2017年 03月 03日 ( 1 )
ティークリッパー・カティサーク物語

現存する唯一の イギリスのティークリッパー
カティサークの歴史をひもとくカリブチャイのティーセミナー
『カティーサーク物語』を
雛祭りのお茶会も兼ねて…2月25日と28日の両日開催いたしました


c0079828_12260523.jpg
先ずは ご参加いただいた皆様に
ヴィンテージのSundae Dish に盛りつけた「鮭寿し」と
菜の花の辛し和えを…

c0079828_12235158.jpg
日本の緑茶と中国のジャスミンティーとをMIXしたお茶で
召し上がっていただきました
(お雛祭りも・茶も中国がルーツですので…)

c0079828_12490351.jpg
軽食が終わって…その後は
数奇な運命をたどった『カティーサーク』の歴史を
レクチャーさせていただきました
 
私が、2007年の火災前の2001年と、火災後修復された2016年の2回
ロンドンのグリニッジに展示公開されているカティサークを
見学した時の写真や、you tubなどの画像などもご紹介しながら
数々の困難もくぐり抜けて、今現在も保存協会のもと現存する
ラッキーな「カティサーク」のお話をいたしました


c0079828_12244826.jpg
レクチャーの後は
カティサークの見学時に購入したクロテッドクリーム入りのファッジや
羽二重餅・雛あられやチョコなど…
ひな祭りにちなんだお茶請けやティーフーズでティータイムが始まり


c0079828_12241248.jpg
"飲む点滴"ともいわれる今や大人気の「甘酒」と
熱々のケニアティーとMIXしたお茶で
ドライクランベリーを混ぜて焼いたスコーンを
優しい「桜ジャム」で召し上がっていただきました

今回の甘酒はフリーズドライのものを使用。液体のものと違って、熱いティーを
注いでいただいても冷めずに美味しく召し上がっていただけます!!
お味はミルクティーのようで、大好評でした!



c0079828_13072751.jpg
続いて…
抹茶と黒豆のパウンドケーキを
中国のキーマンと一緒に召し上がっていただきました


c0079828_12252944.jpg
最後はお口直しに…
桃のサイダーのゼリーと桃のムースの
冷たいデザートを召し上がっていただきました


1869年に進水式を迎えたカティサークでしたが
その5日前にスエズ運河が開通し
ティークリッパーとしては7年しか活躍できなかったのですが

その後…ウールを運んだり様々な業務をこなし~
ポルトガルに売却されたりしましたが

活躍していた頃の美しいカティサークを覚えていたイギリス人に見つけられて
再びイギリスに帰還し、
2007年火災に遭ったのですが、丁度・大修復工事中で
大切な船の備品等は他に保管されていたため 

損傷は5~10%以内だったという ラッキーガール!「カティサーク」
2012年ロンドンオリンピック開催年の5月に再開されて
現在に至っています


19世紀の半ば 中国からいち早くお茶を運ぶために活躍した
現存する唯一の 高速帆船・ティークリッパー
に思いを寄せる~ティーセミナーでした


ご参加くださいました皆さま ありがとうございました

ご参加くださった★★milkyさんがご自分のblogにアップしてくださっています
写真がとてもお上手で、素敵です~♪
Thank you!





by karibu-chai | 2017-03-03 13:25 | セミナーorイベント | Comments(2)