<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
トルコの紅茶・・・CAY・・・ ②
トルコにおけるお茶の消費量は 世界でも4~5番目ぐらいに多く
紅茶を一日に何杯も飲む国であると 前回お伝えしましたが・・・
その紅茶は トルコ国内のグルジアとの国境に近い「リゼ」で栽培され
国内の消費を十分満たす生産量があります
そして この地方での重要な基幹産業となっています


c0079828_16203862.jpg

スーパーに並ぶ茶葉は 大袋詰めのリーフが主流・・・
このスペース・・・ハンパな量ではありません!
いかに紅茶が トルコでは大きな地位を占めているか・・分る気がします・・・
c0079828_16224281.jpg



ティーバッグのコーナーは かなり狭いですね~
c0079828_16241393.jpg



いわゆるインスタントティーのような アップルティーなども人気があるようです
味は温かいアップルジュースみたい・・・
c0079828_162625100.jpg




家庭で淹れる一般的な方法は・・・
トルコ独特の『チャイダンルック』と呼ばれる
ステンレス製の二段重ねのポットを使用します
(これは私がトルコで買ってきた「チャイダンルック」と「チャイバルダウ」(チャイグラス)
c0079828_16323654.jpg


淹れ方:
先ず チャイダンルックの下のポットに水を入れて火にかけます
湯通しした上のポットに茶葉を入れたら 
下のポットのお湯を茶葉が浸るくらいに加え 10~15分火にかけます
受け皿のついたチューリップ形のグラス「チャイバルダウ」に茶を入れ
好みの濃さに下のポットのお湯を使って調節し 角砂糖を添えます
美しい「ウサギの目の色をした水色を楽しむ」ために・・・
透明なグラスを使用すると言われています


トルコには甘~~いお菓子も色々種類があり・・・
ヨーロッパ菓子の原点であるとも言われています

その中でも トルコ名"LOKUM"はトルコの数あるお菓子の中でも有名なもの
これは中にトルコ特産の「ピスタチオ」が入っています
c0079828_16443225.jpg

欧米では「ターキッシュデライト」の名で有名ですね・・・



****
   9月末に予定している 「トルコ紅茶を愉しむ会」 の時には 
          このお菓子を皆様に 召し上がっていただこうと思っています
                                             ****

イスタンブールのバザールには美しい「チャイバルダウ」が色々売られていました・・
by karibu-chai | 2008-07-28 17:48 | 紅茶or紅茶周り | Comments(21)
トルコの紅茶・・・CAY・・・ ①
トルコは アラビアン・ナイトに出てくるコーヒーの方が有名ですが
一人当たりのお茶の消費量では 年間2410gで
世界でも4~5位に入るくらい紅茶を飲む国なのです

そしてトルコにおける「茶」の歴史も古く
シルクロードを行き来する貿易商人によって伝えられました

トルコの人達は 一日に何杯も
「チャイバルダウ」というチューリップ形のグラスに茶を淹れて
トルコチャイと呼ばれる紅茶を飲みます

今回 私も色々なところで CAYを飲む場面に遭遇しました

ホテルの朝食では・・・
c0079828_1792751.jpg

濃い紅茶が入っているポットからグラスに半分ぐらい注ぎ 
                            蛇口をひねってお湯を出し薄めます
c0079828_17102374.jpg
c0079828_1711485.jpg






フェリーの船上では・・・
c0079828_1719839.jpg

c0079828_17193575.jpg



ドライブインでは・・・一杯 1トルコリラ=¥100ぐらい
(ネスカフェというのは『インスタントコーヒー』のこと)
c0079828_17201895.jpg

c0079828_17211851.jpg



街中でも・・・
c0079828_17241963.jpg

c0079828_17244675.jpg




そして「ポスフォラス海峡クルーズ」の船上では・・・
c0079828_17254697.jpg

c0079828_17262215.jpg

このおじさん・・・誰も注文していないのに・・
たくさんのCAYを淹れて運んで来てくれました
気が利くな~・・・サービスなのかと思ったら・・・
しっかり 一人1・5 トルコリラ 払わされました・・・
でもCAYを飲みながらのクルージングは最高でしたよ!
c0079828_1740835.jpg

c0079828_17454162.jpg





トルコの家庭では どんな風にしてCAYを飲むのでしょう?
そして・・・その茶葉は・・・輸入しているのかしら?
それについては・・・又次回に・・・
by karibu-chai | 2008-07-24 17:42 | 紅茶or紅茶周り | Comments(16)
トルコ・・・あ・ら・か・る・と 
「Tea & Antiques」なのに・・・
この頃は 旅行記の記事が多く これでいいのかな~?なんて思っておりますが・・・
それなりに マイペースで本業もさせていただいていますので・・
もう少し 「トルコ」のお話させてくださいませ

『文化の交流地点』であったトルコは 
オランダかと思った「チューリップ」の原産国であったように
「え~~っ!そうなの?!」と思うものがたくさんありました

その一つが 今盛りだった これ!「さくらんぼ」もトルコが原産
c0079828_8432495.jpg

c0079828_8434665.jpg
私たちが「アメリカンチェリー」と呼んでいる種類の「さくらんぼ」が かなり栽培され 
たくさん かわいい実をつけていました
街の果物やでも路上でもよく売られていて 私も買っていただきまた・・・
新鮮でふっくら・・・とても美味しかったです
さくらんぼのジュースやさくらんぼジャムも売っていました








そして 「ブルガリア」が原産かと思った「ヨーグルト」もトルコがルーツ!
c0079828_8582544.jpg

ホテルの食事にも色々な種類のヨーグルトが並んでいることが多かったです
地図で見ると ブルガリアとトルコはとても近い距離に位置していますね・・・
昔トルコに来たブルガリア人が 本国に伝えたそうです・・・

「アイラン」という名の 塩味のヨーグルトドリンクもありました!


「世界三大料理」の一つとして有名なトルコ料理でしたが・・・
以外だったのは野菜や果物が豊富だったこと・・・
しかし・・料理の味の方は・・・私の好みには・イマイチ・でした
何で・フランス・中国・に並んで「世界三大料理」なのかと調べたら・・
「前菜」から始まって 「デザート」までちゃんと出てくるからだそうです
でも これは「好み」の問題なので・・・
あくまでも 私個人の嗜好ですので・・・

街のスナップを少し・・・
by karibu-chai | 2008-07-21 09:47 | | Comments(20)
トルコタイルに魅せられました・・・
再びトルコ最大の都市「イスタンブール」へ・・・
「ブルーモスク」の名で有名な世界遺産・・・正式の名は・・・
「スルタンアフメット・ジャミイ」
c0079828_2319919.jpg


違った角度(アヤソフィア側)から見ると・・・
c0079828_8521378.jpg



スルタン・アフメット一世によって1609年から7年の歳月をかけて建造された
モスク(モスクはトルコ語で「ジャミイ」と言います)
高さ43m・直径23.5mの巨大ドームの周囲に
世界で唯一6本ものミナレット(尖塔)を持つイスラム寺院で
オスマントルコ建築の極みと言われています
内部の装飾に使われている
イズニック産のブルータイルが あまりにも美しいところから・・・
いつしか ヨーロッパ人から「ブルーモスク」と呼ばれるようになりました




内部の見学は・・靴を脱ぎ・・
肌が露出している人は貸し出しのストールを掛けないと入れません・・
c0079828_23311389.jpg

内部全体は ステンドグラスとブルーを基調としたタイルで装飾されています

c0079828_23335743.jpg



中でも 一つ一つ手描きをされて作られたという「モスクのタイル」・・・
これはまさにアートの世界でした・・・


翌日訪ねた もう一つのモスク「リュシュテムパシャモスク」では 
もっと身近に たくさん見ることができました

「リュシュテムパシャモスク」は「ブルーモスク」より古く16世紀半ばに建てられました
by karibu-chai | 2008-07-17 00:34 | | Comments(14)
"お菓子を美味しく撮ろう"~同期の研究会~
トルコ報告の途中ですが・・・ちょっと小休止・・・

今年一番の暑さとなった昨日・・・それも朝10時から・・・
我が「カリブチャイ」で 
同期のティーインストラクターの研究会がありました
テーマは「お菓子を美味しく撮ろう」
講師は(社)日本広告写真協会会員で以前「写真教室」をなさったこともある
「関 健一先生」
c0079828_9493922.jpg

先ずはデジカメの簡単な説明と
基本的な撮り方のコツを教えていただきました

そして・・・
皆さんが手作りして持ち寄ったケーキやスコーン・ゼリーなどを題材に
実際個々のデジカメで撮影開始・・・


光を取り入れる反射板を使ったり・・
c0079828_9533810.jpg



バックからポイントの光を取り入れたり・・・
c0079828_9545936.jpg


ご指導を受けながら撮った「スイーツ」たちです
c0079828_10184028.jpg



c0079828_10203868.jpgc0079828_10211815.jpg








c0079828_1022412.jpgc0079828_10223187.jpg










紅茶の透明感のある水色を出すのが難しい!
c0079828_10242960.jpg


これはちょっと失敗・・・暗すぎました
c0079828_10255914.jpg



そして最後は・・・
c0079828_10262552.jpg

     ・
     ・
     ・
     ・

実習の後は 手作りスイーツと 
私が作ったサンドウイッチで ランチティータイム!
先生を囲んで色々質問やデジカメ談義に花が咲きました・・・
短い時間でしたが 有意義な研究会になりました


暑い中ケーキ等前日から準備してくださった方がた・・・
お疲れ様でした


美味しかった!!
by karibu-chai | 2008-07-13 10:38 | 素敵な体験 | Comments(26)
夏は○○のシーズン!
遺跡のお話が続いたので・・・
少し気分を変えて・・・別のお話です

イスタンブールの街でよく見かけた
「正装した男の子」
c0079828_23572189.jpg


こちらも・・・観光客の撮影にいいお顔で応えて・・・「ハイ!ポ~ズ」・・・
c0079828_23584444.jpg


暑いこの季節に ちゃんと正装し・・
これは一体何? 王子さまの仮装コンクール?
いいえ~


『割礼』です

トルコではこの時期 夏は「割礼」のシーズンだそうです・・・

割礼とは:
男児の生殖器前部の皮を切りとることを言います

トルコにおいて 男児は一般に2才~14才の間に割礼を行います
「割礼」する免許を持った外科医によって施術されます
割礼は宗教的意味を含み これをすることによりイスラム教の
正式な新しい一員になるとも考えられているため
割礼の儀式は 親類縁者を招き「宴」として行われるそうです
又手術中は痛みや恐怖から気を逸らすために
音楽を奏でたり・・ピエロが出てきたり・・


でも・・想像するだけでも痛そうですよね・・・



そんな訳で 帽子をかぶり 特別の衣装に身を包んだ男児達・・・
後で痛い思いをするのを・・・知るか?知らずか?・・・
でもイスラム教99%のトルコにおいては
一人前の男になるための大事な関門! 
そして・・・
もう少し大きくなれば 
徴兵制度もあります

このあでやかな「割礼」の衣装は・・
さしずめ日本の「成人式」の晴れ着のようなものでしょうか?
by karibu-chai | 2008-07-11 00:31 | | Comments(19)
2つの世界遺産 「パムッカレ」と「カッパドキア」
「PAMUKKALE」パムッカレとはトルコ語で「綿の城」という意味
有名な石灰棚の温泉が広がる~
c0079828_17191324.jpg

c0079828_17204843.jpg


豊富なカルシウムと二酸化炭素を含んだ温泉が地表を流れ落ちる時
石灰質のみが崖に残り 一面が真っ白い石灰棚となったのです



観光化が進んで たくさんのホテルが温泉を引くようになり
最近では湯量が減り 流す量を調節しているとか・・・


一部は観光客のために解放されているので
靴を脱いで 足をつけて楽しめます・・・・ 
c0079828_17275388.jpg

きゃ~! 気持ちいい~ 滑らないように・・・気をつけて~
水温は35℃ぐらい・・・ 丁度いい湯加減でございます


c0079828_17354191.jpg

この石灰棚をのぞむ丘の上に
ベルがモン王国やローマ時代の遺跡があり
そこから出土した様ざまなものもが展示されているミュージアムもありました

さて次は 有名なカッパドキアに向かいます・・・
by karibu-chai | 2008-07-08 18:13 | | Comments(16)
トロイの遺跡 + エフェソス(エフェス)
トルコは地図で見ると
北は「黒海」 西南は「エーゲ海」「地中海」に囲まれています
そしてアフリカ大陸・ヨーロッパとも近距離の位置にあり
東はアジア(シルクロード)に通じています ・・・・

そんな訳で トルコは文明の交流地点 
長い歴史の中で 様ざまな分野で影響を受けてきました


イスタンブールを出て「エーゲ海」「地中海」沿いに進んで行きます
先ずは世界遺産の「トロイ」
c0079828_8521226.jpg

誰でもこの「木馬」は 一度は写真などで目にしたことがあると思うのですが・・・


「トロイの遺跡」
紀元前3000年前から紀元400年までの間
繁栄 衰退を繰り返してきたトロイ ・・・ 
その軌跡を今に伝える遺跡は 9層にもなっていて 
入り口には 巨大な木馬が再現され 第6市時代の城壁に囲まれた内部には
アレキサンダー大王ゆかりのアテネ宮殿(大9市時代)などがあります
又「トロイ」と言えば ホメロスの叙事詩イーリアスに書かれた
「トロイ戦争」の舞台としても有名です


c0079828_9331681.jpg

地震で崩れた後に又再建し続けて・・・9層にもなったそうですが・・・
地震に弱いこの地に再建するのは 余ほど立地条件がよかったのでしょうけれど・・
ちょっと信じられないことですね~!

c0079828_9371719.jpg

断層が見てとれます・・・


c0079828_938348.jpg

「聖域」と言われる 儀式に使われた場所


c0079828_9441621.jpg
 
「小劇場」跡・・・
「大劇場」もあったらしいのですが 完全に崩壊してしまったようです



c0079828_9491171.jpg

遺跡内にあった 大きな・大きな「イチジク」の木・ベンチと比較すると大きさが分ります          
          ・
          ・
          ・


その日の夕刻 エーゲ海の日没・・・・ 美しかった!!
c0079828_1031329.jpg


      翌日はローマ帝国時代の東の都だった・・・「エフェソス」の遺跡に行きました
by karibu-chai | 2008-07-06 10:40 | | Comments(10)
先ずはイスタンブール到着
c0079828_052344.jpg

成田から「トルコ航空」直行便で約12時間半
イスタンブールに着いて・・・

まだ日没間際だったので 友人と3人で街に出ました
日の入りは8時過ぎ・・・
ガラタ橋周辺に来た時は 既に陽も落ちて・・・
c0079828_0575649.jpg

近くの「モスク」もライトアップされ
橋のレストラン街は 週末を楽しむ人々が集っていました


橋の上では・・・夜釣りを楽しむ人々が・・・
c0079828_10319.jpg


どんな魚が釣れるのかな・・・?
c0079828_114239.jpg



そろそろ・・ホテルに帰ろうかと戻り始めたら・・
~~いい に お い~~
c0079828_132492.jpg

これが 有名な「鯖サンド」屋さんか~
おいしそう・・・・
c0079828_143346.jpg

c0079828_15644.jpg

バゲットに焼いた鯖と野菜をはさんだ「鯖サンド」
食べたかったのですが・・・
旅は始まったばかり!
お腹のことを考え・・・ぐっと我慢しました


それにしても国民の99%がイスラム教徒のトルコ
それなのに・・・街の中に イスラム独特のアラビア文字がない・・・

やはり アンカラを首都とする新生トルコ共和国は 
「政教分離」 ヨーロッパの近代化を手本として発展してきたんだ・・・と
改めて納得したり ・・・・
不思議な第一印象の トルコ初日となりました
by karibu-chai | 2008-07-02 01:14 | 素敵な体験 | Comments(14)