<   2016年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
番外編・クレオパトラの針
9月11日から一週間は私一人で過ごしましたが…
18日(日曜日)からは夫もロンドン入りし
ホテルも少しグレードアップした
"Lancaster London"に移りました


18日は先ずホテルに自分の荷物(買い付けたアンティークも含む)共々移動し
チェックインした後、ヒースロー空港に夫を迎えに行きました

無事に夫と会えた時は~久しぶりに恋人と会うように嬉しかったです!!053.gif


    ★   ★   ★


翌日は月曜日で、コベントガーデンに一緒に行きまして…
夫は、アンティークハントには興味がないので

お互い時間を決めてバイバイ~!

その時・夫が行った先は~

全く私が知らない場所でした!
by karibu-chai | 2016-10-29 16:35 | イギリス | Comments(2)
へ~~! あれっ?? ちょっとびっくり…etc
19日にショップも再開し…ほっと一息ですが

来週は カリブチャイ10周年記念イベントが控えているので
その準備もあり、中々…今回の英国報告が進みませんが
又~折に触れ少しづつ アップしていきたいと思います


今回の渡英で「へ~~!」と最初に思ったことは…
私がロンドン入りして数日は とても気温が高かったこと
9月半ばで、30℃~31℃なんて!! 
c0079828_23141828.jpg

エアコンのないホテルが多いのですが…
幸い 常宿のホテルには小さな扇風機はありましたので
汗になった衣類は、小さな洗面台で手洗いし、
バスタオルに挟んで脱水…その後は持参していった
ピンチやハンガーにかけて、扇風機を回して乾かしました!
~私って頭いい~006.gif038.gif
大体 翌日には完全に乾きました!!



c0079828_23235930.jpg

c0079828_23242925.jpg

次に「へ~~!!あれぇ!?」って思ったのは
もう「クリスマスグッズコーナー」がリバティーでも
John Lewisジョンルイス でも開設し始めていたこと!


c0079828_23281833.jpg
ネットから画像はお借りしました
王室御用達の創立以来150年の歴史のある
こちらのデパート「John Lewis」では…


c0079828_23302794.jpg

生地売り場で…
日本の和服の生地が売られていました
110㎝巾で・1メートル¥3000位かな? 材質はポリエステルのようです


c0079828_23313635.jpg

アンティークマーケットでも 日本の着物は大人気のようでしたから
需要があるのでしょうね…
これには「へ~~~びっくり!」でした



c0079828_23341289.jpg

マーマレード大好きのお馴染みパディントンベアーは
パディントン駅の いつもの場所にいるはずでしたが


あれ~~~っ!?
c0079828_23362164.jpg

こんなベアーちゃんに代わっておりました!!

今までのパディントンベアーは、駅のコーナーの一部改修工事で
他のホームに一時お引越ししているとか…
そんな訳で 代役がお留守番??

何か変なの!!


ちょっと ビックリしたお話でした!


次回は 夫がロンドン入りした後の模様をご報告したいと思います
by karibu-chai | 2016-10-24 23:41 | イギリス | Comments(6)
カリブチャイ・リ・オープン!
c0079828_1325573.jpg

10月19日
Karibu Chai Tea & Antiques
リ・オープンいたしました

お陰様で…
いつもご愛顧くださっている方がたで
賑やかな~♪ 初日となりました

お忙しい中、お越しくださいました皆さま 
ありがとうございました
by karibu-chai | 2016-10-19 23:45 | ショップの話
STANDEN
渡英の度に ナショナル・トラストのプロパティ(財産・所有物)を訪ねる…
というテーマを自分に課し、その時々の状況で場所を決めますが

今回はロンドン・ヴィクトリア駅から鉄道で約1時間の
ウエスト・サセックス州の「STANDENスタンデン」を訪ねました。

ヴィクトリア時代の終わり…1890年代に、裕福な弁護士一家の依頼で
その当時(19世紀)に英国で起きた「アーツ&クラフツ運動」の
中心的存在となったウイリアム・モリスが立ち上げた
”モリス商会”によって設計されました。


c0079828_23323879.jpg

屋内のインテリアは全てウイリアム・モリスのデザインによるもので
それはそれは見ごたえがありました
こちらは、壁紙やカーテンの一部です!


アーツ・アンド・クラフツ運動(Arts and Crafts Movement)は、イギリスの詩人、思想家、デザイナーであるウィリアム・モリス(1834年-1896年)が主導したデザイン運動である。美術工芸運動ともいう。1880年代から始まった。
ヴィクトリア朝の時代、産業革命の結果として大量生産による安価な、しかし粗悪な商品があふれていた。モリスはこうした状況を批判して、中世の手仕事に帰り、生活と芸術を統一することを主張した。モリス商会を設立し、装飾された書籍(ケルムスコット・プレス)やインテリア製品(壁紙や家具、ステンドグラス)などを製作した。(ウッキペディアより抜粋)



c0079828_23443137.jpg

ロンドン・ヴィクトリア駅から約一時間~
East Grinstead駅に到着。
そこからは~タクシーでSTANDENに…

     ⇩


c0079828_003199.jpg

c0079828_021267.jpg

c0079828_0102049.jpg

屋内・各部屋のインテリア~壁紙・カーテン・ソファー・椅子・クッション
ベッドカバー等々…モリス大好きな人には、たまらないプロパティーです!


c0079828_0113056.jpg

屋内のみならず~広大なGardenには 色とりどりの花々が咲いていました
リンゴの木も多く、たわわに実をつけていました!

お天気も良く~暑いくらいでしたので…

c0079828_0164446.jpg

カフェで休憩~ティータイム!
ヴィクトリア・サンドイッチケーキをいただきました


前日同様、ロンドンでは30℃前後の予報でしたが、
ロンドンから1時間ほどのカントリーサイド「STANDEN」は
心地よい風が吹いていて…気持ちよかったです!

その日の夕食は~
by karibu-chai | 2016-10-16 00:22 | イギリス | Comments(4)
先ずはアンティーク・ハント!
昨年の渡英では、38度以上の熱を出し、ホテルで2日間は寝込んでしまい 
思うように活動できませんでした  ★★★…過去記事

今年は、昨年の轍は踏まないと思っておりましたが
ロンドン入りしてから~季節外れの高温(30~31℃)の日が続いたりで
かなり疲労も溜まっていたのか、不覚にも一週間後には又風邪を引き…
(今回は抗生剤なども持参したので、熱は出ませんでしたが…)

18日にロンドン入りした夫と何とか予定をこなし
26日、無事帰国しましたが…

その後の雑事が忙しく、風邪を引き直し、熱も出てくる有様…

中々ブログの更新までは、エネルギーが続かず
すっかり イギリス報告が遅れてしまいました

やっと秋らしい気温になって来て 回復してきましたので
様子を見ながら 少しづつアップしていくつもりです


ロンドン入りしてからの1週間は 
主にアンティークハントが中心でした
c0079828_1373313.jpg

先ずは…月曜日の「COVENT GARDENコベントガーデン」
ジュビリーマーケット





c0079828_13152772.jpg

翌・火曜日は 月/2回開催の 
KEMPTONケンプトン~競馬場のアンティークマーケット
(早朝6時頃・ロンドンから約1時間位電車で行きます)
このマーケットは地元の人たちも よく訪れてきます
この日は31℃~058.gif9月としては記録的な暑さでした!



c0079828_13221032.jpg

c0079828_13223611.jpg

今回は、ニューアークなど大きなインターナショナルのフェアーには行かなかったので
こちらもロンドンから1時間ほどの
アンティークの街・LEWESルイス に足をのばしました

駅前のショップで、地図をもらい~
アンティークショップが集中している周辺を聞き…
ちょっと急な坂を えっちらおっちら上っていきました
何となく~街全体は~平和で・のどかな感じがしました!


金曜日は、夜中から雷と集中豪雨で
ロンドンは057.gif  ! 警報
が出たので
バーモンジーのマーケットは行きませんでした




c0079828_13344716.jpg

そして土曜日は お馴染みのポートベロー

今回、色々なマーケットで目についたのが
日本の着物
よく売れているそうで、「羽織」は上着代わりに特に人気だそうです



c0079828_10234843.jpg

毎週木曜日に開催の スピタルフィールズのマーケット
(15日はファッションウォークでお休みでしたので、翌週22日に行きました) 

ここでも~日本の着物は よく見ましたね…



前半一週間は~アンティークハントの合間に
ナショナルトラストの「スタンデン」を訪ねたり

友人との会食などもありました


次はそんなご報告をしたいな~と思っています

                      続く…
by karibu-chai | 2016-10-08 13:52 | イギリス | Comments(2)
2016年後半/カリブチャイのセミナーご案内
c0079828_22264197.gif



2016年後半/カリブチャイセミナーのご案


① 11月1日(火)・11月5日(土) 13:30~15:30  ¥6.500
カリブチャイ10周年記念のお茶会・ピアノとソプラノのミニコンサート付き
(アフタヌーンティーにまつわる話:英国の紅茶文化を担ってきた女性達)


カリブチャイの10周年を記念して、今年はピアノは以前も何回か記念イベントで弾いていただいた「島内亜津子さん」と、今回初めてソプラノの「赤池優さん」をお招きして、素敵なミニコンサートをお愉しみいただきます。
恒例・アフタヌーンティーにまつわる話は「英国の紅茶文化を担ってきた女性達」について
お話させていただきます。(各曜日12名限定)


演奏家のご紹介

ピアノ:島内 亜津子(しまのうちあつこ)
c0079828_23393687.jpg
都立芸術高校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。1995年米国チェヒイ・サマーミュージックキャンプにてスカラーシップを取得。1996年ルーマニアにてルーマニア国立ディヌ・リパッティ交響楽団とリストの協奏曲第1番を共演。1996年、1999年、2005年、2008年、ソロリサイタル、2003年、2013年、佐々木洋子氏とのピアノデュオコンサートを開催し好評を博す。2005年ニューヨーク国際ピアノフェスティバルのマスタークラスに参加。2011年にはヴァイオリン、クラリネット、ピアノという異色のトリオを結成し、定期的にコンサートを開催している。 保育者・教師のための教本CD「シング・ウォーク・ダンス」、バリトン歌手中西勝之氏のCD「カタリ・カタリ」に参加。現在、日本声楽家協会ピアニスト。


ソプラノ:赤池 優 (あかいけゆう)c0079828_23422010.jpg

熊本県熊本市出身 誕生日は10月18日 天秤座 理数系が得意。 東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。              幼少時から歌が好きで発表会では必ず歌を担当。 小学校、中学校ともに名門合唱部のある熊本大学教育学部           附属校へ進学。  合唱部では練習熱心のあまりいつも汗だくとなり「赤池はバスタオルを持って練習に来い」と、            厳しい指導教官に言われる。
また、終日練習の際に、歌いすぎてお腹がすいて早弁をしてしまい、練習の途中でまたお腹がすいてきたのを気づかれ「赤池は弁当屋に行って来い」と、特別許可をもらったという逸話もある。真和高校在学中、周囲に才能を見出され、声楽家の道に進むことを決心。これまで「魔笛」のパミーナ、パパゲーナ、「ラ・ボエーム」のムゼッタ、「こうもり」のアデーレを始め数々のオペラで主役・準主役を務める。  日本歌曲、伊・独・仏歌曲などのレパートリーを持つほか、2008年公開映画「名探偵コナン~戦慄の楽譜~」に登場する天才ソプラノ歌手・秋庭玲子の歌声を担当。海外でも韓国、スロヴァキアなどでオーケストラと共演。 天性のお姫様キャラクタと美しい歌声で男女ともに幅広いファンを持つ。 2011年7月、ファーストアルバム「祈り」を発売。 2016年9月21日「アヴェ・マリア~祈りと癒しの歌」発売。日本声楽アカデミー会員  日本声楽家協会 声楽講師



11月29日(火)・12月3日(土) 12:30~15:00 ¥6.000(材料費共)
リボンでクリスマス・リースを作りましょう 講師:田中加奈さん
             

c0079828_23543930.jpg
今年のカリブチャイのクリスマスセミナーは、田中加奈さんに講師をお願いして、
リボンでクリスマス・リースを作ります。
ちゃんと保管しておけば何年でも使えますし、リボンを変えれば、色々雰囲気が変わったリースが出来ます講師の加奈さんに親切にご指導いただき、時間内に仕上げて、お持ち帰りいただきます。
もちろん…実習の後は英国からいち早くゲットしたフォートナム&メイソンのクリスマスプディングやクリスマスティー・手作りのクリスマス・ティーフーズで、クリスマス気分をお楽しみいただきましょう…
開催時間が いつもより1時間早くなっています。ご注意ください。(各曜日・8名限定)リース29㎝位 


講師・田中加奈さんのプロフィール

愛媛県出身。武蔵野美術大学卒業。油絵から彫金アクセサリーの道へ。自宅アトリエにて彫金教室を主宰。1985年より 作品作りに専念。 手探りしながら、独自のコッパーワークの仕事を展開。年に2~3回の個展、自らの発表の場としてスタートしたミニギャラリーが現在の游工房ギャラリーと年9回のクラフ系作家の企画展という形が定着して、今年25年目を迎えています。



お申し込み方法

電話・FAX・Eメール等にて 先着順で受け付けます
電話&FAX :03-3331-1198 ・ 携帯090-7810-0716
Eメール:karibu-chai@mbp.nifty.com

定員:①の「10周年記念イベント」は各回12名限定 
②の「クリスマスセミナー」は各回8名限定

会費: 当日1回ごとにお釣りの無いようにご持参いただくようお願いたします。

  なお準備の都合もありますので、お申込みいただいた後のキャンセルは、
下記のようにキャンセルチャージを設定させていただきたいと思います。
何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

キャンセルチャージ基本

1週間~4日前までのご連絡  … 会費の30%
3日~前々日までのご連絡   … 会費の50%
前日のご連絡         … 会費の80%
当日のご連絡         … 会費の100%

しかし、当日の交通事情、お病気等のよんどころない事情の場合は、
次回のセミナー参加の為に会費をプールさせていただくこともございます。

皆さまのお申込みを心よりお待ちしています

★   

London/Libertyでは9月4日から既にクリスマスのグッズを販売していました。
c0079828_044197.jpg

by karibu-chai | 2016-10-05 00:09 | セミナーorイベント