<   2017年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2017年後半のティーセミナー始まりました

先週末と同じように 又台風の影響を受ける
雨の日曜日となりました…
(先週は、衆議院選挙でしたね)

c0079828_20495278.jpg


昨日10月28日より~
今年後半のカリブチャイ・ティーセミナーが始まりました

テーマは「ウィリアム・モリスの世界」

玄関マットも モリスの「いちご泥棒」に新調して
皆様をお出迎えしました!

初回が終わり…先ずは・ほっとしています
台風接近の小雨模様の中
ご参加下さいました皆様、ありがとうございました


あと11月1日と7日に続きますので、気を引き締めて頑張ります!
セミナーの詳しいご報告は又後ほど…



by karibu-chai | 2017-10-29 21:15 | セミナーorイベント
Golden Lilyによせて…

来週末、28日より~3回
ウィリアム・モリスのセミナーが始まりますので
ここのところ家にこもって準備のため、モリス漬けになっています

c0079828_17104044.jpg


モリスは、自然の草花・樹木などをモチーフに
様々なデザインを残しましたが
こちらの”Golden Lilyゴールデン・リリー ”は、お好きな方も多いと思います

英国のナショナルトラストのモリスのプロパティーでも
ショップでこのデザインのグッズ
(テーブルクロスやティーコージーなど)
よく売られておりました

c0079828_17580931.jpg

(☝ネットからお借りしました)

が…
この「ゴールデンリリー」は、モリス自身のデザインではありません
モリスの一番弟子で、モリスの死後も
モリス商会を一番に支え続けてきた
ジョン・ヘンリー・ダール・1889年の作品です
しかしながら…このデザインの作風は
豊かな色使いなど…モリスに大変似ています

c0079828_17235088.jpg


このゴールデンリリーの珍しいピンク系のVintageの布地を
5月の渡英でゲットしてきましたので
この生地を使ってティーコージーなど手作りしたものも
今度のセミナーに間に合うように準備しました

布地は未だございますので
オリジナルのご要望にもお応えできると思います

一つのデザインも色味を変え~大きさなども変化させて…
時代と共に進化していったモリスの世界は
本当に素晴らしいと思います!

お申込みくださった皆様に
久しぶりに~セミナーでお目にかかれますこと
楽しみにしています






by karibu-chai | 2017-10-20 17:30 | セミナーorイベント | Comments(6)
道の駅~大好き!!

c0079828_14334467.jpg


近場の「かんぽの宿」に出かける楽しみは
温泉と…もう一つ
その地元の「道の駅」に寄ることです

地元の新鮮・朝どり野菜など…
生鮮食料品などを買うのがとても楽しみですので、
帰るその日に寄るのが必須条件です。

先日行った、栃木の「喜連川温泉」でも
リニューアルした「道の駅・きつれがわ」に寄って
野菜・果物・生花など
い~~っぱい買って帰りました


珍しい地元の食材を色々見ているだけでも楽しく
道の駅~大好きなのですが
あいにく定休日に行ってしまい、がっかりしたことがありましたので
事前によく調べておくことが大事ですね!

地元の人も良く利用されているので
午前中に行くのがお勧めですよ!







by karibu-chai | 2017-10-17 14:49 |
不思議なティールーム

昨日は季節外れの真夏日一歩手前の29℃だった東京ですが
今日は気温が一気に14℃も下がって
昼間でも15℃程でした
こんなにも急な気温の変化は、体調にも少なからず…影響が出ますね

皆様も風邪などひかないように気をつけくださいませ



さて…先週末、久しぶりに1泊栃木の喜連川温泉に行く前に


c0079828_23541589.jpg

c0079828_23544105.jpg
「那須サファリパーク」近くの
こちらのティールームに初めてお寄りし、お茶をいただいてきました


c0079828_10334206.jpg
c0079828_23550086.jpg
ヴィクトリア時代の製法で作られた茶葉で淹れた
英国伝統紅茶を味わえると…いうのが特徴のこのティールーム


1800年代の製法で作られた紅茶葉は、8分以上蒸らし、ポットに茶葉を入れたままで味が変わることがなく、口の残る渋み(灰味)がなく、紅茶の概念が一変する伝説の紅茶葉です。

英国の礎になったともいわれている紅茶文化の繁栄を支えていたのが伝統紅茶です。

英国伝統紅茶は単なる商品名ではなく、1800年代の伝統製法で作られた歴史ある紅茶葉です。 一度味わえばその違いに驚くことでしょう。 ・・・オーナーのブログから引用


私達が普段飲んでいる紅茶とはどこが違うのかしら?
英国伝統紅茶(NPO法人)のHPを見ると
オーソドックス製法で製茶された…と出ていましたが
現在でもCTC以外はオーソドックス製法で作られているはずですが…
厳密にいえば、勿論ヴィクトリア時代と現代とは異なるでしょうけれど…

8分蒸らしが普通だったヴィクトリア時代の紅茶は…
勿論製法も違うと思うけれど、水が硬水だからではないのかしら?
硬水では、長く蒸らしても渋みは出ませんもの…
等々…正直???がいっぱいでした

市場に出ている紅茶の渋みは灰汁アクである…
その辺の枯葉をポットに入れて飲んでも同じですよ~
…とのオーナーさんの例えには、ちょっビックリでしたが

世の中には不思議なティールームがあるのだな~と思った次第です

               ****  
          
ストレートティーは、確かに渋みは感じられませんでしたが、茶葉の量はポットの湯量に対して、OPタイプの茶葉の量はかなり少なく感じました。
ミルクティーの茶葉はポットの湯量に対して、こちらは反対にダストのような細かい茶葉が多めに入っていて、ストレートで飲みましたら渋みはかなり強かったです。茶葉はスリランカ製だそうです。




by karibu-chai | 2017-10-12 23:52 | 紅茶or紅茶周り
とっておきの話…人のご縁の不思議

今年も残すところあと…3ヵ月
昨日からの寒気の南下で、朝晩めっきり冷え込んでまいりました
一段と秋の深まりを感じます

今月28日から3回の
「ウイリアム・モリスの世界」~と題したセミナーが始まりますが
只今準備の真っ最中!

ショップにもモリスグッズをご用意してお待ちしたいと思っています
乞うご期待!!





さて…話はさかのぼること数か月前になりますが…
(大分前のことで恐縮ですが)

5月の渡英の最終日のこと
2週間弱の旅を終えて、いよいよ日本に帰国の日のことです

帰国便のチェエクインには30分ほど早く空港に着いてしまったので
JALのカウンター前の長いすに腰かけて待っていました
(椅子は、ファーストクラスの前にしかなくて、そこに座っていました)

すると、私よりはご年配の1人の女性が
スーツケースを一つ引きながら、やってこられて
私の横に座られました

チェックインまで時間があったので
たわいもないおしゃべりをして待っておりましたが
その方はフランスの新大統領就任パレードから約3週間
フランス・イギリスを回られて~ご帰国とか…
私も自身の旅の目的や、仕事のことなどお話し…結構共通点が多くて
話が盛り上がり~

ご自身は「ファーストクラス」なので
3つある私のスーツケース1つ請負うわよ…とおっしゃってくださり
初対面でしたが…お言葉に甘えてお願いしました

そして・・エコノミークラスの私の荷物2つにも

c0079828_14154525.jpg


スタッフの方が~こちらの「ファーストクラス」のタグをつけて
彼女の荷物の後…預けることが出来ました


そして

c0079828_14174625.jpg
c0079828_14182585.jpg


ビジネスとファーストクラスのラウンジもお誘いいただき
(ゲスト1人まで同伴OKでしたので)
ご一緒させていただきました

勿論・私・初体験でした
(私はそれまでプレミアム・エコノミーまででしたから…)

フードも色々種類が揃っていて目をきょろきょろ~!!
私・ロンドン滞在中は、何とも「しょぼい」食事が多かったので、
しっかり美味しくいただきました



昔、JAZZやポップス系の音楽関係の
プロデューサーのようなお仕事をされていたNさん~!
私の体験ともリンクすることも多く、大いに話が弾みました~♪

羽田到着後…預けた荷物はファーストクラスの方から出てきますが
私の荷物もタグ通り~Fさんの荷物の後すぐに出てきて
さすがファーストクラス!!と思いました!



旅での出会い・人とのご縁は
ブログと同じように、折々体験しておりますが
今回は旅の最後に~素敵な出会いがあり
この先も楽しく展開しそうで~嬉しくなりました!

Fさん、今度「モリスのセミナー」にお申込みいただきました

Fさん~その節は、大変お世話になりました
今度のセミナーでの再会を、心よりお待ちしています

人のご縁って~不思議ですね…♪





by karibu-chai | 2017-10-05 14:31 | 色々な出会い | Comments(8)