<   2008年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ケニア紅茶・コーヒーシンポジウム
1993年から 5年に1回日本で開催されている 
アフリカ開発会議
(TICAD:Tokyo International Conference on African Development)
c0079828_210199.jpg


4回目となる今年は横浜で開催され 様ざまな関連イベントが繰り広げられて・・・
5月の横浜は 『アフリカ月間』としてアフリカ一色に塗りつぶされた感じです

その一環として 一昨日
「ケニア紅茶・コーヒーシンポジウム」に参加してきました
c0079828_212893.jpg


始まる前 ロビーでは 「日本紅茶協会」による 
ケニアティーで淹れた「アイスミルクティー」のサービスや・・
c0079828_24940.jpg


ケニアコーヒーや産物のマカデミアンナッツの紹介が・・・
c0079828_26451.jpg



そして 「ケニア大統領・ムワイ・キバキ閣下」の開会の辞で始まりました
c0079828_291424.jpg



今回は ケニアの重要な産業である「紅茶やコーヒー」を日本にもっと普及させるべく
ケニア政府は大臣クラスの要員を送りだし かなりの力の入れようが感じられました
「食」の安全を重視する日本に対して 「農薬を使わない安全なケニア紅茶」を
また ポリフェノールなど成分的にも優れた「ケニア紅茶」を・・・
様ざまな観点から アッピールしておりました


そして 途中には楽しい「歌と踊り」が・・・
c0079828_2224847.jpg

観客の皆さんも 手拍子で 大喜び!!

 

この日 「MOTTAINAI」キャンペーン名誉会長・ノーベル平和賞受賞者の
「ワンガリ・マータイ博士」の講演も予定していましたが・・・
福田首相との会談が長引き・・・との理由でお見えになりませんでした

残念!!


シンポジウムは 「ケニアコーヒー」の説明が続き・・・
時計は開会から既に4時間も経っていました

アフリカンフェアーも見たかったので・・・
by karibu-chai | 2008-05-31 02:49 | 東アフリカ | Comments(18)
食事は大切 
海外へ行って一番困るのは「食事」のことですね
体調に 直ぐ影響が出ますから・・・
元気を出して活動するには やはり「米飯」が体に合うみたいです

そこで 先月4月のイギリス買い付けには
出来るだけ「食料」を持参しました

c0079828_2254280.jpg

ホテルには小さな冷蔵庫もあるし 湯沸しもあるので
今回は「アルファー米」中心で 夜は全て自炊でした
おかずは魚の「缶詰」などで 野菜はスーパーで買ってきた生野菜をたっぷり!!
残ったご飯は「おにぎり」にして持って行ったり・・
・・・そう・・・早朝出発が多かったので 「おにぎり」助かりました

この他にカップ麺やカロリーメイトなども持って行きましたが・・・
さすがに飽きますね ~
毎回「野菜とご飯」恋しさに・・中華街に数回足を運ぶのですが
今回は一度も行きませんでした

でも・・・

外食もしましたよ ・・・
by karibu-chai | 2008-05-28 23:23 | イギリス | Comments(12)
二人で 蓼科へ・・・
c0079828_22272466.jpg
c0079828_22153174.jpg

半年ぶりに 夫婦で一泊旅行に・・・
今回は車で「蓼科」へ・・・

高原のホテルでゆっくり美味しいフランス料理をいただきました
c0079828_22221092.jpg

「八ヶ岳山麓産大鱒のスモーク タルタル仕立て 西洋わさびクリーム」
の「前菜」から始まり~  「スープ」 「オマール海老」 「蓼科牛」 「デザート」 
             *
             *

少しのワインで スッカリ いい気持ち ・・・

部屋に帰って 「篤姫」 観ながら いつの間にか ・・・ zzzzzz ・・・
夫は 何時ごろ寝たのかも知らず・・・

あ~よく寝た ・・・ 
by karibu-chai | 2008-05-28 22:38 | インターバル
Ely(イリー)・Peacocks Tearoom
日帰り旅の最終日は
Ely( イリー)にある「Peacocks Tearoom」を訪ねました


「Ely」の地名の語源は「ウナギ」 英語のEELだといわれています
今でも イリー(イーリー)の町の紋章には、目のぎょろっとした 東洋の龍の様な
ウナギのデザインが使われているとか・・・そのいわれには 様ざまな説がある様です




ロンドン・「キングスクロス駅」から 大学で有名な「ケンブリッジ」を通過し・・・
1時間余りで・・・「Ely」に到着!
c0079828_2104262.jpg



可愛い駅ですね~
c0079828_0575326.jpg


さ~て! ・・・・ どっちへ行ったらいいのかしら?
方向音痴の私は地図を見るのが結構苦手・・・
駅前に大きなスーパーマーケット「TESCO」があったので
そこの親切そうなおじさんに地図を見せて聞いてみましたら・・
仕事中にも関わらず・・大きな通りまで出てきて 親切に教えてくれました

・・・・「こっちでいいのかな?」半信半疑で・・・人通りのない道をテクテク・・・
「あ~~!あった・・遠くに看板が・・・よかった!!」
c0079828_134874.jpg

中々ロケーションもすばらしいところにありました
c0079828_192699.jpg

c0079828_14323.jpg


中に入ってみましょう・・・
c0079828_1101862.jpg


店内は それほど広くないのに お客さんはいっぱいです・・
c0079828_1124844.jpg


2007年・イギリスのNO.1に選ばれたティールームだけあって さすが混んでいます  
メニューにもNO.1になった写真が掲載されていました
紅茶の品揃えもさすがに多く 充実していました
c0079828_1164937.jpg


私が注文したのは「アフタヌーンティー」 紅茶はダージリン1st
c0079828_1185096.jpg

サンドウイッチは4種類(きゅうり・ゆで卵と貝割れ・スモークサーモンとクリームチーズ・ハム)
レーズン入りスコーンはやや小ぶりで2つ・クロテッドクリーム&ラズベリージャム付き
ケーキは伝統的なイギリスの焼き菓子(バナナケーキ・キャロットケーキ・チョコレートケーキなど)の中から1つ選びます
私はリンゴとくるみのケーキ いちご&クリーム添えを注文しました

どれもティーフーズは美味しかったのですが・・・
このティーセットが運ばれてきて・・びっくり!!
c0079828_132462.jpg

ティーポット・カップとソーサー・ミルクジャグ・全て絵柄がばらばら・・・
こんなの・・・初めてでしたので 本当に驚きました

でも3段のお皿は・・・スポードの古いウイロウパターン(アンティーク)でしたが・・・
c0079828_15317100.jpg


もう一つ びっくりしたのは・・・
by karibu-chai | 2008-05-27 01:49 | イギリス | Comments(20)
ダージリン1stフラッシュを愉しむ + α
先週5月13日(火)と17日(土)は
「カリブチャイ」のティーセミナー・「シーズンティーの愉しみ」
恒例『ダージリン1stフラッシュを愉しむ会』 + 4月の『イギリス報告』でした

c0079828_044260.jpg

c0079828_7185836.jpg

c0079828_054542.jpg


今回テイスティングしていただいた1stは・・・
「マカイバリ」<上記写真>・「キャッスルトン」「プッタボン」「ジャンパナ」
の4種類の茶園のもの・・・
c0079828_085047.jpg
見本の中には2ndフラッシュ・オータムナルも比較の意味で入れてあります


ダージリン1stは 和菓子ともよく合うので 
「落雁」や「餡きり」「おせんべい」なども召し上がりながら 
テイスティングしていただきました


@@有機農法で実績を上げている「マカイバリ茶園」の取り組みをDVDで鑑賞・・・



その後は ロンドン郊外のティールーム巡り・日帰り旅の報告をご覧いただきながら
「ティータイム」 ・・・ 今回のティーフーズ・先ずは「サンドウィッチ」・・・
c0079828_0225253.jpg
今回のサンドウィッチは 去年「Top of Britain」に選ばれたティールーム 「ピーコックティールーム」でいただいたサンドウイッチを参考にしました
「キュウカンバー」「クリームチーズ&スモークサーモン」「ハムとクレソン」




そして今回は スコーンの代わりに ヨークシャー地方の焼き菓子
「ヨークシャーファット・ラスカル」のレシピが手に入り 作ってみました 

(チェリーが目・アーモンドが歯で顔を表現しているとか・・笑っているようでもあり怒っているようでもあり)・・
c0079828_0534066.jpg

c0079828_0342552.jpg


      ちなみに↓こちらはBetty'sの「ヨークシャー・ファット・ラスカル」です
c0079828_0364291.jpg


周りのサクサク感はBetty'sと同じ・・・皆さんに好評でした!
味はスコーンより甘めで レーズン・ピールなども入り
シナモン・ナツメッグなどのスパイスも効いていて 中々美味・・
バターでいただきます


そして イギリスの代表的な焼き菓子「キャロットケーキ」(自作)と
Betty's で求めた「フルーツケーキ」を少しづつカットして・・・
c0079828_0544632.jpg

c0079828_0525093.jpg


「カリブチャイブレンド」と一緒に 召し上がっていただきました

この時期「カリブチャイ」の看板娘は?
by karibu-chai | 2008-05-22 01:15 | セミナーorイベント | Comments(14)
バトン … 回ってきました
数日前に ほとんど同時にお二人から
『バトン』 が回って来ました
一人は いつもウイットに富んだ軽快で楽しい&素敵な写真で愉しませて下さっている「akkochan-sukisukiさん」
もう一人は すばらしい手仕事の職人・・特にビーズの作品がすばらしい
「k-cocoさん」

akkochanは 私のイメージカラーを「常盤色」だとおっしゃいました・・・
過分なお言葉も添えて下さって・・・
常盤色(?)と思われる色使いをしているC/Sは・・・こんな感じ?
c0079828_04154.jpg
100年以上前・ヴィクトリアン・エインズレイのトリオ




k-cocoさんは 私のイメージカラーを「イエロー」だとおっしゃいました・・・
k-cocoさんも過分な評価を・・恐縮です
c0079828_092729.jpg
1925年・ロイヤル・アルバートのトリオ(ボーンチャイナ)


どちらも好きな色です・・・ありがとうございます~♪
上記の2つのカップ&ソーサーのトリオは「カリブチャイ」のショップからご紹介しました



それでは 始めます・・・

1. 名前の由来は?   
   karibu-chai [カリブチャイ]  これは東アフリカの公用語スワヒリ語で
   『お茶をどうぞ!!』 という意味
   紅茶周りのアンティークスと東アフリカの紅茶の店
   「Karibu Chai Tea & Antiques」から・・・とりました
   東アフリカと紅茶とアンティークの関係をモット知りたい方は
   私のブログの最初から読んでいただければ・・解ります!
   お時間のある方は どうぞよろしく・・・

2. 恋人・・・   
   思うのは自由なので・・・今は「ケビン・コスナー」 
   中学の頃は「トロイ・ドナヒュー」に夢中でした
   「サーフサイド6」や「ハワイアン・アイ」の・・・
   あ~知ってる!っていう人は同じ世代ですね・・・
   でも・・・今現在 一番安心できる人は ・・ つきなみですが「夫」かな!


3. 好きなタイプ・・・   
   人生に目的を持って 前を見て一生懸命 楽しそうに努力している人
   男の人の場合 おしゃべりは基本的に・・引きます・・・
   男女とも 年を重ねるごとに 品が出てくるような人は理想的!


4. よく読む漫画・・・   
   全然読みません 昔小さい頃は「サザエさん」は時どき読んでました


5. 好きな音楽・・・♪   
   これはいっぱいあります * JAZZからクラッシックまで・・・演歌も好きですよ!
   昔歌手になりたくて・・
   マーサー三宅さんのヴォーカルの先生・故水島早苗先生(日本のジャズ界の
   草分け的存在)に師事していました
   1970年の大阪万博で 水島先生と藝大の民俗音楽の教授・故小泉文夫先生が
   「お祭り広場」で「アフリカ祭り」をプロデュースし そのお手伝いをしたのが
   私が東アフリカに興味を持ったきっかけです ・・・  
   それが原点で今に至っているので 人生はおもしろいな~と思います
   クラッシックで一番好きな曲は ショパンの「ノクターン20」・・胸キュンです
   JAZZ・ボサノバ・シャンソン・カンツォーネ・ミュージカル・演歌・・・特にひばりさん
   カラオケ行くと「乱れ髪」と「悲しい酒」おはこです・・
   今の若い人のは・・・ほとんど解りませ~ん!


6・ 好きなブランド・・・   
   バッグはここ数年ず~っと「和光」に落ち着いています
   服は特にありません 
   着まわしがOKで、アレンジしやすい物なら・・なんでも!ユニクロも好きです。
   スカーフなどの小物やアクセサリーでイメージを変化させています

7. 次にまわす人のイメージカラー・・・   
   私はリンクさせていただいている方が少ないし 皆さんお忙しそうなので
   これは割愛させていただこうと思います
   悪しからず・・・
   
   
         お付き合いいただき ありがとうございました 


 
by karibu-chai | 2008-05-21 01:27 | 楽しい | Comments(6)
思い出の地・Brighton(ブライトン)
思い出の地・Brighton・・・そう呼ぶにはちょっとした理由があります

今から8年前 29年ぶりに訪れたイギリス・・・
その時は古くからの友人と2人旅でした 
一日ロンドンを離れ「バース」に日帰りで出かけました
帰りに乗った列車・・いつまでたってもロンドンに着かないのです
おかしいな?と思いながら・・・とうとう・・終点は何と「ブライトン」でした
もう夜はトップリと暮れ時計は10時近く・・・親切なカップルに教えてもらって
その日の内に無事ロンドンに戻れましたが・・・
そんな訳で。。。ブライトンに来たのは2度目
でも街を見るのは初めてだったのです・・・
c0079828_125186.jpg


ブライトンはロンドンから僅か85km
イギリス海峡に面した人気のリゾートタウン・・・
リゾート地としての歴史は イギリスでは最も古いとか・・・
1750年ごろにはロンドンの上流階級の人々の保養地としてにぎわっていたそうです



ブライトン駅から20分ほど歩くと そこはもう海岸線でした
c0079828_1104092.jpg

c0079828_111619.jpg

c0079828_1113025.jpg

c0079828_1123463.jpg


一日の仕事を終えた人々が 日の長いこの時期を楽しんでいました
c0079828_1155054.jpg



私も小腹が空いたので・・・一休み・・・
c0079828_119792.jpg



本当はロマンチックなブライトンの夕暮れを見たかったのですが・・・
隣に誰もいないし・・・日没の時間まで待っていると遅くなるし・・・
フライドポテトを食べてから

c0079828_123172.jpg


日が傾きはじめた海岸を後に・・・駅に向かいました

今度来る時は 誰か素敵な人が隣にいるといいな~
by karibu-chai | 2008-05-20 01:28 | イギリス | Comments(12)
Rye/St.Mary’s Church & etc.
中世の姿を今にとどめている石畳の街"Rye(ライ)"
イギリスで 私が今までに訪れた街・村には必ず「教会」がありました
ここライにも 坂の上には "St.Mary's Church(セントメリー教会)"があり
c0079828_0265353.jpg

2003年に生誕「900年」の記念を迎えたというボードが掲げてありました
c0079828_0272316.jpg


中に入ってみると・・・丁度パイプオルガンの生演奏が・・・


c0079828_030287.jpgc0079828_030598.jpg














900年以上も昔からこの地で 色々なことを見守り続けてきたこの教会・・・
とても荘厳な雰囲気です・・・・



この教会の「てっぺんからの眺めは・・・最高!」と聞いてきたので
料金2.5ポンド(約¥500)を払い・・階段を上がり始めました・・・

ま~狭い~!
c0079828_0393452.jpg

ヒト一人(オデブちゃんは無理かも・・・)がやっと通れる程の狭い階段
どんどん上がって行きます・・・
c0079828_042245.jpg

ここを上がりきると時計を動かしている「歯車」が・・・
c0079828_0432686.jpg


そしてさらに上がって行きます・・慎重に・・・
c0079828_0443499.jpg


この狭い扉を開けて・・・
c0079828_0483419.jpg


教会の塔まで 限りなく近づきました・・・・
c0079828_050169.jpg


360度 すばらしい眺めです・・・
c0079828_0511783.jpg

c0079828_0514484.jpg

c0079828_052322.jpg


ちょっと危険な格好で・・・「天使」を横からパチリ!!~ 恐~~い!
c0079828_0545183.jpg


あらっ?! 教会を修繕工事しています・・・
c0079828_115164.jpg


大事に・・大事に・・守られて今日まで来たんですね~

「高所恐怖症」ではない私ですが・・・さすがにちょっと緊張しました

慎重に階段を下りて・・・さて、一休みしましょう
by karibu-chai | 2008-05-17 01:22 | イギリス | Comments(18)
Rye(ライ)
c0079828_1125237.jpg

ヨーク日帰りの旅の翌日は 
ロンドン「チャーリングクロス駅」から「ライ」に向かいます

先ずは「アッシュフォード」まで行き 乗り換えます
c0079828_1174612.jpg

c0079828_118444.jpg


車内は空いていて・・・ママと話す子供の可愛い声が聞こえてきます・・
c0079828_1204463.jpg

c0079828_1242172.jpg


車窓からは のどかな景色が・・・生まれたばかりの子羊の姿が目立ちます
c0079828_1222631.jpg


そしてRye(ライ)駅に到着 
c0079828_1263056.jpg

結構かわいい駅ですね~♪
c0079828_1273275.jpg


インフォメーションでもらった地図を見ながら・・・
c0079828_1295937.jpg


イギリスで最も小さくて美しい街として人気があるRye(ライ)
レンガ造りの家々・・石畳の坂道・・・
こじんまりした美しい街並みは 半日もあれば回れてしまうほど・・
c0079828_1345825.jpg

ライの城壁の門・ランドゲート
c0079828_135497.jpg

かわいいティールームやアンティークの店も点在しています
c0079828_1362472.jpg



c0079828_139210.jpgc0079828_1393026.jpg












家族連れでどこも混んでいました・・・そうか!この時期春休みなんだ~

だけど・・・そろそろお腹が空いたな・・・

ランチはどこでしようかな・・・
by karibu-chai | 2008-05-15 01:59 | イギリス | Comments(18)
Bettys cafe Tea Room
York(ヨーク)行きの目的の一つ
憧れの 「Betteys cafe Tea Room」 にやってきました
c0079828_1371726.jpg

c0079828_141511.jpg

c0079828_1442645.jpg

c0079828_145559.jpg



「Bettys cafe Tea Room」の本店は ヨークより更に北の「ハロゲイト」の町にあり
その他全部で6店舗・・・創業は1919年・・・今のオーナは3代目
「ベティーズ」でお茶をする・・・これはイギリス人にとっても・・・
何か憧れに似た 懐かしい響きがあるようです


私は 午前10時半前には店に着きましたが
1Fのティールームは既に満席で並んでいました
c0079828_143063.jpg


私はB1に案内されて・・・さて何を注文しようかな?
c0079828_24493.jpg


黒いスカート・白いエプロンのスタッフ達は キビキビと楽しそうに立ち働いています
「この店で最もお勧めのお菓子はどれかしら?」と聞くと
親切に 丁寧に・・・教えてくれました
c0079828_210159.jpg


アフタヌーティーは重すぎるので・・・
ヨークシャー伝統の そしてこの店お勧めの中から一つは
「ヨークシャー・ファット・ラスカル」(チェリーが目・アーモンドが歯を表現してるらしい)
c0079828_2133761.jpg
(Yorkshire fat rascal)
ちょっと小さめのメロンパンぐらいの大きさ
スコーンの親戚のような食感ですが
周りはスコーンよりサクサクして
柑橘系のピールやレーズンも入り 
ちょっとフルーツケーキのニュアンスも感じられ とても美味しかったです
バターをつけていただきます


もう一つは「ヨークシャー・カード・タルト」
c0079828_225379.jpg
(Yorkshire Curd Tarts)
チーズの原料となる凝乳・ドライフルーツ・砂糖・卵等をよく練って焼いたタルトです
ヨークシャー地方の代表的なお菓子の一つ
コクがあるのにしつこくなく・・さすがベティーズの人気商品です



「紅茶」は『ベティーズブレンド』を注文しました
茶葉の内容は「ケニアとアッサムのミックス」ミルクティー向きでした



この店舗から少し離れたところに
「Little Bettys」 小さな支店があります
可愛いポットの看板が目印
c0079828_2525798.jpg

c0079828_254022.jpg

c0079828_2542653.jpg

c0079828_2544927.jpg


1919年に創業したスイス人の初代オーナーの精神を 今に受け継いで・・・
材料にこだわり ぬくもりのある丁寧な仕事・・・
そして 誇りさえ感じるスタッフの笑顔とあいまって 
このヨークシャーの「ベティーズ」は さらに愛され続けていくでしょう


「ベティーズ」の名前の由来を この「Little Bettys」で尋ねてみました・・・
とてもチャーミングな店員さんも・・・首をかしげて・・・そうしたら
丁度お菓子を買いに来ていた紳士が私に・・・
「どこからいらっしゃったの?日本!そうですか~ ベティズの名前の由来はね~
色々説があってね~・・・これは謎の方がおもしろいんだよ!!」って・・・
解ったような・・・解らないような・・・??
皆で大笑い~!
こんな会話も とても楽しい思い出となりました

by karibu-chai | 2008-05-10 03:08 | イギリス | Comments(18)