カテゴリ:ウェールズ( 5 )
Cardiff National Museum & Gallery
c0079828_14435991.jpg

カーディフ城の後は…
Cardiff National Museum & Gallery
カーディフ国立博物館&美術館
へ行きました

ネオクラッシック様式の優雅な外観です


c0079828_14453452.jpg

中に入ると…
この博物館を利用して 
ウエディングのパーティーも出来るという広告が目を引きます・・・
中々 いいかも~♪


さて、1Fはウェルーズの自然史と動植物に関する展示が中心と云うので
(興味はあるものの…)時間がないので…


2Fの16~19世紀のヨーロッパ絵画のコレクションを見ることにしました
c0079828_14523681.jpg

有名なロダンの彫刻や 
フランス印象派のモネやルノワール等の展示もありました


c0079828_1515586.jpg

その中でも 私の目にとまった
このロダン作の日本髪の女性の彫刻?
タイトルは Head of Hanakoだったと思いますemoticon-0138-thinking.gif


どうしてここに 日本女性の彫像があるのか~?
ロダンが一体何処でこの女性と会って、制作したのか?

c0079828_15541113.jpg

説明文を写真に撮ってきましたが
ありゃ~ウェールズ語の方を写してきたのでは、分らないですね


そこで調べてみました
…☟


花子
1900年代初頭、単身でヨーロッパに渡り、舞台女優として活躍し、
日本文化の紹介者としての役割を担った。
又彫刻家、オーギュスト・ロダンに認められ、モデルとなっている。
森鴎外の短編小説「花子」のモデルである。

ロダンとは1906年に出会い、彫刻のモデルを頼まれる。
以後帰国するまでモデルをつとめた。
又ロダン夫妻と寝食を共にするほどの親交があったという。
ロダンが花子をモデルにした作品は60点。その内2点を花子は帰国の際持ち帰った。
『ウィキペディア』より


あ~そうだったのですね…

この時代に勇ましい女性がいたものです。
花子さんは身長138cmととても小柄な女性だったとか…
ロダンは花子を「プチト・ハナコ」と呼び一緒に暮らしたそうです


c0079828_15384661.jpg

通路のガラスの扉を開けると…ウェールズの陶磁器のコレクションも
見ごたえがありました


時間があれば もう少しゆっくり見ていたかったのですが
次の目的地 リバプールへ出発の時間が迫っていたので

急いで~ホテルに戻ろうと外に出ました

天気予報通り~怪しげな空模様…
ぽつ・ポツ…雨が降り出して
ホテルで荷物を受け取り、駅に向かう時には本降りに…emoticon-0156-rain.gifemoticon-0101-sadsmile.gif
仕方なくタクシーを呼んでもらって駅に向かいました


リバプールと言えばビートルズ!!
感激&素敵な体験を致しました
              乞うご期待~emoticon-0115-inlove.gif(勝手に盛り上がっております!)
by karibu-chai | 2013-06-06 15:50 | ウェールズ | Comments(6)
Cardiff Castle~カーディフ城
c0079828_0102633.jpg

ウェールズの首都Cardiffカーディフに1泊した翌日は
私達が宿泊したホテルの斜め前にある
カーディフ城を見学しました


c0079828_0163582.jpg

c0079828_145065.jpg


カーディフ城 Cardiff Castle
カーディフの真ん中にそびえる古城。
基礎は1世紀半ばのローマ時代に築かれたと云われていて、
ローマ人やノルマン人が要塞として使用したという歴史ある城ですが、
17世紀以降は廃城と化していました。
1766年に石炭の輸出で財を成したビュート侯爵家が購入し、
現在の形に復元されました。建物内は金箔や大理石などをふんだんに使い、
豪華華燭な装飾が施されています



c0079828_036135.jpg

ヴィクトリア様式がベースになっている城内は…
それぞれの部屋には、独創的な装飾が施されていて目を見張るほど…


c0079828_16303987.jpg

c0079828_043056.jpg

12世紀・ノルマン朝時代に建てられた12角形の要塞キープの上方には
レッドドラゴンのウェールズ国旗がたなびいていました
M子さんは、元気にキープの階段を上がって…
中まで見学してきましたが、私は…腰痛のためベンチでお休みしてましたemoticon-0106-crying.gif


c0079828_1631235.jpg

c0079828_113536.jpg

広々とした庭の斜面には
ウェールズの国花=ラッパ水仙が大分花をつけていました


この日は 時折雨がぱらついて…寒い日でした



カーディフ城の後は…
         カーディフ国立博物館&美術館へ…続きます
by karibu-chai | 2013-06-03 00:59 | ウェールズ
ウェールズ独特なもの…
レストランの壁にディスプレイされていたものは…

c0079828_045779.jpg

レッドドラゴンの国旗と
ラブスプーン

昔、ウェールズで、若い男性が愛する女性に愛を告白するため、
一本の木を彫って作った木製のスプーンのことです


c0079828_047814.jpg

ウェールズを代表する装飾品の一つで
おみやげ屋さんにも…こんなに売っていました!


そして…

c0079828_0544493.jpg

こちらのマーケットで売っていた

c0079828_0553284.jpg

c0079828_056596.jpg

ウェールズを代表する焼き菓子
Welsh Cakes ウェルシュケーキを買って


c0079828_142467.jpg

c0079828_135894.jpg

ホテルでティータイムemoticon-0162-coffee.gif
材料はシンプルな小麦粉を使い、鉄板で焼いたもの~
何とも言えない柔らかい食感!

微妙に色々な配合のレシピがあるようですが
information(i )でお薦めの 
このマーケットで求めたWelsh Cakes はとても美味しかったです!!


      ◆  ◆  ◆


翌朝・・・ホテルのロビーでサービスされていた
c0079828_1163649.jpg

こちらのウェルシュケーキ・・・

❤ ❤ ハード型 で可愛かったですが…

お味は 丸い方が断然美味しかった!!


ロビーでの試食の後は

                    カーディーフ城へ…
                             続きます・・・




参考までに:
ウェルシュケーキ(英語:Welsh cake、ウェールズ語:picau ar y maen)は
ウェールズの伝統的なおやつである.

ベイクストーン(英語:bakestone、ウェールズ語:maen)という鋳鉄製の鉄板の上で1.5cm程度以上の厚みになるよう焼き上げるためベイクストーンとも呼ばれる。

ウェルシュケーキは小麦粉、バターまたはラード、鶏卵、砂糖、そしてレーズンから作られる。直径4-6cm、厚さ1.5cm程度の円盤状の形状をしている。温かいまま、あるいは冷やして、上白糖をまぶして供される。

Wikipediaより
c0079828_91441.jpg

フォートナム&メイソンでも売っていましたよ!
by karibu-chai | 2013-05-29 01:21 | ウェールズ | Comments(6)
St.Mary Street~散策
カーディフ城の前の通りを 真っすぐ行くと
c0079828_214212.jpg

そこは St. Mary Street セント・メアリーストリート


c0079828_27399.gif

通りの両サイドには ウェールズの国旗・レッドドラゴンが たなびいていました~


その地方の 暮らしぶりが垣間見られる色々な店を覗いてみるのは楽しいですね~♪

c0079828_2104090.jpg

先ず 大好きなキッチングッズのショップに入り~
こんな珍しいものを見つけて・・・
M子さんと2人で…「これって何かしら?」と首をかしげました

側にいた中年のご婦人に聞いて見ると
「塩を入れる容器」だそうです
イギリスの家庭で昔からよく使われている
Salt Pig=な~るほど!豚ちゃんを想像しますね…emoticon-0105-wink.gif

この Salt Pig に塩を入れて すぐ使えるように キッチンに置いておくのだそうです
乾燥している 英国ならではのものですね…
湿度の多い日本では・・・この容器は使えないかな~?


c0079828_2231274.jpg

次に立ち寄ったのは こちらのCardiff Marketカーディフマーケット

c0079828_2264068.jpg

ウエールズのおみやげを売る店もありましたが…
主に魚&肉&野菜果物=生鮮食料品・パン・本(古本)・生地などが売られていました


そろそろお腹が空いたので
遅い ランチをしましょうと…インフォメ-ションiお薦めの…
評判のよいレストランへ行きました



c0079828_2363626.jpg

お馴染み~フィシュ&チップス(2人でシエアー)
      とToday's Soup=グリーンピースの濃いスープ


そのレストランの壁には~
ウエールズ 独特のステキなものがディスプレイされていました

さて…それは??

              答えを含めて・・・続きはこの次に
by karibu-chai | 2013-05-26 02:42 | ウェールズ | Comments(2)
Wales ウェールズへ…
私も何気なく…イギリスと言っていますが

英国の正式国名は…
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国
" United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland"

通称イギリスは、
イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの
4つの国(イギリスのカントリー)から構成される立憲君主制国家であり
英連邦王国の一国であるわけですが…


c0079828_1533327.gif
ネットからお借りしました



英国旅行の ポピュラーな人気観光スポットと言えば
コッツウォルズや湖水地方
そして スコットランドも夏は人気がありますね

アイスランドやウェールズは
まだまだ訪れた人は 少ないかもしれません…


今回の小旅行は そんなウェールズに私も初めて足を踏み入れました

ウェールズ:
英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)の一国で、英国内の西に位置するカーディフ(Wales)を首都とする人口300万人、四国より少し小さい広さの国土です。北ウェールズ・中部ウェールズ・南ウェールズの三つの地域に大別され、ケルト文化が色濃く残る英国の中の「異国」です。また、北部ではいまだにウェール語が話され、交通標識も英語とウェール語が併記されています。そして、南ウェールズは全ウェールズの人口の70%が集中する政治、経済の中心地で、首都カーディフへは、ロンドンから250kmの道のりです。



c0079828_1536274.jpg

パディントン駅から列車で約2時間…


c0079828_169594.jpg

首都の Cardiff にある カーディフセントラル駅に到着


c0079828_1614043.jpg

Taff River タフ川沿いの この歩道に沿って
歩いて 街中のホテルに向かいます
(濡れている時は滑らないように気をつけて!!の警告板にも
英語とウエールズ語の両方が書かれています


c0079828_1682162.jpg

ホテル(Holiday Inn Cardiff City Centre)は このカーディフ城の目の前…
時間に追われる短い滞在には 地の利のよい駅の近くのホテルにして大正解でした!



c0079828_16185524.jpg

チェックインには 未だ時間が早かったので 
荷物を預けて街へ散策に出かけました


                         続く…
by karibu-chai | 2013-05-22 16:14 | ウェールズ