<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
yossha~よっしゃ~!!
ロンドン入りした翌々日早朝から
連続1週間は 
アンティークハントに出かける毎日

いつも朝早くホテルを出るのですが

鏡に向かって

よっしゃ~!!047.gifって、気合いを入れて
ポーズしてから出かけて行きます


先ず初日7日(木)はロンドンから列車で
約1時間半ほどののニューアークまで
(2ヶ月に一度開催・ヨーロッパ最大規模)
c0079828_15124761.jpg




翌8日(金)はバーモンジー…寂しくなりました
一時の盛りは…どこへやら~近くの倉庫も取り壊しの状況~
c0079828_1516389.jpg




毎週土曜日は おなじみのポートベロー
c0079828_1518429.jpg
私はいつも朝8時前には到着…
お昼前には多くの観光客も集まって
中々前に歩けません~




毎月第一日曜日開催(今回はうまく予定が合いました)
ヴィクトリア駅から12分ほどの
ROYAL HORTICULTURAL HALLでのアンティークフェアー
c0079828_15244831.jpg




毎週月曜日はコヴェントガーデンの
ジュビリーマーケット!
c0079828_15301198.jpg



そして 翌火曜日は(通常毎月第2・第4火曜日に開催される)
ロンドンから列車で約1時間強の ケンプトン競馬場へ・・・・
c0079828_15325080.jpg




中・1日空けて…毎週木曜日は…
リバプールストリート駅から徒歩5~6分の
オールド・スピタルフィールズ・マーケット今回初めて行きました
c0079828_2210824.jpg

会場は現代ものの服やアクセサリーを中心に売る会場と…
アンティーク&ヴィンテージものが並ぶ会場とに分れていました



今回は2ヶ月に一度の大きなフェアーが数会場であったため
ロンドンのアンティークフェアーもいつもの週より
随分と多く人出があったようです


割れものというリスクを抱えながら008.gif 
ずっしり肩に食い込む重い荷物との戦いが終わると~

(自分にお疲れ様を言って)


そのあとはリラックスタイムが待っています043.gif


さ~今回は何処へ行ったのでしょう…
   続きます
by karibu-chai | 2010-10-28 15:48 | イギリス
COCOMAYA
c0079828_13594987.jpg

c0079828_13374457.jpg

私が常宿にしているホテルからも6~7分の距離にある
どちらかというと…
アラブ系の人たちが多くすむエリアではあるのですが…


その大物は…
c0079828_1341644.jpg
この写真の奥にお巡りさんが2人立っているでしょう…
そこに住んでいるんですよ!


その大物は又最後にお教えしますね


COCOMAYAの店内は
c0079828_13425896.jpg
隣同士で2店舗あるようでしたが
こちらはパンや焼き菓子・・そしてサラダバーがあり
店内でも屋外でもいただけます
take outもOK!


c0079828_1431898.jpg
私はスコーンとチーズが折り込んで焼いてあるパン
(画像はありませんが)サラダと紅茶を注文しました

スコーンについてくる
このグラスに入ったクロテッドクリームと
リンゴジャムがちょっと変わっていたかな・・・?

それにもっと珍しいのは
この手のカフェで紅茶がティーバッグでなくてリーフティーだったこと

それもボンドストリートにあるユニークな茶葉を売る店
c0079828_1492041.jpg

私も数年前に訪ねたことがあるPOSTCARD TEASのものでした

Mさんと…
結構暖かかったので 外のテーブルでいただきましたが
つもる話はendress~色々相談にも乗っていただきました

シノワズリーっぽい大きめのポットでしたが
ティーコージーがないと直ぐ冷めてきてしまい残念でしたが
そこそこ…美味しかったです


隣の店舗には
c0079828_14175548.jpg
チョコレートを中心にスイーツが並んでいて
奥のケースには
オーナーが好きな 
アンティークのテーブルウエアーが色々ディスプレイされていました


3人のユニークなオーナーがいるこのCOCOMAYA
最後はアンティークの話で盛り上がり

Mさんとは又お会いするお約束をし サヨナラしました

さて 大物とは…?
by karibu-chai | 2010-10-26 13:25 | イギリス | Comments(12)
2010・カリブチャイ4周年イベント&X'masセミナーのご案内
c0079828_931474.gif

    2010年「4周年記念イベント」と
        「クリスマスセミナー」のご案内





「カリブチャイ」4周年記念イベント
日時 11月13日(土)・11月16日(火) 
13:30~15:30 

(カリブチャイの紅茶のお土産付き)終了しました

「カリブチャイ」のアニバーサリー・イベントでは、毎年、生演奏と旬の紅茶で愉しむ「お茶会」と「アフタヌーンティーにまつわる話」をご紹介させていただいています。
今回は3年ぶりにソロのハープ&ソングスの渡邊真位さんをお迎えして、美しいハープの演奏と澄んだ・弾き歌いをお愉しみいただきます.
「アフタヌーンティーにまつわる話」では…2002年3月に101歳で亡くなった、現英国女王エリザベス2世の母后(王太妃)の王妃時代、実際使用されていた「イギリス・パラゴン窯製のティーセット」がカリブチャイのシンボル製品であることにちなんで…皇太后さまの大好きだったケーキやお茶を召し上がっていただきながら、様々なエピソードも交え、ご紹介したいと思います。
(皇太后さまが後の王・ジョージ6世との新婚旅行に行かれた、現ナショナルトラストの管理地となっている“Polesden Lacey”も訪ねましたので、その模様も動画や写真でご紹介します)

演奏家のご紹介    渡邊 真位 Mai Watanabe
c0079828_10194868.jpg

宮崎県出身。幼少よりハープを習い、後に声楽を学び音楽の道を歩み始める。
国立音楽大学声楽科にて、小川雄二氏に師事。同時にヨセフ・モルナール氏のコンセルヴァトアールにてハープを学ぶ。ハープの弾き歌いにおいて独自の世界「Harp&Songs」を確立。現在、ハープ演奏および声楽を後進に広く指導している。オペラやシャンソンも歌いこなす声量、心にあたたかく響く声質。そこに独特なハープの音色と派動をあわせて、聴衆をしあわせな気持ちにしてくれる力をもつと定評がある。湯川れい子プロデュースのコンサートでの演奏活動をはじめ各地でのライヴコンサートのほか、アットホームなフィールドでも活躍中。朗読とのコラボレーション、Jazzバンドとのセッションなど、斬新なハープの演奏活動を展開中


c0079828_10101678.gif

ラーで愉しむクリスマス
日時 12月11日(土)・12月14日(火)  
13:30~15:30

講師はカラーファッションアドバイザーの 佐藤 和恵さん

クリスマスに向けて イメージアップしませんか?
なにかと、人に会うことの 多い季節、本来のあなたが持っている
ファッションタイプに気がつくことで、いつもより素敵なあなたに変身しましょう!
   前半は、クリスマスカラーとファッションタイプのお話
   後半は、Q&Aで、ご相談にお応えします。


佐藤 和恵さんプロフィール
カラーファッションアドバイザー ・パーソナルカラーアドバイザー
日本パーソナル協会員 ・ 日米『テーストスケール法』認定感性アナリスト
AFT色彩会員  (自宅にてパーソナル診断も行っていらっしゃいます)
日本でも数少ないレベルアップした資格をお持ちの先生です。この機会をお見逃しなく!

ティータイムでは・・・
イギリスで仕入れてまいりました数種類の今年のクリスマスティー…
グリーンティーベースやドライフルーツなど…目でも愉しめる様々なクリスマス用の茶葉も、今回はいつもと違った視点でお愉しみいただけます。全て試飲していただきながら、イギリスで求めてきたものも含め・クリスマスティーフーズで、一足早く香高いクリスマス気分を満喫していただけたら…幸いです。

お申し込み方法
電話・FAX・Eメール等にて 先着順で受け付けます

定員:「4周年記念イベント」は各回12名・「クリスマスセミナー」は各回10名

会費:2回(11月イベント&12月クリスマス)ともお申し込みの場合 ¥12.000
  1回目(11月)のみは・¥6.500 ・2回目(12月)のみは・¥6.000

(会費はお申し込み後、お知らせいたします2つの口座いずれかより振込みをお願いいたします)

連絡先  電話&FAX: 03-3331-1198  
Eメール:karibu-chai@mbp.nifty.com

皆様のお申し込みを心よりお待ちしています

by karibu-chai | 2010-10-26 10:21 | セミナーorイベント
Londonで 45年ぶり?の再会…
珍しくLondon入りした翌日は雨057.gif
ショーウインドウはすっかり秋の装いです
c0079828_21433861.gif



しかしそこは晴れ女058.gif
c0079828_21454383.jpg
お昼前にはすっかり雨も上がり
思ったより暖かい気温…
まだハンギングの花々も~風~に揺れていました


いつも…出来れば余裕をもって
活動を開始する一日前にLondon入りするのですが…

今回はその目的と…もうひとつ
約1/2世紀・45年ぶりにある方とお会いする約束をしていました


その方は…
高校時代の演劇部の3年先輩・Mさん
そのきっかけは
今夏の同演劇部・OB/OGの夏合宿でした

息子のお嫁ちゃんの10年来の友人Fさんが
同演劇部の1年先輩だったことが分った~!
あの005.gifサプライズの合宿でした

Fさんから~
Mさんが有名な某劇団の演出部で長いこと活動した後
奥さまがイギリス人であったことから
イギリスに移り住んで、今はロンドンでお仕事しているとのお話を伺い…
それでは是非お目にかかりたいと…メールを差し上げ
図々しく彼の事務所にお邪魔させていただいた…ということでした


高校時代には数回だけお目にかかっただけでしたが…
お互い(Mさんはどう思われたかわかりませんが…)
いい年になって…ご対面!!
とても温かく迎えてくださいました


しばしMさんのofficeでおしゃべりした後
遅めのランチに出かけました
連れて行って下さったのは
結構ビックリの超大物の住まいも近いこちらのカフェ~
COCOMAYA
(日本の雑誌にも紹介されて人気とかで…)
c0079828_2271687.jpg



さて…その大物って誰でしょう?          

           それはこの次に続く
by karibu-chai | 2010-10-23 22:12 | イギリス | Comments(6)
ただいま~昨日・LONDONより戻りました~!
c0079828_1735388.jpg
例年より紅葉が遅い感じの
LONDONケンジントンガーデンです

朝晩は冷え込むものの…
昼間は陽が射すと 
暖かい日も多かったです



今回は…
c0079828_1740134.jpg
夜のLONDONで
久しぶりに2回ミュージカルも観ました


c0079828_17515420.jpg
そして…
2008年4月にイギリスのBest Tearoom に選ばれ
UK’s Top Tea Place 2008を受賞した
コッツウォルズ・ウインチカムにあるこのティールームにも行きました!


その他 色々楽しいこと沢山ありました!!


2週間のイギリス報告は
又徐々に…マイペースで綴っていきたいと思います


よろしければ お付き合いください
by karibu-chai | 2010-10-20 17:44 | イギリス | Comments(12)
もうすぐ4周年…
季節外れの画像で失礼します

c0079828_1172950.jpg
こちらの画像からスタートした私のブログ…
カリブチャイを始めるにあたって~
どうして「紅茶」と「アンティーク」と「東アフリカ」・・・?   を
綴ってみたら~と…
カリブチャイをデザインして下さったデザイナーさんの勧めで始めました

  それから早4年半・・・

マイペースで続けてまいりましたが…
お陰様でブログを通じての友人も大分増えました

そして「カリブチャイ」も もうすぐ4周年です


4周年のために 今日から又イギリスに行って参ります
アンティークハントとセミナーの取材です



カリブチャイの最新情報」でもお知らせしたように
11月初旬までお休みをいただきます


More
by karibu-chai | 2010-10-05 01:38 | ごあいさつ | Comments(6)
カスタードの話
私の大好きなものの一つに「シュークリーム」があります
それも中身は「カスタードクリーム」の入ったものがベスト!

カスタードプリンなど…気軽に<カスタード>という言葉はよく使いますが
     
   *

このカスタード
イギリスではカスタードと言えば
「プディング」に伴うソースをさすようです


c0079828_1673388.jpg


先週の土曜日・
同期のティーインストラクター会の研究会として
6月から続けている「ピーターラビットの故郷を訪ねて~」のセミナーを
少し内容を濃くしてさせていただきましたが…


その時お出しした「ひげのサムエルのおはなし」に出てくる
『ローリーポーリープディング』には
c0079828_1622346.jpg
普通のカスタードクリームと
イギリスではおなじみの黄色の箱の「Bird's」を牛乳で煮詰め
試食していただいたのですが・・・

温かいカスタードソースはまだ少し気温も高めだったので…
前日に作り冷蔵庫で冷やしておいたものを召しあがっていただきました
(画像は残念ながら撮りわすれました)



***
普通「カスタードソース」というと
卵黄と牛乳・砂糖・場合により小麦粉・コンスターチのでんぷんと加え
トロリとなるまで加熱した洋菓子ソース(アングレ-ソース)をさしますが

この「Bird's」は1837年にBird's社の創始者のアルフレッド氏が
卵アレルギーの妻のために開発・発明し販売したもので…
急速に普及し イギリスでは知らない人はいないほど有名になっています

私達の慣れ親しんだごく普通の
「カスタードクリームやカスタードソース」の味と比較すると
卵やバニラの味はしません~

19世紀のイギリスの料理家ミセス・ビートンの本にも
カスタードソースのレシピが紹介されており
当時のイギリス国民がすでにカスタードを
ケーキやフルーツにかけて楽しんでいたようです


***
「Bird's」を試食した同期のみなさんの感想は…
思ったよりいいお味~ というのが多かったですが
私はバニラシュガーを少し入れて作ってみました
       


c0079828_1648199.jpgこちらは古いイギリスの「カスタードカップ」
このグラスにカスタードクリーム<ソース>を入れて
愉しんだようです

(画像はWEBからお借りしました)


イギリスのスーパーには
スーパーマーケット独自に開発した「カスタードソース」が
色々売られているようですので
次回は色々買い求め 「粉末カスタード」の試食会でもしてみましょうか?!
c0079828_1650174.jpg
c0079828_16504361.jpg
(こちらもWEBで画像をお借りしました)
by karibu-chai | 2010-10-01 16:58 | イギリス | Comments(6)