからも末長く楽しみ、頑張っていただきたいです。

マイセンの展示会も興味深いですね。
Commented by karibu-chai at 2011-03-06 23:53
ロビンさん、こんにちは~♪

cocoさんは、本当に凄いんです!!
ご主人様の事務所でお仕事なさりながら・・・作品も作るし、
ブログも毎日のようにアップされるし~
お休みは精力的に色々なところにお出かけになるし…
お元気だから出来ることですが…とにかく素晴らしいのです!!
Commented by Yoko@FRA at 2011-03-07 15:38 x
karibu-chai先生、こんにちは。Cocoさんのブログも拝見してきました。アートでその繊細さにひかれました。大ぶりのアクセサリ大好きのドイツ人にみせてあげたいです。ハートモチーフのネックレスとトルコ石を中心にした青のアクセサリに特に心ひかれました。マイセン、ドレスデンまでしかいけなくてマイセンの作品はそこの宮殿でしかみたことがないのでサントリー美術館に私もお邪魔したい気持ちになりました。ドイツ人の方からしたら中国の景徳鎮(や有田の伊万里)の磁器にみせられてなのにどうしてマイセンにそんな日本人くるの?と不思議がられたことがひっかかり日本人なのに知らないのは恥ずかしいと以前よしおくんと有田に出かけたことを思い出しました。マイセンほど有名じゃないのですがヘッセンにもマイセンにならったヘキストの焼き物がフランクフルトにあります。
Commented by belgium44 at 2011-03-07 18:36
karibu-chaiさん、こんばんは~♪
針仕事職人さんの作品は実物は見たことがないのですが
去年だったか一昨年だったか・・・確か森岡書店というところで
(そのビルがすごく格好良くて)
作品の企画展があって、関東在住の方がけっこう行かれていて
いろんなブログで見たことがあります。
アンティークのような世界と、その時印象を持ちました。
読んでいると、本当に精力的で素晴らしい感性なんだなぁ~。
マイセン磁器工場、ツアーで行ったことがあるんです~。
でも当時まだ若過ぎて・・・・
今だったらもっと興味持って見れたんだけどなぁ~。
Commented by karibu-chai at 2011-03-08 00:49
フランクフルトのyokoさん、こんにちは~♪

(先生はなんて呼ばないで…カリブチャイさんでいいですよ!)
とてもインパクトのある作品が特徴なcocoさんですが、
かわいい~繊細な(ビーズなので、全て繊細なのですが…)ものもたくさんあります。
大ぶり大好きな・・・{確かにそうかも…?}ドイツの方には、
似合うかもしれませんね。

マイセンがお手本にした古伊万里の故郷のある、日本の人々が、
どうしてマイセン見に来るの…?って…確かに不思議なことなんでしょうね。
今まで考えたことなかったけれど、そう思うのも当然ですね。
日本の伊万里焼きを超えた素晴らしいマイセン独自の作品が次々作られて行ったのですが…(江戸時代までは有田で作られても
伊万里港から全て出荷されていたので、伊万里焼きと呼ばれて
いたそうです。明治以降、伊万里焼・有田焼と呼ばれるようになったようです。)
ドレスデンも多くの作品を生み出していますね。。。行ってみたいです。
Commented at 2011-03-08 00:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by karibu-chai at 2011-03-08 00:58
さおりさん、こんばんは~♪

cocoさん=針仕事職人さんのこと、よく覚えていらっしゃいますね。
びっくり!!
その書店のビルで、展示会ありました。その時もお邪魔しましたが、
今回はモダンなアートの雰囲気で、他のアーティストの方々
とのコラボレーションでした。
cocoさんは、アンティークも大好きで、カリブチャイにもよく
お越しくださり、ショップでお買い上げいただいております。
又、ミニセミナーもよく受けてくださるんです…
お孫さんもいらっしゃるのに、、、パワ~炸裂のそれでいて、謙虚な情熱家です!!
(今でもお若いけれど…もっと)お若い時に、マイセンに行かれたんですね。
too young だった~!! そんなことよくありますね。
Commented by karibu-chai at 2011-03-08 01:04
鍵コメ03-08 00:52さま

ま~ご丁寧にありがとうございます。
いえいえ…他ならぬ〇〇〇さんですもの…心配いたしました。
でも、よかった~!
もう1年経ちましたのね・・お嬢さまと「お雛様のセミナー」に
お越しいただきましたね。。。
少し落ち着かれましたら、又是非遊びにお越しくださいませ。
御身大切になさってくださいませ…
<< ご一緒しませんか~! ひな祭り・お茶会セミナー >>