TABLEWARE FESTIVAL2017
c0079828_15145293.jpg


今年で25周年を迎える
テーブルウェア・フェスティバル2017~暮らしを彩る器展~

今週初めに 駆け足で行って来ました

c0079828_15115871.jpg

毎年ご招待券をいただく 
同期のティーインストラクターのSさんがお仕事をしている
こちらの「レイノー」
毎年新作を発表していて、素晴らしいセッティングにため息が出ます

久しぶりにSさんともお会い出来…色々説明も受けました
フランスでは多くの有名なレストランでも扱われ人気の「レイノー」
この繊細な品質で~食洗器も対応とは!!
人気の由縁は…こんなところにもあるのでしょうね…


c0079828_15243058.jpg

私の大好きな「大倉陶園」のセッティングも
毎年楽しみに拝見しています

c0079828_15215192.jpg

昨年の「伊勢志摩サミット」でも
「大倉陶園」のウエアーが使われたそうです…


c0079828_15262171.jpg

昨年の「ノーベル賞」の晩餐会での展示も紹介されていました


c0079828_1529117.jpg

今回の特集企画~北欧DESIGN~のコーナーも
北欧ウェアーの個性的な作品が多く…
サーと駆け足でしたが…見てまいりました


午後に約束があり
時間も迫っていたので、じっくり見られませんでしたが
それでも…この会場独特の雰囲気はしっかり感じてきました

Sさん~チケットをありがとうございました
お陰様で、今年も拝見でき幸せでした~♪
# by karibu-chai | 2017-02-03 15:36 | 日々のこと
2017/前半・カリブチャイのティーセミナーご案内
2017・前半*Karibu Chai ティーセミナーのご案内


1)2⽉25⽇(土)・ 28⽇(火)  13:30〜15:30
ティークリッパー「カティ・サーク物語」 
      ~ティーレースはかくして始まり…終わった〜

c0079828_12594188.jpg
netからお借りしました
ロンドン・グリニッジに公開展⽰されているティークリッパー「カティ・サーク」は現存する唯⼀のティークリッパーです。
(ティークリッパーとは19 世紀半ばから⼀時期活躍した「お茶をいち早く運ぶ帆船」のこと)
2007 年5 ⽉21 ⽇早朝・⽕災に遭い、その後修復されて2012 年4 ⽉25 ⽇に同じ場所で再開されました。
数奇な運命をたどった「カティ・サーク」の知られざる物語と歴史に残るティーレース等々…ドラマチックなお話と、私が、⽕災前の2001 年3 ⽉と修復後の2016 年9 ⽉の2 回に渡り、実際の「カティ・サーク』を⾒学した模様をご紹介しながら…

c0079828_1425016.jpg2001 年にゲットした、1869 年製造時の「カティ・サーク」の”keel”=⻯船の⼀部の板⽚と, ”main
spencer outhaul”=帆船の斜桁シャコウの部分のロープ⽚の2 点も 実際⾒て・触れていただきましょう!

遠い昔のティーレースに思いをはせ、先⼈たちが苦労して、いち早く美味しい「お茶」を運んだ歴史的⼀ページ…
「ひな祭り」も近いので、桃の節句にちなんだティーフーズと共に、ティータイムもお愉しみください
c0079828_14392692.jpg



2) 4月1日(土)・4日(火) 13:30~15:30
 ビートルズの調べにのせて~♪
 
~春を感じるお茶会セミナー~c0079828_15115699.png

世界の近代音楽史の中で、ビートルズの残した足跡は計り知れないほど大きく、今でも全世界の人々に愛し続けられています。(勿論私自身、ビートルズに対しての思い出は数知れず…)
2013年の4月、英国リバプールを訪ねた際、ジョンレノンとポールマッカートニーが多感な時代を過ごした各々の家の中まで入り説明を受けることが出来る、ナショナル・トラストのツアーに参加することが出来ました。16~17才の頃のジョンとポールがお互いの家を行きかい、今も残る初期の名曲の数々がこの部屋から生まれたのか!!~と感じることが出来た時、涙が出るほど感動したのを覚えています。
ブログではその時の模様を3回に渡ってアップしていますが…
①★…過去記事
②★★…過去記事
③★★★…過去記事

(私も実際観に行きましたが)ビートルズ日本公演があった1966年から昨年は50年が経ちました…
いつかセミナーでご紹介したい~と思っていて、中々チャンスがなかったのですが…今回やっと企画いたしました。
ビートルズの聖地・リバプールのご紹介と特別のツアーでしか得ることができないビートルズのお話をご紹介し…ご参加くださった皆さまと、それぞれの青春の思い出などを語り合いながら「春を感じるティーフーズと共に」お茶会を愉しんでいただこうという企画です。
ビートルズが好きな人も~ちょっとなじみがなかった人も~タイムトンネルで昔に戻り、楽しい時間を過してみませんか~!!
c0079828_17384497.jpg



*** 5月の渡英を挟み ***



3) 6月6日(火)・10日(土) 13:30~15:30
~2017年・
ダージリン・ファーストフラッシュ
を愉しむ会~

この時期、カリブチャイ恒例のお茶会セミナーです。c0079828_15442659.jpg
2017年もフレッシュで薫り高い、今年一番のダージリンファーストフラッシュを数茶園分お愉しみいただきます。 今回は、5月の渡英報告・特にイングリッシュガーデンの話題も織り込みながらご報告いたしましょう…色々なお茶請けと~お話も弾む~♪楽しいお茶会にご参加ください。


c0079828_1557149.gif


お申し込み⽅法
電話・FAX・E メール等にて先着順で受け付けます
電話&FAX :03-3331-1198 ・携帯 090-7810-0716
E メール : karibu-chai@mbp.nifty.com
定員 : 各回8 名
会費 : 1 と2は¥4.000 3は¥4.300
当⽇ 1 回ごとにお釣りの無いようにご持参いただくようお願いたします。

なお準備の都合もあり、お申込みいただいた後のキャンセルには、
下記のようにキャンセルチャージを設定させていただきたいと思います。
何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
キャンセルチャージ基本
*1 週間〜4 ⽇前までのご連絡 … 会費の30%
*3 ⽇〜前々⽇までのご連絡 … 会費の50%
*前⽇のご連絡 … 会費の80%
*当⽇のご連絡 … 会費の100%

しかし、当⽇の交通事情、お病気等のよんどころない事情の場合は、次回のセミナー参加の為に会費をプールさせて
いただくこともございます。⼜、こちらの都合で、急に予定がキャンセルになる場合もございますので、ご了承ください。

皆様のお申し込みをお待ちしています。
# by karibu-chai | 2017-01-28 15:58 | セミナーorイベント
小さな・小さな革のフォトフレーム
c0079828_2213339.jpg

5年以上前だったと思います~

ロンドンのコベントガーデンで
毎週月曜日に開かれる"ジュビリーマーケット"でゲットした
「イタリア製の小さな革のフォトフレーム」
7㎝×6㎝×0.4㎝ ダークグリーン ゴールドのラインが入っています

買った時は、特に「孫」の写真を入れる人が多いと聞いたような気がします
当時私は未だ孫はいなくて…
どなたかにプレゼントしようかな…と思って買い求めました

が…今やスマホの時代で~
これは 既に「無用の長物」かな??

でも調べてみたら…
# by karibu-chai | 2017-01-26 22:36 | antiques/vintage
大寒の日
一年で一番寒い日と言われている「大寒」ですが…
今年は~1月20日でした

暦に合わせたように、又寒波がやってきていて
東京も雪が舞い、日中も寒かった!!

しかし、あと2週間後は「立春」です
日も長くなり~陽ざしは日に日に強くなってきているのを感じます

c0079828_23532566.jpg

我が家の庭の梅の木も
ち・ら・ほ・ら…つぼみが膨らみ花が咲き出しました

私が小さい時からの古木ですが、
今年も花が咲き出し 心もホッと…暖かくなりました!

More
# by karibu-chai | 2017-01-21 23:58 | 日々のこと | Comments(6)
伊豆高原♨
この前の日曜日・15日は、日本列島に今冬一番の寒波が襲い~
日本海側は大雪…東京も朝の冷え込みは氷点下になるほどでした

15日は箱根のかんぽの宿を予約していましたが
降雪・凍結の恐れがある予報でしたから、前日にキャンセルし

ダメもとで…南方面のかんぽの宿に問い合わせたら
運よく予約が取れたので行って来ました


c0079828_16515891.jpg

行った先は…初めての『かんぽの宿・伊豆高原』


c0079828_16563515.jpg

全館オーシャンビューで~
この季節「金目鯛の煮つけ」が特に評判のお宿!

2人で一匹つきますが…
それが3~4人分ぐらいのBigな金目鯛で、食べごたえが十分!
夫と2人で完食!!~本当に美味しかったです!


温泉入って・海の幸をいっぱいいただいて
満足の休日でした!
# by karibu-chai | 2017-01-19 17:03 |
Papier Poudre
c0079828_23153548.jpg

昨年9月のアンティークハントでゲットした
こちらのかわいい"Papier Poudre" 


c0079828_2328914.jpg

手のひらに収まるくらいのサイズです


c0079828_23294661.jpg

裏は…こんな感じ~


c0079828_23305522.jpg

小さな手帳のようになっていて
使い方がフランス語と英語とで説明されています


c0079828_23355174.jpg

紙の表面をこすってみると…粉がついてきます


PAPIER POUDRE LTD. 英国の製品です
創業100年以上…現存するメーカーで
未だに…同じような製品を扱っているようです


まだ粉白粉のコンパクトなど普及していな時代に
女性達のお顔直し~に使われたようです

日本の「あぶら取り紙」に似ているのかと思いましたが
もう少し~化粧品っぽい要素が加味された感じがします


説明書きの最後には…
It is absolutely harmless. 全く安全な品です!…と記してあります


これを買う際~売っているおばさんに
いつの時代のものか?尋ねましたが…
「わからないわ~」とのことでした

その昔~オシャレな女性達には必需品だったのでしょうね!
# by karibu-chai | 2017-01-14 23:56 | antiques/vintage | Comments(6)
感動した絵本~『でも、わたし生きていくわ』
お正月気分も抜けて~
いつもの日常が戻ってきましたね…

今冬一番の寒波が襲来との天気予報で
日本海側は大雪に見舞われている地域もあるようです
週末にかけては、もっと強い冬型になるようですので
皆さま…風邪などひかれませんように…


私事ですが、私・10数年前より定期的に眼科に通って
眼圧や視野検査などで「緑内障」を中心とした
予防治療をしているのですが…

何種類かの目薬が切れそうなので
今日、2~3か月ぶりに眼科に参りました

私の通っている眼科は女医さんで、大変流行っていて
いつも混んでいます…
待ち時間も長いので、本を読んで待つことも多いのですが


今日~ふと手に取った一冊の絵本
c0079828_16263100.jpg

タイトルは…
『でも、わたし生きていくわ』


著者 コレット・ニース=マズール (作)
エステル・メーンス (絵)・ 柳田 邦男 (訳)

両親の死で、7歳のネリーは幼い弟妹と別れて暮らすことになった。引取り先で温かく迎えられ、週末は3人一緒に過す。ふとした拍子に甦る悲しみ。でも、その悲しみを越えた時、ネリーは新たな成長の階段を上っていた…。【「TRC MARC」の商品解説】



本の扉の内側には…
c0079828_1634370.jpg

この本の訳者である・柳田 邦夫氏の直筆と思われる書き込みがあり

引き込まれるようにページをめくりましたが…
もう~涙が出てきて困りました

眼科の検査前にこんなに泣いてしまって…
ティッシュで涙を拭いているのを見て、他の方どう思ったかしら?
涙腺が弱いものですから…仕方ありません。


でも本当にいい本に巡りあった感じがして
帰宅して直ぐ~Amazonで注文しました


大地震などの自然災害や、様々な不慮の事故など…私達の周りには
日々いつどこで起こっても不思議ではない昨今…
この本の主人公のように、両親を失い孤児になってしまう子供たちも
少なくありません。
そんな子供達が、周りの人々の温かい愛情に支えられて、
前向きに生きていく様が…この数ページの絵本の中に描かれています。


子供を取り巻く環境は勿論のこと、大人社会の中でも、
毎日色々な事件が起こりますが…
そんな世知辛い世の中において
皆が幸せに暮らしていける道しるべとなる様な…

そして…人が育っていく上で、一番大切なものは何かな?
そんな質問に答えてくれるような
温かい~素敵な本です!

皆さまも 機会があったらご覧になってみてください


追記:
今日の診察の結果、左目の視力が大分落ちたので、
精密検査をしてくださいました。
結果、出血などはなかったのですが
「白内障」の前兆だと言われました…
あちゃ~~! やっぱり年やね…
# by karibu-chai | 2017-01-12 17:05 | 大切なもの/大切なこと
2017年正月~全員集合
今年のお正月は 
暖かく本当に穏やかな三が日でした

皆さまはどんな新年をお迎えになりましたか?

我が家では…
c0079828_23551646.jpg

2日・例年のごとく 仙台の娘一家と息子一家が来訪…

全員集合し、新年の顔合わせが出来ました
今年は喪中でしたが、控えめにお節も用意しました
乾杯!


c0079828_022437.jpg

昨年のお正月は、1286㌘で生まれて、
まだ入院していた玲穂タマオちゃんも、今年は参加でき
昨年11月で無事満一歳になり…
ママの「たまちゃん~満一歳!!」の掛け声に
かわいいお手手の人差し指をたてて…

c0079828_035969.jpg

もう~これには皆が拍手喝采!!



c0079828_053435.jpg

娘の方の孫・メブちゃん(4歳)と拓ちゃん(もうすぐ2歳)は
食欲旺盛~! 

孫達が元気に成長している姿を見ることができ
幸せをかみしめた 楽しい時間でした!


2017年、皆様にとりましても よい年になりますように…
心より祈念いたします
# by karibu-chai | 2017-01-07 00:14 | 日々のこと | Comments(4)
最後の日~2016.9.25
オックスフォード~ブレナム宮殿へ行った翌日の土曜日は
再度~ポートベローにアンティークハントにちょこっと顔を出し
その後はホテルに戻り~翌日の離英準備をいたしました


翌日曜日(2016年9月25日)は…
トラファルガー広場で
「London's Premier Japanese Festival」が開催されると
TVで宣伝していたので…
夕刻の帰国フライトまでの時間を利用して
ホテルをチェックアウトしてから 
二人で出かけました


c0079828_019836.jpg

(写真上)10時半ごろ着いた時は まだそんなに混んでいませんでしたが
(写真下)お昼近くなるとかなりの人で…混雑してきました


c0079828_0225351.jpg

在英の日本大使も会場内のステージで
オープニングのセレモニーに参加しておられました

この日のテーマは「日本の祭り」のようで…
太鼓のパフォーマンスや"おみこし"などが披露されていました


c0079828_141429.jpg

日曜日で、小さい子供を連れた家族連れも多かったので…
こんな風に~迷子にならないように…
リードを子供のリュックにつけたお父さんもいましたよ!


屋台の店先には 日本食がたくさん~
ロンドンでは日本食のレストランも多く、人気のようなので
多くの人たちが買い求めていました!

日本の地方別の特産品などの展示販売も人気がありました
(上の写真・右上は箱根の『寄木細工』…Japanese Pazzle Boxes)
c0079828_14481887.jpg



c0079828_0334725.jpg

お昼ご飯は、こんな感じで…済ませ


その後は…
c0079828_0384228.jpg

トラファルガー広場を一望できる
「National Gallery」で美術鑑賞をいたしました

ダヴィンチやゴッホ・ゴーギャンをはじめとして
有名な画家たちの絵画を、贅沢に見ることが出来ます


c0079828_0515243.jpg

c0079828_0523692.jpg

c0079828_14551661.jpg


ティーガーデンの話になると 
必ず出てくるこの絵画も…ここNational Galleryで見ることが出来ました

夫も一眼で、たくさん写真を撮ってくれました!
Thank you so much!!


この日の夕刻~ヒースローを発ち、翌日無事に帰国いたしました


夫とは6年ぶりに一緒に英国を旅することが出来、とっても幸せでした
あと何回一緒に行かれるかな~?

又一緒に旅ができますように…元気でいたいと思います


これにて2016年・秋・の英国報告を終わります
ご覧になってくだり、ありがとうございました
# by karibu-chai | 2016-12-31 23:55 | イギリス | Comments(4)
Blenheim Palace(ブレナム宮殿)
Oxfordを駆け足で散策した後
再度Oxford駅からバスで
Oxford郊外・ウッドストックにあるブレナム宮殿に向かいました
バス停から少し歩くと…

c0079828_174237.jpg

ブレナム宮殿へと続く立派な門に到着…
宮殿ははるか~遠くに見えます…
え~~~あそこまで歩くのですか!!
歩くしか手段はないので、テクテク歩きました…
遠い~~~700メートルほどあります。


c0079828_177829.jpg

やっと建物のところまで来ました
第二の門をくぐりますと…


c0079828_1781917.jpg

又~広場のようなところに出ます


c0079828_2334140.jpg

ここがブレナム宮殿のメイン?の建物の正面


c0079828_17113598.jpg

建物の中に入ると…グレート・ホール(玄関)です

天井からカラフルなオブジェ風のものが下がっていますが…

私達が見学した9月頃は、
優秀なアーティスト(ミケランジェロという人)の作品が
ここだけでなく~各部屋の中に展示されていていました。
c0079828_17231744.jpg

まるで宮殿内をギャラリーのように使う権利を有したアーティストは
かなりの名誉らしいです…が、正直、古い歴史上の遺産を見学する方にしては、
このモダンアートはちょっと不釣り合いで邪魔にも思えたのですが…
そこは、芸術に関して~頭の柔らかい英国人気質の表れなのでしょうか?

c0079828_1724488.jpg

スペイン戦争の1704年に、将軍John Churchillジョンチャーチルが
宿敵フランス軍を破った功績を讃えて、アン王女から贈呈されたのが、
このブレナム宮殿でした。1987年に世界遺産に登録されています。
その後、チャーチル家の居城となり、
1873年にウィンストン・チャーチルが誕生した場所としても有名です
王族でないものが所有する宮殿はブレナム宮殿のみで
ヨーロッパ中世に造られた宮殿の中でもとりわけ壮麗なものとされています
(世界遺産オンラインガイドより)


そんな訳で…チャーチルの寝室や、彼にまつわる展示も興味深いところです

c0079828_17353574.jpg

当時の栄華を彷彿とさせるような、素晴らしい陶磁器の数々…
ため息が出ます…


c0079828_23402562.jpg

広い宮殿内を色々見学し~


c0079828_17473489.jpg

後半は、広いガーデンをカートで見学する予約をしたので
その時間までひと休み~063.gifティータイム!!


c0079828_17522234.jpg

ブレナム宮殿には 2000エーカーの広い敷地に
自然の風景を生かしたガーデンが有名ですが…
フランス式のウォーターガーデンやイタリア式の古いガーデンもあります


c0079828_17393192.jpg

気が遠くなるような広いガーデンを歩いて回るのは大変なので
このカートで庭園内をガイド付きで回ってもらいました

c0079828_17582728.jpg

橋の中にも多くの部屋があり住めるという…
ここからの眺めはため息が出るほど美しかったです

以前English Gardenのことセミナーでやるために色々自分で勉強し、
ブレナム宮殿の自然を生かした風景庭園が有名なのを学んだので、
実際見ることが出来、本当に幸せでした…★★★過去記事


30分ほどガーデンを回って~
ここも駆け足でしたが…一応ブレナム宮殿の見学は終わりました

素晴らしかった!!…けど…

建物から又~700メートルほどテクテク歩いて
バス停まで行き…そこからバスに乗り

OXFORD駅まで戻り・・電車でLONDONに帰りました

お疲れ様でした



More
# by karibu-chai | 2016-12-30 18:06 | イギリス