テーブルウェア・フェスティバル2018
東京ドームでこの時期毎年開催される
「テーブルウェア・フェスティバル2018」
~暮らしを彩る器展~

今年も先週行ってまいりました

c0079828_16093359.jpg
c0079828_16094976.jpg
今年の特集企画は…
英国=Style of Life
生活に品格と気品があふれる英国。ガーデンや紅茶と共にあるその美しいライフスタイルを様々な食卓シーンで表現し、英国スタイルの「今」をご紹介します
(パンフレットより抜粋)

会場には、コッツウォルズから取り寄せた
コッツウォルズストーンを使ったミニガーデンが展示され
英国の有名な窯元のテーブルウエアーがセッティングされておりました

c0079828_16100418.jpg
バーレイ・ポートメリオン・ウェッジウッド・スポード
c0079828_16253768.jpg
エインズレイ・エマブリッジウォーター・バーレイ



c0079828_16243776.jpg
ロイヤルクラウンダービー…さすが~格調高いですね!
(他にもありましたが…時間がないので私好みのみで…写真なし)



英国以外では…

c0079828_16311198.jpg
毎年、招待券を送ってくださるSさんがお仕事している
フランスの陶磁器メーカー「RAYNAUOレイノ」と

私好みのハンガリー「ヘレンド」の展示の前では足を止めて…

いつもながら 大勢の人々で賑わっておりましたので
午後の予定もあり駆け足で見てまいりました

★ ★ ★

今年で26回目を迎える
テーブルウェア大賞~優しい食空間コンテスト~
の審査員長は…
私の中学時代の同期生で現在、東京芸術大学名誉教授
『三田村有純ミタムラアリスミ氏』でしたので

(以前ウィリアムモリスのセミナーの時に三田村氏のことを記事にしました)
★★★過去記事

c0079828_16451768.jpg

c0079828_16455266.jpg


審査委員長である三田村氏の コメント添えられた
特別審査部門・「麺を愉しむ器コンテスト」優秀作品も拝見してきました



部門①テーブルウェア・オリジナルデザイン部門
部門②麺を愉しむ器コンテスト
部門③テーブルウェア・コーディネート部門

3つの部門の総合的な審査は…三田村氏いわく
書類選考から審査決定まで…三ヶ月を要したとのこと
作品を作る方も~審査する方も大仕事でしたね

多くの人々の力の結集で…毎年愉しませていただきます
ありがとうございました





by karibu-chai | 2018-02-13 16:57 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by 加代子 at 2018-02-15 18:49 x
東京のテーブルウェアフェスティバルは素敵ですね。
彼方此方のブログで 皆さん紹介されていて
いつかは行って見たいです。
さすが、英国は名だたるメイカーさんが展示なんですね。
私もヘレンドの食器は大好きですが
コーヒーカップ1客しか持ってません(笑)
でも見るだけで 目の保養♪
Commented by karibu-chai at 2018-02-15 22:17
加代子さん~♪

会場が東京ドームで広いので、余程時間をかけないと
全て見られません。私はいつもそんなにゆっくりは
見られないのですが…
今回は、英国絡みの特別展があり、そこを重点的に
見てきました。
ヘレンドは英国でないのですが、私も好きなので…
ヘレンドがすみれ?…今回の花は可憐なすみれでした!
すみれはイギリスのカップ&ソーサーなどに、よく
見ることが出来るモチーフですので、ヘレンドが~?と
ちょっと不思議でした。
和も、洋も…アンティークのお店も少しですが出ているのですよ!
<< 人形と語ろう心のふれあい…『柳の会』 2018年・前半「カリブチャイ... >>