カテゴリ:セミナーorイベント( 90 )
カリブチャイ2周年記念イベント&クリスマス特別セミナー
「カリブチャイ」最新情報でもお知らせしておりますが・・・

影武者の如く 扉を開けないとのぞけないので・・・・
この場も借りてご紹介させていただきますね


c0079828_981171.jpg


「カリブチャイ」2周年記念イベント

日時 11月11日(火)・11月16日(日)今回は日曜日 13:30~15:30
今回は、皆様のよくご存知の曲を中心に・・・若手の実力ある演奏家お2人を迎えて、
ピアノとヴァイオリンの生演奏をお愉しみいただきます。
その後、「イギリスのアフタヌーンティー今/むかし・・・」と題したセミナー。
そしてお愉しみシーズンティー・クオリティーの「ダージリン2ndフラッシュ」とともに
アフタヌーティーと恒例イギリスの最新報告をごらんいただきます。(紅茶のお土産付き)

演奏家のご紹介
ピアノ:島内亜津子(しまのうちあつこ)
桐朋学園大学ピアノ科卒業。洗足学園大学附属ピアノ演奏研究所終了。92年日本クラシック音楽コンクール特別賞。第10回ピアノ教育連盟オーディション奨励賞。95年チェヒイー・サマーミュージックキャンプにてスカラーシップを取得。’05NY国際キーボードフェスティバルのマスタークラスに参加。96・99・‘08年ソロリサイタル開催。96年ルーマニア国立ディヌ・リパッティー交響楽団と共演。現在、日本声楽家協会ピアニスト。

ヴァイオリン:宇佐美夏野(うさみかや)
4歳よりヴァイオリンを始める。現在東京女子大学大学院在学。
6年前より「東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団」のメンバーとして活躍中。
「東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団」とは、東京大学・桐朋音大を中心にその他様々な大学の学生により結成され、1999年12月第1回演奏会を行い、好評を博し、以来年2回の定期公演を行っている。ソリスト、トレーナーとしてバンベルク交響楽団ソロヴィオラ首席奏者岡田伸夫氏を筆頭に、著名な数々のプロの演奏家を迎え、トレーナー・社会人・学生・音大生からなる新しい形のオーケストラとして注目を集めている。
指揮者の大町陽一郎氏もこの楽団を高く評価し、過去数回、自ら指揮をとっている。



「カリブチャイ」クリスマス特別セミナー



c0079828_23474336.jpgc0079828_23482633.jpg








日時:12月13日(土)・12月16日(火) 13:30~15:30

ステキなドライフラワーのアレンジによる「クリスマスキャンドル」の製作と
ロンドン・コベントガーデンの
「THE TEA HOUSE」今年の3種類のクリスマスティーを愉しむ会

秋田で「ドライフラワー教室」を主宰され、ティーインストラクターでもある
林秀子先生をお迎えして、すてきな「クリスマスキャンドル」を製作し、お持ち帰りいただきます。その後は、ロンドン・コベントガーデン「THE TEA HOUSE」オリジナルの2008年クリスマスティー3種を、クリスマスプディングなどのティーフーズとともにお愉しみいただきます。


お申し込み方法
電話・FAX・Eメール等にて 先着順で受け付けます

定員:「2周年記念イベント」は各回12名・「クリスマスセミナー」は各回10名

会費:2回ともお申し込みの場合 ¥11.000(2回目の材料費込み)
   1回のみのお申し込みの場合 各回とも¥5.800(2回目の材料費込み)
(会費はお申し込み後・お知らせします口座へお振込みをお願いいたします)


連絡先
電話&FAX: 03-3331-1198
Eメール:karibu-chai@mbp.nifty.com

皆様のお申し込みを心よりお待ちしています
by karibu-chai | 2008-10-23 23:59 | セミナーorイベント
「トルコ紅茶を愉しむ会」
先週の土曜日(9月27日)と今週火曜日(9月30日)
「トルコ紅茶を愉しむ会」をいたしました
c0079828_0214842.jpg
6月にトルコを訪ねた際に買い求めたてきたお茶道具もお披露目です


2段重ねの「チャイダンルック」でチャイを淹れ
(淹れ方などはこちらを参照してください)
チューリップ形のグラス「チャイバルダウ」で飲みます

トルコでの一人当たりのチャイ年間消費量は世界第4位の約2kg。
これは英国並みで日本の倍以上・・・

そんな多量のチャイは トルコのリゼを中心にした黒海地方で栽培され
多量の国内消費をまかなえるだけの生産・製造が行われているのです
茶摘は春から夏過ぎ(5月~10月)にかけて3回・手バサミで刈り取られていきます
インドやスリランカ・ケニヤなどでは、一芯二葉を丁寧に手摘みされるのですが・・
大分大雑把な印象を受けますね




        
            両日 皆さんに飲んでいただいたトルコチャイは
c0079828_04027.jpg
             リプトンのKaradeniz(カラデニズ=黒海)



お茶請けは・・・
c0079828_054341.jpg
トルコの特産物・ピスタチオ・ドライフルーツ(イチジクとアプリコット)


そして・・・
c0079828_0552334.jpg
「Lokumu(ロクム)」・・・別名「ターキッシュデライト」ゆべしのようなお菓子
「Baklava(バクラヴァ)」・・刻んだピスタチオをハサンで焼きシロップをかけたもの
イチジク・アンズ・などを刻んで混ぜて焼いた手作りクッキー(ロクムとバクラヴァは市販のもの)



世界の70%ものシェアーを占めている
トルコの特産「ヘーデルナッツ」をふんだんに使ったトルコのケーキ
「ブラック・シー・ケーキ」を作ってみました
c0079828_1184813.jpg

c0079828_1191869.jpg




最後はトルコの代表的なデザート「ライスプディング」Sutlac(ストゥラチ)
c0079828_1253517.jpg
名前のとうりお米の入ったプリンです
以外にも・・イギリス・ポルトガル・スペインなどのヨーロッパ各地をはじめ ラテンアメリカ
インドでも人気のあるデザートです


c0079828_131281.jpg
グリーンがかったトルコキキョウを飾ったテーブルで・・・
トルコのチャイを何杯も召し上がっていただきました
イギリスのような華やかな香りはないですが・・・
どこかほっとする~穏やかな感じのお味でした~♪

おまけ
by karibu-chai | 2008-10-02 01:50 | セミナーorイベント | Comments(14)
「Karibu Chai」からのお知らせ・・・
c0079828_1821713.gif
c0079828_151239.jpg9月末までの営業は曜日に関係なく『ご予約』のみとさせていただています 恐れ入りますが お越しになります前に ご連絡いただきますようお願い申し上げます


             *******************        

        「トルコ紅茶を愉しむ会」のご案内   
              6月末に念願のトルコを旅して参りました。
c0079828_18512332.jpg

アジアの西の端 ヨーロッパ大陸の東の端に位置している「トルコ共和国」
古くから東西文明の交流地点として 多くの国々の影響を受けてきました
数々の世界遺産を有し 歴史的に見ても大変興味深く 
近年行ってみたい国の上位に挙げられています

そんなトルコですが・・以外にもトルコでお茶が生産され
世界でも4~5位に入る程「紅茶」を飲む国だということはあまり知られておりません

今回は、トルコから持ち帰りました、独特のチャイ用のポット
「チャイダンルック」で淹れたトルコ紅茶を
「チャイバルダウ」というチューリップ形のグラスで飲むといった
トルコ式の紅茶を愉しんでいただこうと思っております
勿論、何種類かのトルコの甘いお菓子も一緒に・・・♪

 
        

       日時:9月27日(土)・30日(火)・13:30~15:30
         
      場所:Karibu Chai Tea & Antiques[カリブチャイ]
      会費:¥3.500 (トルコ紅茶のお土産付き)
      定員:10名(お申し込み順・定員になり次第締め切ります)
        
       <内容>
       トルコのお茶の略歴
       トルコのお菓子について
       トルコ式の紅茶の淹れ方・飲み方について
       トルコってどんな国?・・・写真を見ながらティータイム!
               
          お申し込みは, 電話・FAX.・03-3331-1198
      Eメール:karibu-chai@mbp.nifty.com にて受け付けます

            皆様のお申し込みを お待ちしています


              ***************
           
            「ミニセミナー」のご案内                                                                                                                  
            なお「ミニセミナー」は随時受け付けております
              お気軽にお問い合わせください
               
              詳しいカリキュラム等については 
           こちらの「ミニセミナーのご案内」をご覧ください

by karibu-chai | 2008-08-24 18:29 | セミナーorイベント
「カリブチャイ」初夏のティーセミナー
先週6月10日(火)と14日(土)は
「カリブチャイ」初夏のティーセミナーでした
テーマは「お茶を使ったレシピ」紹介と・「イギリスのティーバッグ・飲み比べ」

先ず ・・・・ イギリスのこの本から ・・・
c0079828_21542471.jpg


夏にふさわしい一品を選びました・・・
"chai-poached chicken salad with lemon and ginger dressing"
(スパイシーなチャイで煮たチキンサラダ・レモン&しょうがのドレッシングで!)
c0079828_2214932.jpg


このレシピをもとに試作を繰り返し・・・少しアレンジして作りました
c0079828_224210.jpg



2品目はおなじみの「豚の紅茶煮」に加えて
「豚のウーロン茶煮」と「ラプサンスーチョン煮」
c0079828_2272930.jpg

「ウーロン茶煮」はサッパリと・・・
「ラプサンスーチョン煮」はラプサン独特の燻煙香が・・まるで燻製のような仕上がり!
意外な美味しさです・・・(お勧め・・・)


そして食欲のない時に手軽な一品・オクラの「ウーロンスープ」
c0079828_2213193.jpg

茹でたオクラに胡麻とポン酢少々 + 冷たいウーロン茶



c0079828_22142853.jpg

一度淹れた煎茶の茶葉で作った佃煮(じゃこ入り)



お茶として飲むだけでは25%しか有効成分を取ることが出来ませんが
茶葉丸ごと料理してしまうと 栄養もしっかりとれますね・・・
紅茶の場合はケーキやクッキーに入れて・・・
ウーロン茶などは淹れた後の茶葉を刻んで チャーハンなどに混ぜてもOK!


紅茶・緑茶・ウーロン茶・・・それぞれの茶葉の特徴を生かす工夫をしながら
「カテキン」などの「ポリフェノール」の有効成分を上手にとり入れましょう

イギリスティーバッグ飲み比べは・・・?
by karibu-chai | 2008-06-17 23:13 | セミナーorイベント | Comments(16)
ダージリン1stフラッシュを愉しむ + α
先週5月13日(火)と17日(土)は
「カリブチャイ」のティーセミナー・「シーズンティーの愉しみ」
恒例『ダージリン1stフラッシュを愉しむ会』 + 4月の『イギリス報告』でした

c0079828_044260.jpg

c0079828_7185836.jpg

c0079828_054542.jpg


今回テイスティングしていただいた1stは・・・
「マカイバリ」<上記写真>・「キャッスルトン」「プッタボン」「ジャンパナ」
の4種類の茶園のもの・・・
c0079828_085047.jpg
見本の中には2ndフラッシュ・オータムナルも比較の意味で入れてあります


ダージリン1stは 和菓子ともよく合うので 
「落雁」や「餡きり」「おせんべい」なども召し上がりながら 
テイスティングしていただきました


@@有機農法で実績を上げている「マカイバリ茶園」の取り組みをDVDで鑑賞・・・



その後は ロンドン郊外のティールーム巡り・日帰り旅の報告をご覧いただきながら
「ティータイム」 ・・・ 今回のティーフーズ・先ずは「サンドウィッチ」・・・
c0079828_0225253.jpg
今回のサンドウィッチは 去年「Top of Britain」に選ばれたティールーム 「ピーコックティールーム」でいただいたサンドウイッチを参考にしました
「キュウカンバー」「クリームチーズ&スモークサーモン」「ハムとクレソン」




そして今回は スコーンの代わりに ヨークシャー地方の焼き菓子
「ヨークシャーファット・ラスカル」のレシピが手に入り 作ってみました 

(チェリーが目・アーモンドが歯で顔を表現しているとか・・笑っているようでもあり怒っているようでもあり)・・
c0079828_0534066.jpg

c0079828_0342552.jpg


      ちなみに↓こちらはBetty'sの「ヨークシャー・ファット・ラスカル」です
c0079828_0364291.jpg


周りのサクサク感はBetty'sと同じ・・・皆さんに好評でした!
味はスコーンより甘めで レーズン・ピールなども入り
シナモン・ナツメッグなどのスパイスも効いていて 中々美味・・
バターでいただきます


そして イギリスの代表的な焼き菓子「キャロットケーキ」(自作)と
Betty's で求めた「フルーツケーキ」を少しづつカットして・・・
c0079828_0544632.jpg

c0079828_0525093.jpg


「カリブチャイブレンド」と一緒に 召し上がっていただきました

この時期「カリブチャイ」の看板娘は?
by karibu-chai | 2008-05-22 01:15 | セミナーorイベント | Comments(14)
シーズンティーの愉しみ・ミルクティーにまつわる話#2

3月11日(火)と15日(土)の両日は
「カリブチャイのティーセミナー・シーズンティーの愉しみ」
『ミルクティーにまつわる話・第2回目』でした
c0079828_23495187.jpg


今回のメインテーマは 『English Breakfast』

イギリスの料理はまずい!とよく言われますが・・・
「イングランドで美味しいものを食べようと思えば 朝食を3回食べよ!」
とサマセット・モームが言ったように
"English Breakfast"は 
前夜の夕食以後の断食(fast)を破る(break)という意味もあり
その空腹を満たすための 豊富な料理とミルクティーで
たっぷり栄養を与える・・・
そんな充実感のある 食事とお茶の時間なのです



今回は そんな "English Breakfast"を体験していただきました
c0079828_00588.jpg



メニューの内容は・・・
卵料理の中でも一番の人気は「フライドエッグ」
肉料理はベーコン・ソーセージ
<ブラックプディングという豚の血や脂肪などを混ぜて作るソーセージがつくこともある>
野菜料理は焼いたきのこ類・トマト(ベークドビーンズなど添えることもある)
そして 飲み物は たっぷりのジュースやミルクティーなど・・・
c0079828_0272871.jpg

(スコットランドやアイルランドでは魚の燻製がつくこともある)

       *
       *
       *
そして パンは このトーストラックに・・・
c0079828_0372951.jpg


薄い カリカリトーストをはさむのがイギリス式!
c0079828_040736.jpg

↓前回アップさせていただいた
アンティークの"Twin Glass Stand"に盛り合わせた
ホームメードの「柚子マーマレード」と
「苺ジャム」で召し上がっていただきました



このようなスタイルの朝食になったのは今から100年程前・・
当時のキング・ジョージ5世の妻クイーン・メアリーが
それまでの王室の8コースもある朝食を整理し
今のようなBreakfastの基本ともいえるスタイルを定めました


さて 朝食におすすめの紅茶は・・・
by karibu-chai | 2008-03-17 01:33 | セミナーorイベント | Comments(16)
シーズンティーの愉しみ・ミルクティーにまつわる話#1

                2月12日(火)と16日(土)の両日は 
          「カリブチャイのティーセミナー・シーズンティーの愉しみ」
             『ミルクティーにまつわる話・第1回目』 でした

c0079828_22392434.jpg


    皆様 お寒い中 ご遠方からお見えくださいまして・・・ありがとうございます
 (遠い方は 2時間近くかけて・・海老名や鎌倉から・・千葉や横浜からも・・感謝です)

                 先ずはウエルカムティーで・・・
c0079828_22471493.jpg

          蜂蜜で甘みをつけた「カリブチャイ」のアールグレイの上に 
    スチームドミルクをのせ ローストしたアーモンドスライスをトッピングしました

c0079828_22505324.jpg

         ミルクティーに合うようなティーフーズをご用意しました
     「バナナケーキ」・「ゴマのクッキー」・「ラム酒風味のチョコチップクッキー」
         ヴィクトリアンの"ミントン" の手描きのプレートで・・・

          
     さて・・・今回のテーマの中心はミルクティーの必需品「牛乳」です
c0079828_2259299.jpg

 乳脂肪分・殺菌処理など・・・それぞれ「乳等省令」の規格などによって分けられた 
 この4種類の牛乳を試飲した後 + 紅茶 + 甘味(グラニュー糖・蜂蜜など)を
 加えて・・・それぞれの違いや特徴を 舌や目で感じていただく実験をいたしました

ミルクティーの国イギリスの牛乳は・・・・
中世の英国の王室や貴族が愛飲した 濃厚なジャージー牛乳
茶色く小型のジャージー種の乳牛は 英仏海峡のジャージー島で純粋・繁殖されて
きましたが 日本でも限られた地域で大切に育てられています
 
そしてミルクティー向きの茶葉も イギリスをはじめヨーロッパでは すでに・・・
インドのアッサムを抜き ケニア が1位のシェアーを占めています


 新鮮なスパイスが手に入りましたので その場でスリランカのスパイスマッシャーで擂り
        「マサラチャイ」を淹れて・・ティータイムと参りましょう・・・
c0079828_0381761.jpg


     「マサラチャイ」にはカレー味の「サモサ」などが合いますが・・今回は・・
c0079828_23424582.jpg

     カレー風味のツナサンドウィッチを作ってみました・・・皆さんに好評でした!

     そして最後は シナモンの香りの「サツマイモとリンゴのヨーグルトケーキ」
c0079828_23462779.jpg

        ミルクティーづくしで・・口がまったりしてきましたので・・・
        最後はストレートの「カリブチャイブレンド」ですっきり!!

 今年のように寒い冬には 胃にも優しく栄養たっぷりのミルクティーに色々工夫をして 
           たくさん召し上がっていただきたいと思います

ところで 話題になったこの本の真相は?
by karibu-chai | 2008-02-18 00:20 | セミナーorイベント | Comments(14)
「クリスマス・ティーセミナー」
c0079828_1104159.jpg

                  12月8日(土)と11日(火)の両日
          「カリブチャイ」の「クリスマス・ティーセミナー」が行われました


c0079828_116043.jpgc0079828_1162058.jpg








         
       





       「Karibu Chai Tea & Antiques」一周年祝いにプレゼントされた
     「もみの木」と「スワロフスキー」の2007年イヤーズオーナメントを飾って・・・
          
   先ずは ウエルカムティーとして 「カリブチャイ」オリジナルの「アールグレイ」に
         「エルダーフラワーコーディアル」を加えた ホットティーに
          クローブを刺したオレンジを浮かべた・クリスマスティーを・・・・
 
c0079828_1174919.jpg


           そして 今年のメーカーズ・クリスマスティーは・・・
c0079828_1304494.jpg

            「フォートナム&メイソン」 と 「ウイッタード」

c0079828_1321517.jpg

                 and  ・・・  「ヒギンズ」


c0079828_12165243.jpgc0079828_12253597.jpgc0079828_12175517.jpg   
     










ハロッズの「クリスマスプディング」と一緒に 召し上がっていただきました

「クリスマスティー」は 普通 茶葉に ドライフルーツやスパイス・ハーブ・香料などを 
各メーカー それぞれ個性的にブレンドして この時期販売しています
「クリスマスティー」という名称ではなく「ウインターティー」としているところもあります
           
           例年「ハロッズのクリスマスティー」には茶葉がなく 
                  ローズヒップなどのハーブや
            ドライフルーツをミックスして作られていますが・・・
                  (今年のは どうなのかな?・・・)
      
     
        
          ちなみに 去年の新顔「クリスマスティー」はこちらから・・・

さて・・今回のお役立ちレシピは・・・
by karibu-chai | 2007-12-13 02:21 | セミナーorイベント | Comments(14)
「カリブチャイ」で愉しむクリスマス
c0079828_22393466.gif

「カリブチャイ」恒例・・・
        シーズンティーの愉しみ・「カリブチャイ」で愉しむクリスマス
c0079828_2245867.gif


今回のテーマは・・・
by karibu-chai | 2007-11-22 23:19 | セミナーorイベント | Comments(6)
「Karibu Chai」 初夏のティーセミナー
c0079828_21572513.jpg


     「Karibu Chai」 初夏のティーセミナー・「シーズンティーの愉しみ」の
      第1回目は、「2007年『旬』(クオリティーシーズン)の紅茶を愉しむ」
            
           6月9日(土)と12日(火) の両日に行いました

  今が旬の「ダージリン1stフラッシュ」 は・・「リシーハット茶園」と「グームティー茶園」 
          そして、セイロンの 「ディンブラ」 と 「ヌワラエリア」の
            2007年・「クオリティー」を味わっていただきました


 *「リシーハット茶園」・・・ベンガル語で穏やかで平和な場所という意味を持つ
              「リシーハット」。今年の1stは、グリーニッシュな若葉の
              香りが爽やかで、上質な香りと共に、まろやかな味わい

 *「グームティー茶園」・・・ほのかに甘さが感じられ、フルーティーな爽やかさが
               口いっぱいに広がり、さっぱりした後味

 *クオリティー・「ディンブラ」・・・今年のクオリティー「ディンブラ」は全般的に
               パンチやコク味が多少物足りなく、出来は今一だった
               ようですが・・・その反面これからの季節
               アイスティーにはgood!

*クオリティー・「ヌワラエリア」・・・今回は珍しく 「OP」タイプの クオリティー・
               「ヌワラエリア」が手に入りました。
               とても爽やかでフルーティーな味わい
               独特な渋みも、まろやかです


                 

おたのしみ・・・ティータイムは・・・
by karibu-chai | 2007-06-14 21:57 | セミナーorイベント | Comments(10)