<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
大きな力に支えられて・・・
c0079828_181753.jpg

      イギリスのキャサリンから 10日ほど前に クリスマスカードと共に
    Susannaha Blake著の こんな可愛い 「cupcakes」の本が届きました
c0079828_1134868.jpg

               3人の男の子のママである彼女には 
    今年の1月 娘と一緒に訪れた時 大変お世話になりました (過去記事)

c0079828_1171764.jpgc0079828_1174873.jpg








c0079828_1183047.jpgc0079828_1185380.jpg










オックスフォード大学の日本語学科だった彼女は 娘の高校時代からのペンフレンドで
我が家にも昔何回か泊まってくれたことがあります・・・が・・今では子育て真っ最中!
そんな彼女もケーキ作りは大好きで・・・訪れる度に とっても美味しい手作りケーキを
ご馳走してくれました        ・・・・   そして  ・・・・・
 「いつでも 何か困ったことがあったら・・遠慮なく連絡して!!」と言ってくれます

c0079828_1301783.jpg

               そして・・・今年大変お世話になった 
          ロンドン在住のアンティークディーラーのYMさんからも
        こんなステキな Royal Christmas Stamps が届きました
c0079828_134948.jpg



c0079828_1344651.jpgc0079828_135956.jpg









YMさんは やはり私が1月にKemptonのアンティークマーケットに初めて行く時
偶然列車の中で声をかけてくださり・・一人でまだ夜が明けないうちいに行く道すがら・・
案内をしてくださいました・・・それ以来色々情報を提供してくださっています

その他ブログのコメントに時どき登場してくださり 又実際ロンドンでも大変お世話になった
                     マダムロコさん

        そんなイギリス在住の方々のお蔭で 私のイギリス買い付けも 
                有意義に こなすことが出来ています

そしてブログ繋がりの・・・
by karibu-chai | 2007-12-28 02:17 | 色々な出会い | Comments(14)
今年ちょっとショックだったこと・・・
c0079828_0445553.jpg

私が8年前 イギリスで初めて求めたアンティークのトリオのカップ&ソーサーは
1867年~1890年に製造された 「Spode」でした

「Spode」は 1770年に ジョサイア・スポードによって創設されました
そのころ東洋の憧れだった「ブルー&ホワイト」を基調とした 銅版転写とボーンチャイナの
技術をイギリスで初めて成功させた窯元で 陶器の町「ストークオントレント」にあります
今年1月にストークオントレントのスポードを訪れた時は まだ工場見学が出来 
中で働いている多くのスタッフが とてもいい雰囲気で作業をしていたのを思い出します
         
         それが その後 工場は全て 中国に移転してしまったのです
c0079828_1154691.jpg

             中国で製造されたスポードの製品には 
       このように 製造国の 「ENGLAND」の刻印は つけられないのです

           「Spode」ファンなら これはショックでしょう・・・!
                      私も 同じです

閉鎖前に行けたことはラッキーでした・・
by karibu-chai | 2007-12-24 02:09 | antiques/vintage | Comments(20)
理科はお好きですか?

        11月初旬 「カリブチャイ」の一周年記念セールが始まったころ・・・
         理科の教材にはもってこいの すごいものを観てしまいました


c0079828_1654045.jpgc0079828_167139.jpg














           我が家の隣の 母の家の門の上に・・・・何かいる!

それは・・・じゃ~ん!!
by karibu-chai | 2007-12-21 16:24 | 季節のこと | Comments(8)
機上の感動!
先日、イギリス買い付けの報告を 一応終わりにいたしましたが・・・
旅の最後・帰りの飛行機の中で観て大変感動した ある「ドキュメンタリー」のお話を・・・

それは 「サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエ」 というものでした

すでに DVDなども販売され WOWOW などでも放送されたようですが・・・

舞台は 「シャネル」のオートクチュールのコレクションに向けての職人たちの仕事場・・
デザイナーのカール・ラガーフェルドのスケッチから始まり・・
そのスケッチのドレスをつくり上げる、お針子さん達をはじめ 多くの人々の仕事ぶりを
含め その舞台裏を紹介しているのですが・・

そのお針子さんたちのほとんどは、どこにでもいるような陽気な中年のオバサン達
やっと仕上がる寸前で デザイナーの要求が変わったり・没になったり・・
それでもこの仕事が好きだという一人のお針こさんに・・「この仕事の魅力は?」と
インタビュアーが質問すると 「困難なことね!」 と答えるのです

もう一つ 目から うろこ だったのは・・・
フランスでも もう後継者が出ないという「ガロン職人」の75歳のご夫人のお話・・
「ガロン」というのは服のトリミングなどに使う 「ブレード」や「レース」のようなもの
らしいのですが・・・
彼女はパリ郊外の農場に暮らしているのですが、いくら「シャネル」の注文でも
自分の生活を最優先・・・お天気を見ながら 牧草の片づけを先に・・・
しかし、一旦「ガロン職人」の仕事にかかると・・一週間・一日睡眠時間2~3時間で
仕事に没頭するのです・・・・75歳の小柄なおばあちゃんが・・・
インタビュアーが「そんなに睡眠時間が少なくて 大丈夫ですか?」と聞くと・・
「人間の限界なんて 思い込み次第よ!」 と答えるのです・・・

この二人の言葉は・・私にとって すごい衝撃でした
仕事に対しての 「誇り」と「責任」 そしてその仕事への「情熱と愛情」を強く感じました

「偽」と言う字が・・今年の流行になってしまった 昨今
仕事に対して 物事に対して この精神は 大いに見習いたいと 思った次第です
by karibu-chai | 2007-12-19 00:09 | 素敵な体験 | Comments(10)
34周年
c0079828_1241332.jpg

                       12月15日
            この日は 私達夫婦の 34回目の結婚記念日
 
       秋にも咲いた名残のアイスバーグに鋏みを入れ 花瓶にいけました
                      
             すでに自立した 子供たちとの写真をみながら
     「こんな小さい時あったなんて・・うそみたいね~」・・と 二人で話しました

    丁度2週間ほど前 夫の両親のお墓参りに 滋賀県の近江八幡に行ったおり
              一泊して 34周年のお祝いをしてきました



    

その時の夕食は・・・
by karibu-chai | 2007-12-16 02:11 | 大切なもの/大切なこと | Comments(14)
「クリスマス・ティーセミナー」
c0079828_1104159.jpg

                  12月8日(土)と11日(火)の両日
          「カリブチャイ」の「クリスマス・ティーセミナー」が行われました


c0079828_116043.jpgc0079828_1162058.jpg








         
       





       「Karibu Chai Tea & Antiques」一周年祝いにプレゼントされた
     「もみの木」と「スワロフスキー」の2007年イヤーズオーナメントを飾って・・・
          
   先ずは ウエルカムティーとして 「カリブチャイ」オリジナルの「アールグレイ」に
         「エルダーフラワーコーディアル」を加えた ホットティーに
          クローブを刺したオレンジを浮かべた・クリスマスティーを・・・・
 
c0079828_1174919.jpg


           そして 今年のメーカーズ・クリスマスティーは・・・
c0079828_1304494.jpg

            「フォートナム&メイソン」 と 「ウイッタード」

c0079828_1321517.jpg

                 and  ・・・  「ヒギンズ」


c0079828_12165243.jpgc0079828_12253597.jpgc0079828_12175517.jpg   
     










ハロッズの「クリスマスプディング」と一緒に 召し上がっていただきました

「クリスマスティー」は 普通 茶葉に ドライフルーツやスパイス・ハーブ・香料などを 
各メーカー それぞれ個性的にブレンドして この時期販売しています
「クリスマスティー」という名称ではなく「ウインターティー」としているところもあります
           
           例年「ハロッズのクリスマスティー」には茶葉がなく 
                  ローズヒップなどのハーブや
            ドライフルーツをミックスして作られていますが・・・
                  (今年のは どうなのかな?・・・)
      
     
        
          ちなみに 去年の新顔「クリスマスティー」はこちらから・・・

さて・・今回のお役立ちレシピは・・・
by karibu-chai | 2007-12-13 02:21 | セミナーorイベント | Comments(14)
ストリート・ギャラリー?!
  長きにわたり 10月のイギリス買い付け報告をご覧いただきありがとうございました
  今回で一応終わりにいたしましょう・・・
   
  10日間のロンドン滞在最後の日は日曜日 
  フライトが夕刻なので 朝食後はチェックアウトを済ませ
  大好きな ケンジントンパーク(ハイドパーク)までお散歩に出ました

c0079828_23373773.jpg

      10日間お世話になった ヨーロピアンタイプの小さなホテル
                 「アドミラル・ホテル」
 c0079828_23423933.jpg



地下鉄やナショナルレイルウエイの主要な駅「パディングトンベアー」で有名な
「パディングトン駅」から 徒歩3~4分の大変地のりのよい場所にありました







        
      この周辺は、こんなプチホテルが ず~と続いているのですが・・・
c0079828_2347647.jpg

        人もまばらな 秋も深まる日曜日の朝・・・15~16分も歩くと
            大好きな ケンジントンパークにつき当たります

c0079828_23563921.jpg

            広~いパークの周辺を囲むフェンスを利用して 
        そこは まさに 「ストリートギャラリー」が展開されていました
               これは 私も初めて見る光景でした
c0079828_2357758.jpg

c0079828_23573587.jpg



c0079828_2358499.jpgc0079828_23591528.jpg










ロンドン名物の「テレフォンボックス」も まさに「絵」になる風景
数百メートルも続いていたでしょうか・・・ 
ギャラリーも終着し 公園の中へ・・・

日曜日の公園内は 家族連れやカップルの 平和な姿が印象的でした
まだ十分時間があったので 今回初めて ケンジントンパレスの内部の見学をしました
c0079828_074070.jpg

c0079828_0125197.jpg

大好きな 故ダイアナ妃がしばらく住んでいた「ケンジントンパレス」ですが
1689年のクリスマスに スモッグで汚れたロンドン中心から
当時は まだケンジントン村だった空気の綺麗なこの宮殿に
WilliamⅢ世&MaryⅡ世が 引越しをしてこられ・・
後に王位を継承したヴィクトリア女王が まさに英国の君主となった知らせも
ここケンジントンパレスの寝室で聞いた・・といいます

長い英国の歴史の数ページを垣間見ながら・・
故ダイアナ妃の華麗なドレスの展示を眺ながら・・・
様ざまな想いが交錯する中・・・
有意義だった10日間のロンドンを締めくくる ケンジントンパレスを後にしました

さて・・帰るとしましょうか・・
by karibu-chai | 2007-12-10 00:47 | イギリス | Comments(16)
Borough Market (バラ・マーケット)
c0079828_085418.jpg

                        私は市場が大好き
     海外に行くと 必ずといっていいほど その国の人が通う市場に足を運びます
           
            イギリスでは 毎回スーパーマーケットばかりでしたが 
              今回初めて スーパーマーケットではない 市場
                "Borough Market" に 行って見ました
c0079828_0163341.jpg

        "Borough Market"は ロンドンブリッジ駅の真正面に位置し
       近くにはテームズ川にかかる橋・・お馴染みの風景がみられるところ


c0079828_0211050.jpgc0079828_0215188.jpg



 
        








           ロンドンの食いしん坊はよくこのマーケットに通うとか・・・
      グルメシェフも ヨーロッパの美味しい食材の集まる このマーケットには
                一目おき 足しげく通うと聞きました

c0079828_0251668.jpg

c0079828_0302775.jpg

c0079828_0305465.jpg



c0079828_0315179.jpgc0079828_0321638.jpg









c0079828_0325031.jpgc0079828_0343561.jpg









c0079828_0352936.jpgc0079828_0372857.jpg






         
         「魚」「肉」「野菜&果物」「パン」「チーズ」「スイーツ」・・・など等・・・
           充実した品揃えの中・・・見ているだけでも それは楽しい・・
        
        お腹が空いたので、「バナナケーキ」を一つ買って いただいてみました
                 ずっしり重く 食べ応えがある一品でした

「紅茶屋さん」は ないのかしら?・・・
by karibu-chai | 2007-12-07 01:05 | イギリス | Comments(10)
Newark Antiques Fair
         10月の買い付けの 一番の目玉は 今回ご紹介する
         ヨーロッパでもっとも大きな国際的なアンティークフェアー・・・
   "Newark International Antiques & Collectors Fair"に行くことでした

     このフェアーは大体2ヶ月に一度 ロンドンから北に列車で2時間ほど行った
        "Nottinghamshaire" の広~~い会場で開かれます

  私は初日に 他のディーラーさんと一緒に ロンドンから 専用のバスで向かいました
c0079828_059844.jpg

    まだ暗いうちにロンドンを発って・・3時間半程で やっとニューアークに・・・
c0079828_113491.jpg

    3000以上のストールが各国から出店し・・
            ありとあらゆるものが 所狭しと売られています
c0079828_134741.jpg

         
          広い会場の特色を生かして・・・こんな庭石まで・・
c0079828_192968.jpg

       
        その他・・へ~こんなものまで!!・・・とに角 面白い・・


c0079828_1101924.jpgc0079828_111087.jpg





c0079828_112068.jpgc0079828_1143620.jpg





c0079828_1151950.jpgc0079828_1154448.jpg










     屋外だけでなく 数棟の体育館のように大きな建物の中でも・・・
c0079828_1181061.jpg

    魅力的な 品々が・・魅力的なお値段で・・・やはりスケールが違います!!

c0079828_1193289.jpg

    中には ヴィクトリア女王が描かれたグッズだけ売っているストールも・・・

      ここでは紹介し切れないほど 興味津々の たくさんな品々があり、
        これからは 必ずこのフェアーは外せないと確信しながら・・
             帰りの集合時間ギリギリまで 歩き回りました

長くなりましたが・・お知らせです・・
by karibu-chai | 2007-12-04 01:38 | イギリス | Comments(16)