2012年・前半・カリブチャイ・ティーセミナーのご案内
c0079828_1239382.gif


             2012年前半 
  Karibu Chai ティーセミナーのご案内



2012年のイギリスは、6月のエリザベス女王2世即位60周年記念ダイヤモンド・ジュビリー式典・そして7月にはロンドンオリンピックと、ビッグなイベントが控えています。
きっと、イギリスが…ロンドンが…今まで以上に世界から注目されることでしょう。
そんな話題沸騰のイギリスを意識して、2012年・前半のティーセミナーのカリキュラムを組んでみました。


① 2月25日(土)・28日(火)13:30~15:30
    イギリスの小麦粉と日本の小麦粉を使って
~スコーンの食べ比べ~+ユニークなスコーンのご紹介~

c0079828_13361995.jpg
イギリスで「Cream Teaクリームティー」と言えば、紅茶とスコーンのメニュー。アフタヌーンティーにも欠かせないスコーンですが、イギリスでは、女の子がお母さんから初めて習うティーフーズだとよく言われています。
家庭や地方によって様々なレシピがありますが、
今回は、イギリスの家庭でよく使われている小麦粉「セルフレイジングフラワー」を使ったスコーンと、日本の小麦粉で作ったスコーンの食べ比べと、それにプラス、いつもと違うユニークなスコーンもご紹介いたします。


② 3月24日(土) ・27日(火)13:30~15:30 
 ~イギリスの代表的デザート・プディングのお話~


c0079828_13462623.jpg
写真はネットからお借りしました
「プディング」と聞くと、日本人はプリンを想像するでしょう…        
勿論プリンのルーツは「プディング」ですが、イギリスではちょっと違います。
中世の頃より、プディングは食事の一部で、動物の腸や胃袋等に肉やカランツ等を詰めて食していました。今でも朝食の付け合わせの「ブラック・プディング」やローストビーフの付け合わせにはなくてはならない「ヨークシャー・プディング」などはそのいい例です。
現代のイギリスではほとんどが甘いデザートをさしますが、
「えっ??これもプディング??」と思う程その種類はたくさんあります。
紅茶もイギリスの食文化なら、「プディング」もその位置は大きなものと言えましょう。
長い歴史の中で現代のイギリスになくてはならない「プディング」のお話と、いくつかのプディングを召し上がりながらのティータイムをお愉しみいただきます。

            ★ ★ ★ 

4月初旬からイギリス買い付けと取材のため
                 一ヶ月ほどショップはお休みをいただき…
            
         



③ 6月2日(土)・5日(火) ・9日(土)・13;30~15;30 
~恒例「ダージリン・1stフラッシュを愉しむお茶会」+最新のイギリスレポート~
 
c0079828_134184.gif
2012年・選りすぐりのクオリティー・ダージリン1stフラッシュを
何種類かお愉しみいただきながら、ダイヤモンド・ジュビリーや
ロンドンオリンピックを控えた、最新のイギリスレポートを写真や
動画をご覧いただきながら…ご紹介いたします。
ティーフーズは前回とは違った「プディング」をお愉しみいただく予定です。



お申し込み方法

電話・FAX・E メール等にて 先着順で受け付けます

電話&FAX :03-3331-1198 ・ 携帯090-7810-0716
E メール:karibu-chai@mbp.nifty.comクリックするとEメールのフォームが出ます

定員:各回10名

会費:①と②は¥3.800 ③は¥4.000
当日1 回ごとにお釣りの無いようにご持参いただくようお願いたします。
なお準備の都合もあり、お申込みいただいた後のキャンセルには、
下記のようにキャンセルチャージを設定させていただきたいと思います。
何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

キャンセルチャージ基本
*1週間~4 日前までのご連絡 … 会費の30%
*3日~前々日までのご連絡 … 会費の50%
*前日のご連絡 … 会費の80%
*当日のご連絡 … 会費の100%
しかし、当日の交通事情、お病気等のよんどころない事情の場合は、次回のセミナー参加の為に会費をプールさせていただくこともございます。


皆様のお申込みをお待ちしています
by karibu-chai | 2012-01-23 13:01 | セミナーorイベント
<< 6年ぶり4cmの積雪 カリブチャイ・2012年スタート! >>