ふわふわリース
立春が過ぎましたが
まだまだ寒い日が続いています…
皆さま、お変わりないですか?

インフルエンザも猛威を振るっているようですね…

私も インフルエンザではないですが
母の葬儀の前からひどい風邪を引いてしまい
回復に大分時間がかかっていましたが
やっと症状も回復してきました


先日
秋田のドライフラワーのお教室をしているHIDEKOさんから~★★★過去記事

c0079828_16393360.jpg

ステキな手作りの『ラムズイヤー』のリースが届きました

彼女は以前、我が家にも数回泊まっていただいたことがあり
亡き母とも面識がありましたので
私を慰めてくださるお気持ちもあり…
こんな温かい~ふわふわのリースを作ってくださったのだと思います


c0079828_16433120.jpg

早速玄関に飾らせていただきました


「ラムズイヤー」…「子羊の耳」という意味のハーブだそうで
本当にフワフワ~ 彼女の優しさがあふれているようです

眺めている方も、ふんわりと~温かい気持ちになりますね


HIDEKOさん~本当にありがとうございます
大切にしたいと思います


ラムズイヤー(lamb's-ear、学名:Stachys byzantina)は
トルコ・アルメニア・イラン原産のシソ科イヌゴマ属の種である。
和名はワタチョロギ。英名は「子羊の耳」という意味。
c0079828_179135.jpg

ウッキペディアより引用

by karibu-chai | 2016-02-06 16:51 | 手作り | Comments(2)
Commented by maribabalondon at 2016-02-06 20:25
Hidekoさんのリースセンスいいな~。
ラムズイヤー昔住んでいた家の庭に植え、感触が好きで
よく触っていました。
こうして単色リースにするなんておみごとですね。
そして花の色と同じ紫のベルベットリボン。
うっとりです。
Commented by karibu-chai at 2016-02-07 10:34
彼女のセンスは、ピカイチと思います。
いつもmaribabaさんは、HIDEKOさんのセンスを
褒めてくださいますが、私も同感です。
そうですね…ラムズイヤーのお花とリースのリボンが
同じ色ですね・・感触の似ているビロードの素材を
使っているのですね・・・憎い!
<< 送られた「エリンギ」… 命を繋げて… >>