カテゴリ:イギリス( 241 )
最後の日~2016.9.25
オックスフォード~ブレナム宮殿へ行った翌日の土曜日は
再度~ポートベローにアンティークハントにちょこっと顔を出し
その後はホテルに戻り~翌日の離英準備をいたしました


翌日曜日(2016年9月25日)は…
トラファルガー広場で
「London's Premier Japanese Festival」が開催されると
TVで宣伝していたので…
夕刻の帰国フライトまでの時間を利用して
ホテルをチェックアウトしてから 
二人で出かけました


c0079828_019836.jpg

(写真上)10時半ごろ着いた時は まだそんなに混んでいませんでしたが
(写真下)お昼近くなるとかなりの人で…混雑してきました


c0079828_0225351.jpg

在英の日本大使も会場内のステージで
オープニングのセレモニーに参加しておられました

この日のテーマは「日本の祭り」のようで…
太鼓のパフォーマンスや"おみこし"などが披露されていました


c0079828_141429.jpg

日曜日で、小さい子供を連れた家族連れも多かったので…
こんな風に~迷子にならないように…
リードを子供のリュックにつけたお父さんもいましたよ!


屋台の店先には 日本食がたくさん~
ロンドンでは日本食のレストランも多く、人気のようなので
多くの人たちが買い求めていました!

日本の地方別の特産品などの展示販売も人気がありました
(上の写真・右上は箱根の『寄木細工』…Japanese Pazzle Boxes)
c0079828_14481887.jpg



c0079828_0334725.jpg

お昼ご飯は、こんな感じで…済ませ


その後は…
c0079828_0384228.jpg

トラファルガー広場を一望できる
「National Gallery」で美術鑑賞をいたしました

ダヴィンチやゴッホ・ゴーギャンをはじめとして
有名な画家たちの絵画を、贅沢に見ることが出来ます


c0079828_0515243.jpg

c0079828_0523692.jpg

c0079828_14551661.jpg


ティーガーデンの話になると 
必ず出てくるこの絵画も…ここNational Galleryで見ることが出来ました

夫も一眼で、たくさん写真を撮ってくれました!
Thank you so much!!


この日の夕刻~ヒースローを発ち、翌日無事に帰国いたしました


夫とは6年ぶりに一緒に英国を旅することが出来、とっても幸せでした
あと何回一緒に行かれるかな~?

又一緒に旅ができますように…元気でいたいと思います


これにて2016年・秋・の英国報告を終わります
ご覧になってくだり、ありがとうございました
by karibu-chai | 2016-12-31 23:55 | イギリス | Comments(4)
Blenheim Palace(ブレナム宮殿)
Oxfordを駆け足で散策した後
再度Oxford駅からバスで
Oxford郊外・ウッドストックにあるブレナム宮殿に向かいました
バス停から少し歩くと…

c0079828_174237.jpg

ブレナム宮殿へと続く立派な門に到着…
宮殿ははるか~遠くに見えます…
え~~~あそこまで歩くのですか!!
歩くしか手段はないので、テクテク歩きました…
遠い~~~700メートルほどあります。


c0079828_177829.jpg

やっと建物のところまで来ました
第二の門をくぐりますと…


c0079828_1781917.jpg

又~広場のようなところに出ます


c0079828_2334140.jpg

ここがブレナム宮殿のメイン?の建物の正面


c0079828_17113598.jpg

建物の中に入ると…グレート・ホール(玄関)です

天井からカラフルなオブジェ風のものが下がっていますが…

私達が見学した9月頃は、
優秀なアーティスト(ミケランジェロという人)の作品が
ここだけでなく~各部屋の中に展示されていていました。
c0079828_17231744.jpg

まるで宮殿内をギャラリーのように使う権利を有したアーティストは
かなりの名誉らしいです…が、正直、古い歴史上の遺産を見学する方にしては、
このモダンアートはちょっと不釣り合いで邪魔にも思えたのですが…
そこは、芸術に関して~頭の柔らかい英国人気質の表れなのでしょうか?

c0079828_1724488.jpg

スペイン戦争の1704年に、将軍John Churchillジョンチャーチルが
宿敵フランス軍を破った功績を讃えて、アン王女から贈呈されたのが、
このブレナム宮殿でした。1987年に世界遺産に登録されています。
その後、チャーチル家の居城となり、
1873年にウィンストン・チャーチルが誕生した場所としても有名です
王族でないものが所有する宮殿はブレナム宮殿のみで
ヨーロッパ中世に造られた宮殿の中でもとりわけ壮麗なものとされています
(世界遺産オンラインガイドより)


そんな訳で…チャーチルの寝室や、彼にまつわる展示も興味深いところです

c0079828_17353574.jpg

当時の栄華を彷彿とさせるような、素晴らしい陶磁器の数々…
ため息が出ます…


c0079828_23402562.jpg

広い宮殿内を色々見学し~


c0079828_17473489.jpg

後半は、広いガーデンをカートで見学する予約をしたので
その時間までひと休み~emoticon-0162-coffee.gifティータイム!!


c0079828_17522234.jpg

ブレナム宮殿には 2000エーカーの広い敷地に
自然の風景を生かしたガーデンが有名ですが…
フランス式のウォーターガーデンやイタリア式の古いガーデンもあります


c0079828_17393192.jpg

気が遠くなるような広いガーデンを歩いて回るのは大変なので
このカートで庭園内をガイド付きで回ってもらいました

c0079828_17582728.jpg

橋の中にも多くの部屋があり住めるという…
ここからの眺めはため息が出るほど美しかったです

以前English Gardenのことセミナーでやるために色々自分で勉強し、
ブレナム宮殿の自然を生かした風景庭園が有名なのを学んだので、
実際見ることが出来、本当に幸せでした…★★★過去記事


30分ほどガーデンを回って~
ここも駆け足でしたが…一応ブレナム宮殿の見学は終わりました

素晴らしかった!!…けど…

建物から又~700メートルほどテクテク歩いて
バス停まで行き…そこからバスに乗り

OXFORD駅まで戻り・・電車でLONDONに帰りました

お疲れ様でした



More
by karibu-chai | 2016-12-30 18:06 | イギリス
ミュージカル観賞~オックスフォード&ブレナム宮殿へ・・
2016年も 今日12月25日を含めて7日になりました
慌ただしい年の瀬…
皆さまも忙しい日々と思います

9月の渡英の報告がまだ終わっていなくて…
気持ちとしては、なんとか今年中に終わらせたいと思っていますが
この時期 風邪やインフルエンザなども流行しているので
67才の身では無理は禁物と…体調優先でズルズル遅れております
でも 何とか今年の内に…頑張ります!!


さて…前回はグリニッジ旧天文台を訪ねたところまででしたね

火曜日はケンブリッジ・水曜日はグリニッジと2日続け遠出をしたので
木曜日は、夫と私は別行動で…夜は一緒に

c0079828_169756.jpg

ミュージカル・「Les Miserablesレ・ミゼラブル」を観に行きました

1985年の初演以来 31年目に突入したロングラン…
私は3回目でした! 何回みても見ごたえがあり、感動です!!
クィーンズ劇場も満員で…熱気も凄かった!!


翌・9月23日(金)は…パディントン駅から列車で1時間ほどの
Oxfordオックスフォードへ向かいました

c0079828_16175639.jpg

この日も天気は上々~♪ 本当に私は晴れ女!!emoticon-0157-sun.gif
オックスフォード駅に着いて…バスで向かった先は
ハリーポッターの撮影の舞台にもなった 
「Christ Churchクライストチャーチ」

広い通りに面しているゲートからは入れなくて…矢印の方角に歩いて行くと
c0079828_16211853.jpg

美しいクライストチャーチが見えてきました

大聖堂とカレッジを併せ持つ「クライストチャーチ」…
c0079828_16303544.jpg

クライストチャーチカレッジはオックスフォードで最大規模のカレッジで1546年にヘンリー8世が設立。キャメロンやサッチャーなど今までに多くの首相も輩出しています。
また、不思議の国のアリスの著者 ルイス・キャロルもここの卒業生です。
出典:4travel.jp



数々のカレッジが集合するオックスフォード大学は、現存する大学の中でも
世界で3番目に古く・英語圏では一番古いそうです
まさに…大学の中に町がある…といったオックスフォードですね。


c0079828_1632151.jpg

クライストチャーチの前は広~~い公園のようなスペースがあり
牛も自由に草を啄ばんでいました~のどかな癒される空間ですね…


午後にはブレナム宮殿を訪ねる予定でしたので、
クライストチャーチの中には入らず…


c0079828_16505859.jpg

「不思議の国のアリス」のショップも横目で見ながら…
賑やかな街中へ…歩いて行き

c0079828_16595060.jpg

近くのカフェで~腹ごしらえに遅めの「English breakfast」を食べて

c0079828_1724697.jpg

c0079828_1732260.jpg

「聖メアリー教会」に到着…
この建物も古く…一番背の高い塔は13世紀にたてられたもので
上に上がると、オックスフォードの街が一望できるらしいのですが、
やはり時間がないので~ぐる~~っと周りを見ただけで

次の目的地~ブレナム宮殿に行くべく
再度バスで、「オックスフォード駅」に戻りました


                        続く…
by karibu-chai | 2016-12-25 17:17 | イギリス | Comments(4)
旧グリニッジ天文台
c0079828_161992.jpg

"Greenwichグリニッジ" と云えば、先ず思い浮かべるのは
世界の時刻を決めた「旧グリニッジ天文台」
グリニッジ標準時刻・経度0…ではないでしょうか?
「河港都市グリニッジ」は1997年にユネスコの世界遺産に登録されています


私はティークリッパー・カティーサークの方が興味がありましたが
夫は、とにかく「旧天文台」を訪ねることを楽しみにしていましたので、

カティーサークを後にして
徒歩で…グリニッジ旧天文台へ向かいました

c0079828_16285095.jpg

この道路沿いにあるゲートをくぐると…


c0079828_16313419.jpg
 
"The National Maritime Museum" 国立海洋博物館があり

その先には
c0079828_16325678.jpg

広~~いグリニッジ・パークが…

右手前方の小高い丘の上には
グリニッジ旧天文台の建物が見えますね…


私達は右手の坂道を エッチラ・オッチラ・休み休み上がっていきました
下からは大した坂ではないように見えますが、結構きつかったです!


c0079828_1723614.jpg

そして頂上に到着!!
はるか~遠くにロンドンの風景が~


c0079828_17283189.jpg

c0079828_1729486.jpg

1675年、チャールズ二世によって設置された天文台でしたが
18世紀にイギリスが世界的な海運国になると
世界中にこのグリニッジ子午線が受け入れられました。
その後、20世紀に入ると光化学スモッグのため大気汚染がひどくなり、観測が難しくなったので、天文台機能はサセックス州やケンブリッジなどへ2回移転をしましたが…これらの地域も都市化の影響は避けられず、1998年までに国内の機関は完全に閉鎖。現在はカナリ-諸島にて観測データを収集しているそうです。

c0079828_17411484.jpg

グリニッジに残された施設は博物館として生まれ変わり、
経度を発見するまでの歴史や、天体観測、時計の開発に関する展示が集められています


***
大英帝国が、大航海時代の主役を担うようになった様々な海運の歴史展示物に
夫は、少年のように目を輝かせて見入っていました。


現在では、世界各国の「原子時計」を使って協定世界時を定めているそうですが
大きな地球や海運をつかさどる様々な単位を生み出し~その未知なる基礎を作っ
た大英帝国は、大きな大きな役割を果たしたのだな~と気の遠くなるような先人
の努力に想いを馳せたのでした…


c0079828_181453.jpg

又~カティーサークの展示場所まで戻り
グリニッジ・ピア(グリニッジ桟橋)から 来た時と同じように船で
ロンドンへ戻りました…


駆け足でしたが、お天気にも恵まれ~楽しいグリニッジ散策でした!!

More
by karibu-chai | 2016-12-17 18:05 | イギリス | Comments(2)
カティーサークの内部見学
c0079828_12571262.jpg
 火災以前のカティーサーク・WEBから画像はお借りしました

c0079828_13202040.jpg
2016.9見学時・karibu chai撮影
2012年4月に蘇ったカティーサークは…
火災に遭う前に見学した時とは 
外観から見ても明らかに雰囲気は変わっていました


今度はどんな風になっているのか~?
ワクワクしながら中に入ってみました!


c0079828_11473514.jpg

中はすごーく明るい!!
先ずは「カティーサーク」やそれに関連したグッズを販売するショップと
内部見学のチケットなどを売るカウンターがあり

早速チケットを買って中に進みました


c0079828_1220368.jpg

船内には見学の通路が設けられていて…
画像を流したり~色々な工夫をして
「茶」を運搬する当時の茶に関する状況を具体的に説明しています


c0079828_11592236.jpg

その当時の船員らの日常生活に関する展示なども
細かく…このメインデッキで紹介しています


c0079828_1214943.jpg

c0079828_1233652.jpg

アッパーデッキに上がって いの一番にのぞいたのは…
「カティーサーク」のシンボル・船首像・"魔女・ナニー"
カティーサークCutty Sarkとはスコットランド語で短い(cutty)シュミーズ(Sark)を意味し、ロバート・バーンズ(Robert Burns)作の詩「タモシャンターTamo's Shanter」に登場する魔女に由来する)



バックからでしたが…こんな至近距離で拝見させていただき~
結構ワクワク・ドキドキ感激ものでした!!
c0079828_1221366.jpg
ちなみに正面から見るとこんな感じです


c0079828_1217213.jpg

マストやロープなど…
クリッパーが活躍していた当時は、この帆をいっぱい広げて
勇壮に新茶の輸送競争をしていたんだろうな~~と思いながら見上げました


甲板の上では、メンテナンスで作業をしている方たちがいらっしゃって…

火災の時、丁度修理中で ほとんど大事なものは運び出してあったため
被害を最小限度に抑えて修復できた話など…
作業中の方からうかがいました

大切な文化遺産もこうして多くの人々のお蔭で維持されているのですね…


c0079828_12312037.jpg

c0079828_1232067.jpg

最後は船底が一望できる階下に下り~
船首像などの展示をはじめとする、様々な資料を見ながら…

c0079828_12302120.jpg

お腹もすいたので…
入口船尾付近に併設されているカフェでランチをいただきました


様々な工夫が施され~展示再開した新しい「カティーサーク」は
英国の大航海時代の夢とロマンがいっぱい詰まった
歴史の一ページを垣間見ることが出来る
ステキな場所になっていると思いました


来年2017年2月か3月に
ティークリッパー「カティーサーク」のセミナーを予定しています
実際使われていた「ロープ」や「甲板」の切れ端など
ご覧いただき、触って見れるよう…にと思っています

乞うご期待!!
by karibu-chai | 2016-12-10 12:44 | イギリス | Comments(2)
ボートで巡るロンドン~
ケンブリッジに行った翌日は…
初めて テームズ河を巡る船・リバーボートに乗りました

c0079828_0183829.jpg

「Embankment Pierエンバンクメント」桟橋 ~「Greenwich Pierグリニッジ」桟橋まで

テームズ河を船で巡るのも~中々素敵です!1

いくつかの桟橋に寄りながら…グリニッジ桟橋に到着


桟橋を下りると…
c0079828_2355410.jpg

c0079828_23554259.jpg

有名なティークリッパー「カティーサーク」が目の前に!!


2007年5月21日に火災にあってから修復工事を経て~
5年後の2012年4月25日に 一般公開が再開されました

火災に遭う前の「カティーサーク」を訪ねた時とは
ちょっと外観も内部も変わっていましたが…

再度 新しく蘇った「カティーサーク」に会えたことは
一度目とは 違った感激を覚えました…


さてさて…次は船内の様子をご報告します…
(風邪ひきとセミナー準備のためブログ更新が遅れています…スミマセン)
 
                   
                         続く…
by karibu-chai | 2016-11-27 23:50 | イギリス
再びケンブリッジへ…
中断していた イギリス報告を続けます…


9月18日に夫もLondon入りして 翌日はロンドンの街を散策し
翌20日は…夫の希望で再びケンブリッジに行きました
(私は3度目・6年ほど前に夫と行った時の…★★★過去記事)

c0079828_1724995.jpg

ラッシュ時間を外すと、運賃がぐ~っと安くなるので
ゆっくり~「キングスクロス駅」に向かい列車に乗りました


c0079828_178257.jpg

ケンブリッジと云えば、ケンブリッジ大学を思い出しますが・・
自転車ごと列車に乗ってくる学生に、以前はビックリしましたが

この日は、ラッシュ時間を過ぎているので…
車内は空いていて・・・私達の横の席には一組のファミリーが乗り合わせ
ケンブリッジに着くまでの短い時間でしたが…
ご主人が焼いてきてくださった「ヴィクトリアサンドイッチケーキ」まで
ご馳走になり…楽しいおしゃべりに花が咲きました
(孫と同じような女の子がいると、すごく親しみを感じて声をかけてしまいます。この時のファミリーは、日本にも何回か行ったことがある・奥様は韓国の方・ご主人は英国人でした。)


ケンブリッジの駅に着き…ファミリーともバイバイ~!

私達はバスで街の中心まで行きました
(ケンブリッジは、カレッジが駅から大分離れているところに建ち並んでいるのです)


c0079828_17194519.jpg

「数学橋」の近くで降り、
6年前に来た時には経験しなかった「パント」に乗る為 チケットを買いました


c0079828_1725768.jpg

色々な国の方たちと一緒に乗ります…!
一度狭いパントに腰を下ろすと動けないので…
前に座った人の顔がいつも写っていますが…ご容赦を…
私達が乗ったパントの船頭さんは
"たくましいemoticon-0165-muscle.gifケンブリッジ大学の女子学生”でした!!

c0079828_17254275.jpg

c0079828_17292345.jpg

c0079828_17305088.jpg

c0079828_17262328.jpg

有名な「ため息橋」の下をくぐったり~
「キングスカレッジ」の広い庭を眺めたり…
パントはゆっくりケム川を巡っていきます~


1時間ほどのパンティングを楽しみ再び船着き場に戻りました



お腹が空いたので…船着き場のレストランで
c0079828_18172931.jpg

大きな「フィッシュ&チップス」とスープをシェアーしていただきました


ランチの後は…
c0079828_17412065.jpg

修復工事をしている「キングス・カレッジ」などを横目で見ながら
観光客でにぎわう街中を散策して…


再び列車で~ロンドンに戻りました


夫と2人で再度ケンブリッジに行くことが出来
念願の「パンティング」も経験できて…楽しかったです~♪
by karibu-chai | 2016-11-19 17:44 | イギリス | Comments(2)
番外編・クレオパトラの針
9月11日から一週間は私一人で過ごしましたが…
18日(日曜日)からは夫もロンドン入りし
ホテルも少しグレードアップした
"Lancaster London"に移りました


18日は先ずホテルに自分の荷物(買い付けたアンティークも含む)共々移動し
チェックインした後、ヒースロー空港に夫を迎えに行きました

無事に夫と会えた時は~久しぶりに恋人と会うように嬉しかったです!!emoticon-0152-heart.gif


    ★   ★   ★


翌日は月曜日で、コベントガーデンに一緒に行きまして…
夫は、アンティークハントには興味がないので

お互い時間を決めてバイバイ~!

その時・夫が行った先は~

全く私が知らない場所でした!
by karibu-chai | 2016-10-29 16:35 | イギリス | Comments(2)
へ~~! あれっ?? ちょっとびっくり…etc
19日にショップも再開し…ほっと一息ですが

来週は カリブチャイ10周年記念イベントが控えているので
その準備もあり、中々…今回の英国報告が進みませんが
又~折に触れ少しづつ アップしていきたいと思います


今回の渡英で「へ~~!」と最初に思ったことは…
私がロンドン入りして数日は とても気温が高かったこと
9月半ばで、30℃~31℃なんて!! 
c0079828_23141828.jpg

エアコンのないホテルが多いのですが…
幸い 常宿のホテルには小さな扇風機はありましたので
汗になった衣類は、小さな洗面台で手洗いし、
バスタオルに挟んで脱水…その後は持参していった
ピンチやハンガーにかけて、扇風機を回して乾かしました!
~私って頭いい~emoticon-0105-wink.gifemoticon-0137-clapping.gif
大体 翌日には完全に乾きました!!



c0079828_23235930.jpg

c0079828_23242925.jpg

次に「へ~~!!あれぇ!?」って思ったのは
もう「クリスマスグッズコーナー」がリバティーでも
John Lewisジョンルイス でも開設し始めていたこと!


c0079828_23281833.jpg
ネットから画像はお借りしました
王室御用達の創立以来150年の歴史のある
こちらのデパート「John Lewis」では…


c0079828_23302794.jpg

生地売り場で…
日本の和服の生地が売られていました
110㎝巾で・1メートル¥3000位かな? 材質はポリエステルのようです


c0079828_23313635.jpg

アンティークマーケットでも 日本の着物は大人気のようでしたから
需要があるのでしょうね…
これには「へ~~~びっくり!」でした



c0079828_23341289.jpg

マーマレード大好きのお馴染みパディントンベアーは
パディントン駅の いつもの場所にいるはずでしたが


あれ~~~っ!?
c0079828_23362164.jpg

こんなベアーちゃんに代わっておりました!!

今までのパディントンベアーは、駅のコーナーの一部改修工事で
他のホームに一時お引越ししているとか…
そんな訳で 代役がお留守番??

何か変なの!!


ちょっと ビックリしたお話でした!


次回は 夫がロンドン入りした後の模様をご報告したいと思います
by karibu-chai | 2016-10-24 23:41 | イギリス | Comments(6)
STANDEN
渡英の度に ナショナル・トラストのプロパティ(財産・所有物)を訪ねる…
というテーマを自分に課し、その時々の状況で場所を決めますが

今回はロンドン・ヴィクトリア駅から鉄道で約1時間の
ウエスト・サセックス州の「STANDENスタンデン」を訪ねました。

ヴィクトリア時代の終わり…1890年代に、裕福な弁護士一家の依頼で
その当時(19世紀)に英国で起きた「アーツ&クラフツ運動」の
中心的存在となったウイリアム・モリスが立ち上げた
”モリス商会”によって設計されました。


c0079828_23323879.jpg

屋内のインテリアは全てウイリアム・モリスのデザインによるもので
それはそれは見ごたえがありました
こちらは、壁紙やカーテンの一部です!


アーツ・アンド・クラフツ運動(Arts and Crafts Movement)は、イギリスの詩人、思想家、デザイナーであるウィリアム・モリス(1834年-1896年)が主導したデザイン運動である。美術工芸運動ともいう。1880年代から始まった。
ヴィクトリア朝の時代、産業革命の結果として大量生産による安価な、しかし粗悪な商品があふれていた。モリスはこうした状況を批判して、中世の手仕事に帰り、生活と芸術を統一することを主張した。モリス商会を設立し、装飾された書籍(ケルムスコット・プレス)やインテリア製品(壁紙や家具、ステンドグラス)などを製作した。(ウッキペディアより抜粋)



c0079828_23443137.jpg

ロンドン・ヴィクトリア駅から約一時間~
East Grinstead駅に到着。
そこからは~タクシーでSTANDENに…

     ⇩


c0079828_003199.jpg

c0079828_021267.jpg

c0079828_0102049.jpg

屋内・各部屋のインテリア~壁紙・カーテン・ソファー・椅子・クッション
ベッドカバー等々…モリス大好きな人には、たまらないプロパティーです!


c0079828_0113056.jpg

屋内のみならず~広大なGardenには 色とりどりの花々が咲いていました
リンゴの木も多く、たわわに実をつけていました!

お天気も良く~暑いくらいでしたので…

c0079828_0164446.jpg

カフェで休憩~ティータイム!
ヴィクトリア・サンドイッチケーキをいただきました


前日同様、ロンドンでは30℃前後の予報でしたが、
ロンドンから1時間ほどのカントリーサイド「STANDEN」は
心地よい風が吹いていて…気持ちよかったです!

その日の夕食は~
by karibu-chai | 2016-10-16 00:22 | イギリス | Comments(4)