木目込人形展~
2008年6月のトルコ旅行の時~
同じツアーで、それはそれは仲のよい三姉妹がご一緒でした。

ご姉妹のお二人は「カリブチャイのトルコ紅茶を愉しむ会」にもご参加いただき、

特に…折に触れ交流がある、ご長女の柳橋由美子さんは
木目込み人形のお教室を40年続けていらっしゃって…

彼女の主宰するお教室の作品展
柳の会・40周年記念・木目込人形・押し絵作品展)が…
千葉の文化センターで開催とのご案内状をいただき

最終日14日に時間がとれたので(手袋を落とした日です)
拝見しに、出かけて行きました


c0079828_16451245.jpg

c0079828_1640976.jpg

由美子さんは私の顔を見るなり…駆け寄って…
「ま~遠くから来てくださったの~ありがとう~」とハグハグしてくださり
彼女の作品と共に記念撮影~はいパチリ!!
(写真の顔出しは、ご本人の許可を得ております)


木目込み人形と云うと、お雛様を思い浮かべますが…
(もちろん「お雛様」もありましたが)
c0079828_1647226.jpg

広い会場には、由美子先生の生徒さん達の丹精込めた
それはそれは…素敵な木目込み人形がたくさん展示してあり
その美しさには驚きました


c0079828_16474866.jpg
ストーリー性のあるお人形や…


c0079828_16482495.jpg
初めて見る押し絵の展示には、
余りの細かさに…ビックリでした


生徒さんのお一人で・・・私と同じぐらいのご年配の方で、
数年前に心臓の手術をされ、その後力が入らない指をかばいながら
完成された…お孫さんの「七五三」の作品
c0079828_16531260.jpg


制作者の方からご説明を受けましたが…
c0079828_16541452.jpg

お孫さんがお召しになられたお着物の柄向きと同じように
お花の・花びら一つ・一つも
小さな布を木目込んでいるとのこと・・
思うような色がなければ、ご自分で染めたり…
気の遠くなるような過程を経て完成させるのですって!!

私はお人形のための特別細かい柄模様布を用いるのだと思っていましたが…
これは愛情込めて…魂を入れて…心を込めなければできませんよね


c0079828_1721485.jpg

「七五三」の作品を作られた方は…
こちらの押し絵も完成されました…
一年かかったそうです
「安藤広重の東海道五十三次」より~


一口に40年と云っても…
40年間続けてこられるのは並大抵のことではありません…
由美子さんの優しいお人柄に集まってくる生徒さんに囲まれながら
お互いに切磋琢磨して続けてこられたのでしょう…

やはり好きこそ何とか…ですが

お人形を通して「温かい人と人との触れ合いを感じ」
あったか~い気持ちになって帰ってまいりました


柳橋由美子さん~これからもステキなお教室を続けてくださいね

by karibu-chai | 2012-02-16 17:25 | 手作り | Comments(4)
Commented by 加代子 at 2012-02-16 18:07 x
  今日は~!

素敵な展示会に行かれたのですね。
木目込み人形は少し齧った事もあって興味津々です。
本当に細かく作ってらっしゃるのですね。
お顔も各自作られるのかしら?
特にお孫さんの七五三、着物の模様も細かく素敵!
やっぱり愛情のなせる技なんですねェ。
日本情緒溢れる押し絵も良いですね^^ 
Commented by karibu-chai at 2012-02-16 22:26
加代子さん、コメントありがとうございます。

そうなんですよ!
とっても素晴らしい展示会でした。
お顔は専門の方が描いてくださるものを使うケースと、ご自身で
描かれるケースとまちまちだそうです。
既成のものを使う場合もあるとのこと。きっとその方のスキルに合わせて、
色々なんでしょうね…

とにかく細かい作業で、想像しただけで気が遠くなりそうです…
好きでなくっちゃ~できませんね。
Commented by olive island at 2012-02-17 23:53 x
karibu-chiaさん
こんばんは~

前回は、夫のふるさとを沢山ご紹介下さり有難うございました。
再会してから もう、2週間もたつのですね。早いです。

木目込み人形と押し絵の作品楽しませていただきました。
趣味の域を超えた素晴らしいものばかりで
ご指導された先生に敬意を払います。

細かい手仕事で気が遠くなりそう! それだけに皆の心を打つのでしょうね。布や色合わせにこだわって作られたのが写真からよくわかりました。

昔々、母が木目込みのお雛様を私に作ってくれました。
もうすぐ、桃の節句。一年に一度の登場ですが、未だに色もあせず
きれいです。  一生私の側に☆

「七五三」の作品 お孫さんにとって宝物ですね♪


Commented by karibu-chai at 2012-02-18 10:34
olive islandさん、おはようございます~♪

コメントありがとうございます。
本当に早いですね…
あのフェリーでご一緒していただいた時のこと、
毎日のように思い出しています。
本当に嬉しかったです!

お母さまが木目込み人形のお雛様をね…年を重ねても、お雛様は
女性にとって、可愛い懐かしい~存在ですね。
おじいさんが兜やこのぼりを飾るのは、あまり聞きませんが、おばあさんになっても、
お雛様は永遠のような気がします。
いつまでも、お母さまの愛情いっぱいのお人形が、olive islandさんの、
心と繋がって~温かいかけ橋になってくれるでしょうね。

<< 天皇陛下のご快癒~心よりお祈り... あ~よかった!ありがとう… >>