カテゴリ:旅( 54 )
トルコタイルに魅せられました・・・
再びトルコ最大の都市「イスタンブール」へ・・・
「ブルーモスク」の名で有名な世界遺産・・・正式の名は・・・
「スルタンアフメット・ジャミイ」
c0079828_2319919.jpg


違った角度(アヤソフィア側)から見ると・・・
c0079828_8521378.jpg



スルタン・アフメット一世によって1609年から7年の歳月をかけて建造された
モスク(モスクはトルコ語で「ジャミイ」と言います)
高さ43m・直径23.5mの巨大ドームの周囲に
世界で唯一6本ものミナレット(尖塔)を持つイスラム寺院で
オスマントルコ建築の極みと言われています
内部の装飾に使われている
イズニック産のブルータイルが あまりにも美しいところから・・・
いつしか ヨーロッパ人から「ブルーモスク」と呼ばれるようになりました




内部の見学は・・靴を脱ぎ・・
肌が露出している人は貸し出しのストールを掛けないと入れません・・
c0079828_23311389.jpg

内部全体は ステンドグラスとブルーを基調としたタイルで装飾されています

c0079828_23335743.jpg



中でも 一つ一つ手描きをされて作られたという「モスクのタイル」・・・
これはまさにアートの世界でした・・・


翌日訪ねた もう一つのモスク「リュシュテムパシャモスク」では 
もっと身近に たくさん見ることができました

「リュシュテムパシャモスク」は「ブルーモスク」より古く16世紀半ばに建てられました
by karibu-chai | 2008-07-17 00:34 | | Comments(14)
夏は○○のシーズン!
遺跡のお話が続いたので・・・
少し気分を変えて・・・別のお話です

イスタンブールの街でよく見かけた
「正装した男の子」
c0079828_23572189.jpg


こちらも・・・観光客の撮影にいいお顔で応えて・・・「ハイ!ポ~ズ」・・・
c0079828_23584444.jpg


暑いこの季節に ちゃんと正装し・・
これは一体何? 王子さまの仮装コンクール?
いいえ~


『割礼』です

トルコではこの時期 夏は「割礼」のシーズンだそうです・・・

割礼とは:
男児の生殖器前部の皮を切りとることを言います

トルコにおいて 男児は一般に2才~14才の間に割礼を行います
「割礼」する免許を持った外科医によって施術されます
割礼は宗教的意味を含み これをすることによりイスラム教の
正式な新しい一員になるとも考えられているため
割礼の儀式は 親類縁者を招き「宴」として行われるそうです
又手術中は痛みや恐怖から気を逸らすために
音楽を奏でたり・・ピエロが出てきたり・・


でも・・想像するだけでも痛そうですよね・・・



そんな訳で 帽子をかぶり 特別の衣装に身を包んだ男児達・・・
後で痛い思いをするのを・・・知るか?知らずか?・・・
でもイスラム教99%のトルコにおいては
一人前の男になるための大事な関門! 
そして・・・
もう少し大きくなれば 
徴兵制度もあります

このあでやかな「割礼」の衣装は・・
さしずめ日本の「成人式」の晴れ着のようなものでしょうか?
by karibu-chai | 2008-07-11 00:31 | | Comments(19)
2つの世界遺産 「パムッカレ」と「カッパドキア」
「PAMUKKALE」パムッカレとはトルコ語で「綿の城」という意味
有名な石灰棚の温泉が広がる~
c0079828_17191324.jpg

c0079828_17204843.jpg


豊富なカルシウムと二酸化炭素を含んだ温泉が地表を流れ落ちる時
石灰質のみが崖に残り 一面が真っ白い石灰棚となったのです



観光化が進んで たくさんのホテルが温泉を引くようになり
最近では湯量が減り 流す量を調節しているとか・・・


一部は観光客のために解放されているので
靴を脱いで 足をつけて楽しめます・・・・ 
c0079828_17275388.jpg

きゃ~! 気持ちいい~ 滑らないように・・・気をつけて~
水温は35℃ぐらい・・・ 丁度いい湯加減でございます


c0079828_17354191.jpg

この石灰棚をのぞむ丘の上に
ベルがモン王国やローマ時代の遺跡があり
そこから出土した様ざまなものもが展示されているミュージアムもありました

さて次は 有名なカッパドキアに向かいます・・・
by karibu-chai | 2008-07-08 18:13 | | Comments(16)
トロイの遺跡 + エフェソス(エフェス)
トルコは地図で見ると
北は「黒海」 西南は「エーゲ海」「地中海」に囲まれています
そしてアフリカ大陸・ヨーロッパとも近距離の位置にあり
東はアジア(シルクロード)に通じています ・・・・

そんな訳で トルコは文明の交流地点 
長い歴史の中で 様ざまな分野で影響を受けてきました


イスタンブールを出て「エーゲ海」「地中海」沿いに進んで行きます
先ずは世界遺産の「トロイ」
c0079828_8521226.jpg

誰でもこの「木馬」は 一度は写真などで目にしたことがあると思うのですが・・・


「トロイの遺跡」
紀元前3000年前から紀元400年までの間
繁栄 衰退を繰り返してきたトロイ ・・・ 
その軌跡を今に伝える遺跡は 9層にもなっていて 
入り口には 巨大な木馬が再現され 第6市時代の城壁に囲まれた内部には
アレキサンダー大王ゆかりのアテネ宮殿(大9市時代)などがあります
又「トロイ」と言えば ホメロスの叙事詩イーリアスに書かれた
「トロイ戦争」の舞台としても有名です


c0079828_9331681.jpg

地震で崩れた後に又再建し続けて・・・9層にもなったそうですが・・・
地震に弱いこの地に再建するのは 余ほど立地条件がよかったのでしょうけれど・・
ちょっと信じられないことですね~!

c0079828_9371719.jpg

断層が見てとれます・・・


c0079828_938348.jpg

「聖域」と言われる 儀式に使われた場所


c0079828_9441621.jpg
 
「小劇場」跡・・・
「大劇場」もあったらしいのですが 完全に崩壊してしまったようです



c0079828_9491171.jpg

遺跡内にあった 大きな・大きな「イチジク」の木・ベンチと比較すると大きさが分ります          
          ・
          ・
          ・


その日の夕刻 エーゲ海の日没・・・・ 美しかった!!
c0079828_1031329.jpg


      翌日はローマ帝国時代の東の都だった・・・「エフェソス」の遺跡に行きました
by karibu-chai | 2008-07-06 10:40 | | Comments(10)