Karibu Chai 11th Anniversary Seminar "William Morris"

2017年後半は
カリブチャイ11周年記念セミナー
『ウイリアム・モリスの世界』からスタートしました

開催日は10月28日・11月1日・11月7日の3回

c0079828_23360598.jpg
c0079828_23395765.jpg
グリーン系の「ゴールデン・リリー」のカラーに合わせて
テーブル花もアレンジしてみました
c0079828_23402225.jpg
ピンク系の「Goden Lily」の生地で誂えた
テイ―コージーもご用意しました!


c0079828_23370025.jpg
先ずは「サンドウイッチ」3種と秋らしく「柿とカブのマリネ」を
世界三大銘茶の「キーマン」と召し上がっていただきました

その後は…
c0079828_23524775.jpg

19世紀のイギリスのデザイナー・芸術家・詩人・思想家・・・と
数々の肩書を持ち
産業革命後の大量生産に反発し、職人の手仕事による
作品の美しさを提唱する
「アーツ・アンド・クラフツ運動」の中心人物でもあった
William Morrisの経歴や 様々な活動を
動画や写真なども交えてご紹介しながら
説明させていただきました



c0079828_23371605.jpg

レクチャーの後は…
「スコーン」・「ブルーベリーのケーキ」
「パンプキンプディング」を…
今年のクオリテイー・ダージリン2ndflashと
スリランカのUVAと一緒に召し上がっていただきました

召し上がっていただきながら…
昨年より私が直接訪ねたモリスのプロパティー
ナショナルトラストの「Standen」「Red House」
そして「ウィリアム・モリス・ギャラリー」「V&Aミュージアム」
現代のモリスの製品を扱うチェルシ―デザインセンター内のショールーム
の写真を時間が許す限りご覧いただきました

c0079828_14085166.jpg





現代ではカーテンやクッションなどのファブリックや
様々なアイテムに用いられているウイリアム・モリスのデザインですが
没後120年経っても世界中で愛され続けている要因を
探れば探るほど…興味が広がり、益々モリスが好きになりました
…そんな感想を持たれた方が多かったです

ご参加下さったmilky107さんが
ご自身のブログにアップしてくださいました★★★…クリック
同じアンティーク・ディーラー仲間の8treesさんも
ご自身のブログにアップしてくださいました★★★…クリック


★ ★ ★

c0079828_23403854.jpg

実は…
3回目のセミナーの数日前に参加した中学の同期会で
この本を監修した同期生「三田村有純アリスミ」氏
卒業以来、半世紀ぶりにお会いしました

c0079828_23412045.jpg

私にとっては、中学の同期生ですから三田村君!なのですが…
とにかく日本の漆の世界では第一人者で・・現代も芸術大学の名誉教授で…
ビックリでした!!

その同期会で彼がこの本を監修したことを知り、3回目のセミナーまでに間に合うように探して、やっとget致しました!


何故「漆」の三田村氏がモリスの本を監修したのか?

実は、のデザインには正倉院の文様の影響がかなり有り、正倉院の宝物をたどるとペルシャに行き着く…ペルシャでは絨毯にその摸様が連綿と受け継がれ、モリスは絨毯の鑑定士の仕事をしながら日本から渡った「和綴じ」の図案集を眺めていた…現代の日本人がモリスを愛し、私がモリスの本を監修するのは「距離も時間も国も越えて繋がる美」に惹かれるからなのです。…三田村有純序文より

c0079828_23422074.jpg

序文に出ている「和綴じ」の図案集 写真は本から引用させていただきました

三田村教授は、2006年にサーダンソン社を訪れて
国宝級のモリスのアーカイブに直接触れることが出来た体験をもとに
この本が監修されました。
ウイリアム・モリスは工藝家である三田村氏にとって
創作理論を体系づけてくれる先駆者であったと…記しておられます



この本は、3回目のセミナーに、ご参加くださった方にのみ
ご紹介できましたが…
モリスのセミナーを開催したことで
この本と三田村氏と…又他の同期生とも…
半世紀ぶりに新たなご縁が出来~本当に嬉しい結果となりました


3回とも定員を超えてのお申込み・ご参加をいただきましたこと
心より感謝申し上げます

ありがとうございました




by karibu-chai | 2017-11-11 01:04 | セミナーorイベント | Comments(4)
Commented by maribabalondon at 2017-11-11 06:53
セミナーのご成功おめでとうございます。
ティーコージィーや、ティー、お菓子の素晴らしさ、そんな
演出にも感動しました。
素晴らしい、セミナーであることがうなづけます。

素晴らしい方が同級生でらしたのですね。

Commented by karibu-chai at 2017-11-11 15:50
maribabaさん~♪

過分なご感想をありがとうございます。
モリスのセミナーが3回とも無事終わり、ほっとしています。

ご参加の皆様や私を支えてくださる方がたのお蔭で、
ショップも、セミナーも続けさせていただいていると
いつも感謝しています。
今回は初めて3回の設定でしたが、お申し込みも沢山いただき、
ありがたかったです。

中学時代の芸大の友人に再会でき、タイムリーに
素晴らしい本に出合えたこともラッキーでした!
私は本当に人のご縁に恵まれているとつくづく思います。
maribabaさんもそのお一人です…
これからもよろしくお願いいたします。

Commented by milky107 at 2017-11-12 22:47 x
セミナー、お疲れさまでした。
中身の豊富なセミナーで面白かったです。

ご自身がモリスについて掘り下げて探求されていたので
今回の同級生とのご縁は 絶妙なタイミングでしたね。
さぞお話が弾んだことと推察いたします。^^
タイミングが良いのはKaribu-Chaisannらしい・・・。^^

今回ショップに集中していていつも以上に
写した写真が少なく、リンクを貼っていただき
恐縮しています。
Commented by karibu-chai at 2017-11-12 23:12
milky107さん~♪

先日はセミナーへのご参加、そしてご自身のブログへの
アップ…ありがとうございました。
直接ティーには関係ないイギリス絡みのテーマの
セミナーが続いていますが、それでもご参加希望が多い
のは、ウィリアム・モリスのデザインが何故か~日本人
の感性に響くものがあるからなのでしょうね…

私自身も、調べれば調べるほど、興味が深まりました。

30年ほど、お蔵入りしていたモリスのデザインでしたが、
現在のようにあらゆるアイテムにモリスのデザインが
用いられているのを、天国のウィリアム・モリスが
知ったり見たりしたら…どう思うかしらね?
<< 初冬の盛岡へ… 街はもう~X'mas!! >>