<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ビートルズの思い出
c0079828_23152295.jpg

昨日の 朝日新聞の夕刊に出ていた記事です

ビートルズが来日したのは…
1966年 6月29日だったんですね!
私が高校2年生の時・今から47年も前だったの?びっくり~005.gif
勿論 羽田空港には行きませんでしたが…

 ライオン歯磨きの製品〇〇円分を一口として応募し
抽選で 「ビートルズ日本公演にご招待」=チケットが当たります!!
 


こんな広告を見て 私は色々な人に頼んで 何口も応募しました

その結果 何と 
2枚のチケットが当たったのです!

内緒ですけれどその時 好きだった隣のクラスの男の子を誘って一緒に行きました!
(彼は私のことは何とも思っていなかったのですが…)



c0079828_23383062.jpg

c0079828_233942.jpg

c0079828_23394320.jpg


ビートルズの日本公演…
私の青春の原点であり、一生の思い出となっています!

そんな訳で…
今回のNational Trust のビートルズツアーは
私にとって…色々な想いが詰まった
ステキな体験となりました

             次は ジョンとポールの住んでいた家に入ったご報告です!


             
by karibu-chai | 2013-06-30 23:49 | 出来事 | Comments(4)
Lucky only 1 sheat !
英国買い付けの旅では
必ず…「ナショナルトラストの場所を訪ねる」ことにしていますが
今回は…リヴァプールがその目的地でした

c0079828_273492.jpg

Liverpool と言えばビートルズを思い浮かべる人がほとんどですが…ワタシモデス!

実は…2003年1月に
大英帝国絶頂期の海洋交易拠点の姿を伝える
傑出した例証であることが認められ
世界遺産リスト登録が決定した都市でもあるのです

その中でもアルバートドックは
美術館・テート・リバプール
マージーサイド海洋博物館 (Merseyside Maritime Museum)
ビートルズ・ストーリー (The Beatles Story) などの観光名所が存在している地域

c0079828_0351868.jpg

c0079828_0355260.jpg

先ずは このアルバートドックに行き
ナショナルトラストのオフィス(ショップ)がオープンする10時半まで待ちました
(M子さんは他の見学をしたいと10時前にバイバイ~)

私の目的はだた一つ
ビートルズのジョンとポールの幼少期を過ごした家を訪ねるツアーに参加すること

その家の中に入れるのは
National Trust が主催している{一日3便・15名限定}のツアーのみ!

そして、私に許されているのは、夕方5時半までの数時間

果たして~当日で、参加OKになるのか?


10時半オープンと同時にカウンターへ~
11時の回は満席。
午後2時15分出発の回は1シートのみ空いてます!・・・との答え
2時15分なら夕方の列車に間に合う…(所要時間2時間半の予定)
何てラッキー!!直ぐ予約し、チケットをゲットしました



c0079828_1393237.jpg

集合時間まで
観光バスで市内見物したり

c0079828_1403845.jpg

ビートルズのグッズのお買いものをしたり…


c0079828_143374.jpg

c0079828_1444686.jpg

ビートルズの誕生からの歴史を ガイド付きで詳しく見ることができる
「ビートルズストーリー・Beatles Story」
バスの集合時間ギリギリまで 興味深く見学しました

(私のようなシニアの日本人カップルや若い人もたくさん見学していました)


そして・・午後2時半より大分前に~集合場所で待っていると
c0079828_1545132.jpg

c0079828_1552731.jpg

ナショナルトラストのツアーバスが到着!!

「ジョンとポールが幼少~少年期を過ごした家の中に入れるツアーはこのツアーのみ!」
と英語で書かれています


さ~ ワクワク~ドキドキ~!!
バスの中はすでに…060.gifビートルズの歌が流れています!
乗り込んで~出発です!!

                  次に続きます・・・・ 
by karibu-chai | 2013-06-29 02:03 | イギリス | Comments(4)
Liverpoolへ・・・
5月29日に 平年より10日、昨年より11日早く 東京は梅雨入りしたのに…
6月前半は058.gifからつゆ気味で、時折夏の日差しも照りつけていましたが

ここにきて 057.gif大分梅雨空が続いています

西日本では 大雨になって被害が出ている地域もあり
台風も発生し その進路が懸念されます

      ◆   ◆   ◆   



4月の渡英から~5月のショップ再開~3回のティーセミナーと
一連の予定が終わり…
ほっとしたせいか・・・ この蒸し暑い気候のせいか…
019.gif014.gif
疲れ気味で~中なかペースが戻らず
イギリス報告が遅れておりましたが… 

私的に一番盛り上がった リヴァプール編に行ってみたいと思います

      ★    ★    ★                 

ウェールズの首都・カーディフを出て・・・
ウェールズを縦断する形で~ファーストクラスのない列車は一路北へ…

c0079828_0162658.jpg

c0079828_017279.jpg

車窓からの景色は…
コッツウォルズや湖水地方などとは一風変わって

小高い山々も 時折目に飛び込んできます・・

c0079828_0214442.jpg

ウェールズを走る間は…
ウェールズ語と英語と、2つの言語で記載されたボードが各駅に表示されていましたが

イギリス圏に入り
乗り換え駅 「Chesterチェスター」で下り 列車を待っていた時に…

c0079828_0372012.jpg

こんな かぶりものをした子供がやってきて
ホームにいた人達は005.gifびっくり!!005.gif

当の本人たちは~お互い指を指し合いながら
大声で 楽しそうに003.gif笑っています041.gif


一緒の列車に乗り込んだのですが…
このかぶりものをしたまま。。。
わずかに開いている口元を 手で一生懸命広げて!又頑張って広げて・・・
ポテトチップスを食べようとしていましたが~どうしても食べられず008.gif

c0079828_0435069.jpg

遂に…諦めてかぶりものを取って食べ出しました
隣のお母さんに…「ほらっ~ごらんなさい」な~~んて言われているのかな?

それにしても 可愛い女の子ですね!!

せっかく ブリットレイルパスのファーストクラスを買って行ったのに
この区間はローカル線のみでファーストクラスはなし!

残念でしたが007.gif
ローカル線ならではの楽しい光景に
M子さんと顔を見合わせ~大笑いをしました!!


そうこうしているうちに…列車は地下に潜り…
c0079828_0501670.jpg

リヴァプール ライムストリート駅に到着!


c0079828_0572697.jpg

リヴァプールでも 駅に近いホテルを予約していましたので
その夜は早めの就寝をし


翌朝は
c0079828_105326.jpg

駅が見渡せるレストランで

c0079828_123526.jpg

この旅・最初で最後の English Breakfast を美味しくいただきました


腹ごしらえが済んで…
さ~チェックアウトを早めにして荷物を預け…
夕方まで めいっぱい~有意義な一日を過ごしました

      私が感動したその日の模様は次回に…続きます・・・
by karibu-chai | 2013-06-20 23:45 | イギリス | Comments(10)
2013・ダージリンファーストフラッシュを愉しむお茶会セミナー
イギリス報告の途中ですが…ちょっとブレイク!!

        063.gif 063.gif 063.gif

梅雨入りした後も 058.gif晴天続きだった…
6月1日・4日・そして…8日(特別のオファーによる)全3回

c0079828_1642362.jpg

カリブチャイ恒例・シーズンティーの愉しみ…
「2013年・ダージリンファーストフラッシュを愉しむお茶会セミナー」 を致しました


ウエルカムティーとしてお出しした
冷たいダージリンファーストフラッシュの水だしアイスティーで
喉をうるおしていただき

c0079828_16513293.jpg

先ず 4種のサンドウィッチ(ポテトサラダ・ハム・キュウカンバー・スモークサーモン)
で 少しお腹を満たしていただきながら…
(お腹が空いた状態でパワーのある紅茶を飲むと、胃がムカムカすることがあるので、ファーストのセミナーの時は、軽いフードをお出ししています)

早速 2013年今年のダージリン・ファーストフラッシュ4種から
サングマ茶園(DJ-7)の清々しい~香り豊かなファーストを召しあがっていただきました


c0079828_165819.jpg

今年ご用意させていただいたのは…サングマの他
マカイバリ茶園(DJ-1) ・ ジャンパナ茶園(DJ-1)
そして…カリブチャイでは初めての りザヒル(Lizahill)茶園(DJ-3)

c0079828_2232588.jpg

40年以上前から 月の満ち欠けのサイクルと植物の生長のサイクルを合わせる
バイオダイナミック農法を行っていて、他の茶園にも大きな影響を与えている
マカイバリ茶園の取り組みを紹介したDVDをご覧いただき
ダージリンの現状をご説明しました


続いて…ジャンパナ・・・ マカイバリ … リザヒルと お淹れしました!
c0079828_17101464.jpg

和洋~色々なお茶受けと共に味わっていただき…
ファーストとの相性を試していただくのも、楽しいですね


c0079828_17121522.jpg

もちろん スコーンも~クロテッドクリーム(タカナシ)と苺ジャムで…


そして
c0079828_17131648.jpg

例年ですと…旬の「アメリカンチェリー」を使ったケーキをお出ししますが

今年は「ブルーベリー」のケーキを召しあがっていただきました


c0079828_17152449.jpg

おまけとして…
イギリス・フォトナム&メイソン主催・
手作りマーマレードコンテストで今年の賞に輝いたマーマレードのうち
2種を試食していただきました
1月にマーマレードのセミナーを致しましたので
4月の渡英の折、求めてまいりました・・勿論セヴィルオレンジが材料です)


春を待ちわびた ダージリンの茶畑で 3~4月の中旬にかけて摘まれる
ダージリンファーストフラッシュは、生産量もわずかですが、この時期でしか味わえない
若々しい~そして甘味も感じられる爽やかな香りの緑茶系の紅茶です
100年以上の長い歴史の中で、180あった茶園も現在では87にまで減少しました。
有機農法に切り替えて成功している茶園も・・・日々の努力は大変なものです。
そんな茶園の苦労に感謝しながら…
美味しい、香り高いダージリンを味わうことができる幸せを毎年感じています



最後に 4月の渡英報告~動画を含めた画像を…ご覧いただきました


これにて、今年前半のティーセミナーは 全て終了いたしました
ご参加くださいました皆さま ありがとうございました

by karibu-chai | 2013-06-12 17:45 | セミナーorイベント | Comments(10)
Cardiff National Museum & Gallery
c0079828_14435991.jpg

カーディフ城の後は…
Cardiff National Museum & Gallery
カーディフ国立博物館&美術館
へ行きました

ネオクラッシック様式の優雅な外観です


c0079828_14453452.jpg

中に入ると…
この博物館を利用して 
ウエディングのパーティーも出来るという広告が目を引きます・・・
中々 いいかも~♪


さて、1Fはウェルーズの自然史と動植物に関する展示が中心と云うので
(興味はあるものの…)時間がないので…


2Fの16~19世紀のヨーロッパ絵画のコレクションを見ることにしました
c0079828_14523681.jpg

有名なロダンの彫刻や 
フランス印象派のモネやルノワール等の展示もありました


c0079828_1515586.jpg

その中でも 私の目にとまった
このロダン作の日本髪の女性の彫刻?
タイトルは Head of Hanakoだったと思います039.gif


どうしてここに 日本女性の彫像があるのか~?
ロダンが一体何処でこの女性と会って、制作したのか?

c0079828_15541113.jpg

説明文を写真に撮ってきましたが
ありゃ~ウェールズ語の方を写してきたのでは、分らないですね


そこで調べてみました
…☟


花子
1900年代初頭、単身でヨーロッパに渡り、舞台女優として活躍し、
日本文化の紹介者としての役割を担った。
又彫刻家、オーギュスト・ロダンに認められ、モデルとなっている。
森鴎外の短編小説「花子」のモデルである。

ロダンとは1906年に出会い、彫刻のモデルを頼まれる。
以後帰国するまでモデルをつとめた。
又ロダン夫妻と寝食を共にするほどの親交があったという。
ロダンが花子をモデルにした作品は60点。その内2点を花子は帰国の際持ち帰った。
『ウィキペディア』より


あ~そうだったのですね…

この時代に勇ましい女性がいたものです。
花子さんは身長138cmととても小柄な女性だったとか…
ロダンは花子を「プチト・ハナコ」と呼び一緒に暮らしたそうです


c0079828_15384661.jpg

通路のガラスの扉を開けると…ウェールズの陶磁器のコレクションも
見ごたえがありました


時間があれば もう少しゆっくり見ていたかったのですが
次の目的地 リバプールへ出発の時間が迫っていたので

急いで~ホテルに戻ろうと外に出ました

天気予報通り~怪しげな空模様…
ぽつ・ポツ…雨が降り出して
ホテルで荷物を受け取り、駅に向かう時には本降りに…057.gif002.gif
仕方なくタクシーを呼んでもらって駅に向かいました


リバプールと言えばビートルズ!!
感激&素敵な体験を致しました
              乞うご期待~016.gif(勝手に盛り上がっております!)
by karibu-chai | 2013-06-06 15:50 | ウェールズ | Comments(6)
Cardiff Castle~カーディフ城
c0079828_0102633.jpg

ウェールズの首都Cardiffカーディフに1泊した翌日は
私達が宿泊したホテルの斜め前にある
カーディフ城を見学しました


c0079828_0163582.jpg

c0079828_145065.jpg


カーディフ城 Cardiff Castle
カーディフの真ん中にそびえる古城。
基礎は1世紀半ばのローマ時代に築かれたと云われていて、
ローマ人やノルマン人が要塞として使用したという歴史ある城ですが、
17世紀以降は廃城と化していました。
1766年に石炭の輸出で財を成したビュート侯爵家が購入し、
現在の形に復元されました。建物内は金箔や大理石などをふんだんに使い、
豪華華燭な装飾が施されています



c0079828_036135.jpg

ヴィクトリア様式がベースになっている城内は…
それぞれの部屋には、独創的な装飾が施されていて目を見張るほど…


c0079828_16303987.jpg

c0079828_043056.jpg

12世紀・ノルマン朝時代に建てられた12角形の要塞キープの上方には
レッドドラゴンのウェールズ国旗がたなびいていました
M子さんは、元気にキープの階段を上がって…
中まで見学してきましたが、私は…腰痛のためベンチでお休みしてました007.gif


c0079828_1631235.jpg

c0079828_113536.jpg

広々とした庭の斜面には
ウェールズの国花=ラッパ水仙が大分花をつけていました


この日は 時折雨がぱらついて…寒い日でした



カーディフ城の後は…
         カーディフ国立博物館&美術館へ…続きます
by karibu-chai | 2013-06-03 00:59 | ウェールズ