カテゴリ:手作り( 37 )
木目込人形展~
2008年6月のトルコ旅行の時~
同じツアーで、それはそれは仲のよい三姉妹がご一緒でした。

ご姉妹のお二人は「カリブチャイのトルコ紅茶を愉しむ会」にもご参加いただき、

特に…折に触れ交流がある、ご長女の柳橋由美子さんは
木目込み人形のお教室を40年続けていらっしゃって…

彼女の主宰するお教室の作品展
柳の会・40周年記念・木目込人形・押し絵作品展)が…
千葉の文化センターで開催とのご案内状をいただき

最終日14日に時間がとれたので(手袋を落とした日です)
拝見しに、出かけて行きました


c0079828_16451245.jpg

c0079828_1640976.jpg

由美子さんは私の顔を見るなり…駆け寄って…
「ま~遠くから来てくださったの~ありがとう~」とハグハグしてくださり
彼女の作品と共に記念撮影~はいパチリ!!
(写真の顔出しは、ご本人の許可を得ております)


木目込み人形と云うと、お雛様を思い浮かべますが…
(もちろん「お雛様」もありましたが)
c0079828_1647226.jpg

広い会場には、由美子先生の生徒さん達の丹精込めた
それはそれは…素敵な木目込み人形がたくさん展示してあり
その美しさには驚きました


c0079828_16474866.jpg
ストーリー性のあるお人形や…


c0079828_16482495.jpg
初めて見る押し絵の展示には、
余りの細かさに…ビックリでした


生徒さんのお一人で・・・私と同じぐらいのご年配の方で、
数年前に心臓の手術をされ、その後力が入らない指をかばいながら
完成された…お孫さんの「七五三」の作品
c0079828_16531260.jpg


制作者の方からご説明を受けましたが…
c0079828_16541452.jpg

お孫さんがお召しになられたお着物の柄向きと同じように
お花の・花びら一つ・一つも
小さな布を木目込んでいるとのこと・・
思うような色がなければ、ご自分で染めたり…
気の遠くなるような過程を経て完成させるのですって!!

私はお人形のための特別細かい柄模様布を用いるのだと思っていましたが…
これは愛情込めて…魂を入れて…心を込めなければできませんよね


c0079828_1721485.jpg

「七五三」の作品を作られた方は…
こちらの押し絵も完成されました…
一年かかったそうです
「安藤広重の東海道五十三次」より~


一口に40年と云っても…
40年間続けてこられるのは並大抵のことではありません…
由美子さんの優しいお人柄に集まってくる生徒さんに囲まれながら
お互いに切磋琢磨して続けてこられたのでしょう…

やはり好きこそ何とか…ですが

お人形を通して「温かい人と人との触れ合いを感じ」
あったか~い気持ちになって帰ってまいりました


柳橋由美子さん~これからもステキなお教室を続けてくださいね

by karibu-chai | 2012-02-16 17:25 | 手作り | Comments(4)
3種類のスコーン作り
c0079828_23295736.jpg

濃厚なクロテッドクリームとベリー系のジャムでいただく…
アフタヌーンティーに欠かせない「スコーン」
写真は以前私がクロテッドクリームの故郷・DEVONを訪ねた時に食べたスコーン

イギリスでは、女の子が最初にお母さんから習うティーフーズであるとか
家の数だけレシピがあるとか…言われるほど
色々な種類があります

そして、いつもキッチンに常備してある材料で簡単に作れるはずなのに
とても奥深く・・・何故こんなにも仕上がりが違うのか…?と
首をかしげることも、少なくありません


私達8期のティーインストラクターの会・「キャンブリック会」の
(8期と蜂蜜を入れた紅茶・キャンブリックティーとからませて付けた名前)
今年の研究会は、19日の土曜日に我が家に集まって、
3種類のスコーンを作り・味比べをいたしました


c0079828_23372894.jpg
6月の渡英の折、
もしかして…こんな研究会をするかも・・とのオファーから
買ってきた「セルフ・レイジングフラワー」
     
        と…

c0079828_0383212.jpg
日本でお馴染みの「日清フラワー」を同じレシピを使って作ります


c0079828_23444057.jpg
先ずは大きなボールにそれぞれの小麦粉・砂糖・塩・ベーキングパウダーを入れ、
セルフレイジングにはすでにベーキングパウダーが含まれていて、粉は粒子が細かく・さらさらの状態

バターを手でこすりながら混ぜてきます
今回は粉の違いを、より感じやすくするために「卵抜き」のレシピにしました


もう1種類は・・・
c0079828_23483046.jpg
加藤千恵先生のレシピより…「食べてみたいユニークなスコーン」として皆で選んだ
『グリーン・オリーブと粗引きコショウ』のスコーンです
(こちらは、フードプロセッサーで作ります)


c0079828_23523140.jpg
バターを粉にパン粉のように細かくなるまで混ぜた後、牛乳を入れてまとめます…
どちらの粉も最初の状態は「白色」でしたが、この段階になると、
(写真では分りずらいですが)セルフレイジングの方は少し茶色っぽくなってきています



c0079828_2354066.jpg
型でくり抜いた後、鉄板に並べ…
焼き上がりにつやを出すために、
卵の黄身も少し入れた牛乳を刷毛でぬり


c0079828_23554814.jpg
200℃で一気に焼きあげます


c0079828_0393245.jpg
それぞれに美味しそうに焼き上がりました!
・・・と同時にお腹もグ~っと鳴りました!!

c0079828_23565575.jpg
一番上が、セルフレイジングフラワー・真中が日清・下段はグリーンオリーブのスコーン


c0079828_065280.jpg
お腹もすいたところで、
焼きたての3種のスコーンとサンドウィッチや焼き菓子で…
063.gifランチティーになりました!


セルフレイジングフラワーの中には、どの位の量のベーキングパウダーが入っているのか?
分りませんが…イギリスではとてもポピュラーな小麦粉です。
お味の方は、外はカリっと香ばしく、中はフワ~っと軽い感じで…美味しかったです

グリーンオリーブの入ったスコーンは、砂糖が少なくその分塩分が若干多め。
お食事用のスコーンには、クロテッド&ジャムではなく
「サワークリーム」をつけていただきました。
ワインとも相性がよさそう~! お試しください・・・


風邪ひきや急用でキャンセルが出て
参加人数は7人と…こじんまりした研究会になりましたが、
久しぶりに顔を見せてくれた同期もいて…
とても楽しい会になりました


さすが~ティーインストラクターの方々はスコーン作りは慣れていますが、
それでも、3種類のスコーンを一度に焼くと云うのは、中々ないことなので、
とても有意義な会になったと思います。

これを機に、色々なレシピにもっと挑戦してみたくなりました049.gif
by karibu-chai | 2011-11-21 00:23 | 手作り | Comments(8)
素敵なリース
同期のティーインストラクターで
秋田在住の ドライフラワーのお教室をしている
HIDEKOさんから
とても素敵なリースが届きました

HIDEKOさんからは 昨年私の還暦祝いに
ユーカリのリースをいただいていまだに 壁に飾っております

今回のリースは…
c0079828_18193962.jpg
カメリアシネンシスの葉で作られています
なんて素敵なんでしょう…!

思わず
「わ~!!」って声をあげてしまいました

カメリアシネンシス=ツバキ科の常緑樹
つまり…お茶の葉で作ってくださったのです

c0079828_18205297.jpg


c0079828_18261313.jpg
お手紙にもあるように…
紅茶色には変わらないでしょうけれど…

これからどんな風に変化していくのか…楽しみです

c0079828_18294061.jpg

早速玄関に飾りました

明日の「ひな祭りのお茶会~セミナー」にお越しくださる方々には
早速ご覧いただけますね…


HIDEKOさん 素敵なリースをありがとうございました043.gif
by karibu-chai | 2010-03-01 18:32 | 手作り | Comments(12)
ヴィクトリアサンドイッチケーキ
「お茶を楽しまないのは 雨の降る日に傘を持たないで外出するのと同じこと」…
そんな風にアフタヌーンティーの習慣を イギリス中に広めたのは
ヴィクトリア女王


c0079828_18124528.jpg

1819年に生まれ 18歳で女王となり
即位3年目に 女王と同じ年のいとこでドイツ人のアルバート公と結婚
20年間で9人の子宝に恵まれ 幸せな結婚生活でしたが
結婚21年後のアルバート公42歳の時突然の他界…
ヴィクトリア女王・1901年に82歳(在位64年)でこの世を去るまでの
後半の40年間は悲しみや苦しみが入り混じる波乱万丈な人生でしたが
イギリスの繁栄と共に イギリスの紅茶文化が完成し
一般の人々にも普及した時代でもあったのです



そんなヴィクトリア女王が大好きだったのが
「ヴィクトリアサンドイッチケーキ」「ヴィクトリアケーキ」とよばれるケーキです

c0079828_17445926.jpg
カリブチャイのアニバーサリーのイヴェントの時にはいつも焼いております
こちらは昨年「3周年記念」の時のもの



c0079828_17465121.jpg

c0079828_1748672.jpg
こちらは「1周年記念」の時のもの…


両方を見比べていただくとちょっと違うのにお気づきでしょうか?
「1周年記念」の方は 普通のデコレーションケーキ型で焼き
横半分にカットしジャム等を挟んだものですが・・・


「3周年記念」の方は…
c0079828_17503431.jpg
c0079828_18495617.jpg
Victoria Sandwich Tin とよばれる型(Tin)で焼いたものです
この型で2つ焼きジャム等挟んで重ねます
(このtinは昨年10月渡英の際に買ってきました)



このTinを実際見たのは3年前に娘の友人のキャサリン宅を訪れた時…
彼女がこのTinで焼いた「ヴィクトリアサンドイッチケーキ」をごちそうになったのですが
今までいただいたどの「ヴィクトリアケーキ」より美味しかったのです
それで私もいつか…と思っていました


"Victoria Sandwich Cake"専用のTin ・一体誰が考えて作ったのでしょうね!
by karibu-chai | 2010-01-26 18:23 | 手作り | Comments(12)
マカロン作り・・・
c0079828_1638971.jpg


夢のあるお菓子の代表~

   


手作りできたら…そんな想いを持ち続けておりました


昨日 先輩ティーインストラクターで お菓子のお教室をなさっている
M先生に特別にお願いして 教えていただきました


閑静な住宅街にある先生のお宅…
お教室の窓辺には・・・
c0079828_1647934.jpg
7月にカリブチャイにお越しくださり こちらにお嫁入りした
2客のカップ&ソーサーがお出迎えしてくれて・・・♪ 
何か嫁いだ娘に会ったような~


キッチン周りにも
c0079828_16491322.jpg
お庭で摘んできたばかりのお花を
さりげなく飾ってくださり… 楚々として… とてもうれしいご配慮です



さて 他のお仲間(仲良しインストラクター)3名も到着

さ~始めましょう!

c0079828_16555786.jpg


まず材料の説明の後 
生地作りから…

卵白を かなり しっかり泡だてていきます







c0079828_16595263.jpg


マカロンの「色」の素を作ります
今回のグリーンは「濃い茶のお抹茶」と+α(アルファ)








c0079828_176318.jpg



このヨーグルトの容器には 泡だてたメレンゲの中に入れる材料が全て入っています
このヨーグルトは我が家でもいただいているので
これはいいアイディア! これから真似しましょう…!





c0079828_17123574.jpg


泡だてた中に ヨーグルト容器の中身を全部入れ
つやが出るまで練り
鉄板の上に きれいに絞り出し 乾燥させます




c0079828_17151714.jpg





同じようにピンクも作り
鉄板の上で乾燥させます







しっかり乾燥させてから かなりデリケートな焼き方で
注意深く焼きあげます


c0079828_17225459.jpg
焼きあがったら
それぞれ色別に挟むクリーム類を仕上げ
絞り出して・・合わせていきます



先生が 前の晩に 「」と「」を 焼いておいて下さいましたので
全部で4種類が出来上がりました


全行程 約3時間

本当に すごく手のかかる コツがいる 
難しいお菓子だということが よく分かりました
お値段が高いのも納得でした


c0079828_17341025.jpg
最後はみんなで ティータイム

こんなおいしい「マカロン」は初めてでした
(みんなも同じ意見)

今までいただいたどのマカロンより

この日の「マカロン」は 最高でした!

昨夜の母の夕食にデザートとして添えましたら・・・
by karibu-chai | 2009-09-25 17:47 | 手作り | Comments(10)
おニューのサマードレス
明日7月29日で満88歳になる母(★)
お陰さまで 元気に「米寿」を迎えられます

世界一の長寿国である日本でも
誰もが「米寿」を迎えるまで元気に生きられるとは限りません
寝たきりでなく 自分の足で歩き
好きなものも美味しくいただけ・・・
なんとありがたいことでしょう・・・

おまけに私は幸せな娘で 小さい頃から
ほとんど母の手作りの服を着て育ちました




c0079828_1812039.jpg
36年前 私は母の手づくりの「ウエディングドレス」を着て結婚式を挙げました
今でも大事に取ってあります

小さいとき…
古い父のYシャツのいいところを取って
バラの刺繍をしてくれたブラウスは大好きでした



c0079828_186869.jpg
これからの暑い夏~
みなさんは普段 家でどんな格好で過ごされますか?
私は 俗にいう 「アッパッパ」ばかり・・・

タンスの引き出しの中には
もう30年ぐらい前の物から最近のものまで~
25枚ぐらいあるかな~?
着なくなったスカートやワンピースなどのをリフォームしてもらったり・・・
saleで買った生地で作ってもらったり…


じゃぶじゃぶ洗ってアイロンも掛けず…
汗になったら 着替えて~
本当に涼しくて これを着たら もう他着れません~!

c0079828_18133536.jpg
c0079828_18142927.jpg
これは2年ほど前に作ってもらったもの

そして昨日 おニューのちょっとお出かけ用のサマードレスができあがりました!
by karibu-chai | 2009-07-28 18:49 | 手作り | Comments(22)
ルバーブ&〇ジャム作り
c0079828_1413088.jpg
イギリスでも17世紀ごろから栽培が始められ
今では イギリスだけでなく ヨーロッパのスーパーマーケットや
露天でもよく見かけられる ルバーブ(Rhubarb)

日本では信州などで 栽培されています

6月初旬・セミナーのために 「ルバーブジャム」作りに挑戦すべく
信州産地直送の八百屋さんから 約2kg買ってきて
早速 作ってみました

c0079828_0432342.jpg
先ずザク切りにして「三温糖」をまぶして…6時間以上置きます
c0079828_0462987.jpg
少しづつ水が出てきます…

c0079828_0481719.jpg
6時間以上経つと このぐらい水が上がってきますので そうなったら火にかけます


c0079828_0502810.jpg
途中丁寧に「アク」を取り
煮続けますが…ぐつぐつ云い出すと 直ぐ煮崩れてきます


c0079828_0531668.jpg
大分煮詰まってきました…そろそろ火を止めようという時に レモン汁を注ぎ入れます


c0079828_0545637.jpg
約2kg弱のルバーブから この位の量のジャムができました! 
結構うまく作れました!!049.gif




「ルバーブ」は独特の香りと酸味があり 
特に欧米人に好まれるようです
ジャム以外でも パイの具によく使われます
ジンジャーやオレンジ果汁などと相性がいいようです


一昨日 「信州屋」さんの店頭には…
by karibu-chai | 2009-06-28 01:28 | 手作り | Comments(16)
はまっています~
c0079828_17195984.jpg

色々試してみています
「ホットケーキミックス」を使ったケーキ~


今回は 牛乳パックをケーキ型として利用し・・・(本多京子先生のご提案)
「カリブチャイ」のアールグレイで濃~く煮だしたミルク に
       その茶葉 を少し入れて 作ってみました

c0079828_1724547.jpg

夫の感想:
前の方が・・・美味しかった!

基本のレシピ 特別に・・・お教えしますね

ホットケーキミックス 150g
卵             2個
野菜ジュース     100g
砂糖          大匙3  
サラダオイル     大匙3
好みでスパイス(シナモン・クローブ・ナツメッグなど・・・)
すべてを混ぜて ふわ~~~とラップをして 電子レンジ500wで6分チン!


簡単でしょう!!


皆様も ご自分で色々アレンジして お試しください~
(↓ 前回は 冷蔵庫にあった
         ポンジュースとオレンジピールとラムレーズンを入れました)

母から 又絵手紙が届きました~♪
by karibu-chai | 2009-03-11 17:40 | 手作り | Comments(20)
母の手仕事 
c0079828_0314647.jpg
来週3月3日の「おひな祭り」にちなんで 今週は 火曜日と土曜日の2回 
カリブチャイの 「春に向けてのティーセミナー」 が行われます
(今日は火曜日クラスが終了しましたが・・・)


その際 大活躍するのが こちらの羽二重の布・・・

これは 今年米寿を迎える母の娘時代の羽織の裏地だった 
羽二重の端切れを 同じ絹の朱の羽二重で裏打ちして 
大小のさまざまなナプキン風に 母に作ってもらったもの

まだ針のたつ母は こうした手仕事はお手のものなのです


c0079828_11255462.jpg
200年ほど前のティーボウルに かわいいお雛さまを入れてみましたが・・・
この羽二重と合っているでしょう・・・?


かねがね・・・
古いもの同士は 「和」のものでも 「洋」のものと・・・
テイストが合うのではないか・・・と思っていたのです


それで 今回の「おひな祭り」のセミナーでは
母の古い着物の端切れの中から・・・
この柄むきの羽二重を選んでみました


c0079828_11273429.jpg
明治時代の漆のトレイに(少し小さいのですが・・)この羽二重の布をあしらい・・・
この スターリングシルバーのティーセットを合わせてみました・・・
(1915年・ロンドン製・ハロッズの3ティーセット)


まだ土曜日のクラスがありますので
今日はごく一部のご紹介ですが・・・


次回は 色々なコーディネートをアップしたいと思います~♪
by karibu-chai | 2009-02-24 23:53 | 手作り | Comments(10)
菜の花のスコーン ~ 試作 ~
c0079828_23252792.jpg

「雛祭り」にちなんで・・・
菜の花入りの "スコーン" を試作中~
チーズも入れて・・ 材料の配分もいつもとは変えて・・・

先月 「骨董ジャンボリー」でゲットした 
明治時代(?)の漆器のお皿に盛り付けてみました

         もう少し工夫が必要かな・・・?
                「雛祭り」のセミナーまでには 仕上げますね~♪
by karibu-chai | 2009-02-06 23:33 | 手作り | Comments(16)