Red House & etc.


c0079828_17125125.jpg


先日九州北部で起きた集中豪雨の被害は 言葉を失うほどの規模で…
被害に遭われた方々には、心よりお見舞いを申し上げます
一日も早く、元の生活に戻れますようにお祈りしております。



東京も、ここ10日以上…
梅雨明けしたかのような猛暑が続いています
かなり堪える暑さのため…休み休みの日々を送っておりました
そんな訳で、イギリス報告も中々アップできず仕舞いでした
スミマセン…(;´Д`)



では…いよいよ最終報告です

c0079828_17223223.jpg


明日は離英という5月17日
ウイリアムモリスが妻のジェインと5年間過ごした
「Red House」を訪ねました

ロンドンのチャーリングクロス駅から電車で30~40分ほどの
Bexleyheathベックスリーヒース駅で下車


c0079828_17430033.jpg


駅の前には店らしきものはなくて…広い通りで人に聞きながら…
迷いながら…(本当なら徒歩15分ぐらいですが)
30分近くかかって、やっと「Red House Lane」に出て…
間もなく…到着!!やっと着いたわ~♪

c0079828_17464870.jpg


11時のオープンまでにはまだ時間がありましたが
門があいていたので中に入り~

c0079828_17470134.jpg


モリスの思いがつまった美しいガーデンを見て回りました

赤いレンガの建物は
1859年に建築家の友人フィリップ・ウエッブによって設計され
モリスの仲間達との合作による「自宅兼アトリエ&オフィス」でもありました


日本からネットでガイドツアーを12時半に予約していましたが
11時半の回に空きがあるとのことでその時間に集合し
ハウス内の見学が始まりました

c0079828_18180251.jpg


先ず玄関の重厚なドアーを入ると 
そこにはウイリアムモリスの未完の手描きの棚があり
細かい説明を受けました

c0079828_18160156.jpg


c0079828_18192411.jpg


c0079828_18183654.jpg


様々な部屋・廊下・階段・天井のいたるところに
モリスやその仲間たちの想いが感じられて~
胸が熱くなりました

c0079828_18270201.jpg


モリスの有名なサセックスchairもありました!

そして…

c0079828_18262699.jpg


妻ジェインと娘との写真の飾られている部屋には
モリスの絵画=ジグゾウパズルで遊べる
当時の子供部屋?があり
モリスの生涯で一番幸せだったであろう5年間を垣間見る思いがしました

アトリエ兼officeとしてのこのハウスには
当時の仲間達との活動の模様も展示されていました

c0079828_18340629.jpg


当時の「馬小屋」を改造したカフェテリアで
Today's soupの軽い食事をとり
帰路につきました

★ ★ ★

翌日18日は夕刻のフライトまで時間があるので

c0079828_18373044.jpg


ヴィクトリア&アルバートミュージアムを訪れて…

c0079828_18453777.jpg


c0079828_18390538.jpg


ウイリアムモリスがデザインしたレストラン・カフェを見学してきました




c0079828_21172334.jpg
ホテルに戻る時間ぎりぎりまで…
最上階の陶磁器の展示室で、おびただしい数のセラミックの数々~
見ごたえ十分です…



c0079828_18460090.jpg

中庭では・・
日差しを浴びて~思い思いの時間を楽しんでいる人達で
相変わらずにぎわっていました



今回の渡英では、体調がよかったので
予定を全て履行できました
これにて2017年5月7日~のイギリス報告を終えたいと思います

今までお読みくださいまして、ありがとうございました



毎日暑い日が続いていますので、どうか皆様も御身おいといください



# by karibu-chai | 2017-07-17 18:52 | イギリス | Comments(10)
Sissinghurst Castle Garden #2

" Sissinghurst Castle Garden ” の報告を続けます…



とても強い日差しのもと…一応ガーデンを一巡して

c0079828_22390279.jpg


喉も乾き~お腹もすいたので
カフェテリアで休憩をとりました
いつもながらの「スコーン」や焼き菓子などが並んでいましたが
冷たいリンゴジュースを買って、持参のスナックで一休み


c0079828_22483747.jpg


食事をしていると
赤ちゃんがとても元気に笑っている声がしてきて
思わず~そばに寄ってみました

8ヵ月の曾孫boyとそのママであるお孫さんと…おばあちゃんと…
にこにこ平和なファミリーが日向ぼっこ…
いい光景ですね…
”I'm so happy!"とそのおばあちゃんは嬉しそうに笑っていましたよ!
(昨年亡くなった母と…私の娘と孫を思い出しました!)



c0079828_22574219.jpg


c0079828_22582671.jpg


一休みした後で…
今度はシンボル的な高い塔の上まで上がって見ました


c0079828_22584427.jpg

ガーデンの様子が一望でき素晴らしい眺めです

6月後半~7月にかけてが、一番の見ごろだそうですから
私の訪ねた5月半ばは~少し早かったのですが
それでも
多くの人々で賑わっていました

*****

見学を終えてタクシーを呼んでもらおうとしましたが
2時間以上も待ちますよと言われ、どうしたものかと思っていましたが…
丁度30分後に予約したご夫妻がいますから
シェアーしてくださるか頼んでみたらと係の方に言われ…
お願いしましたら、同乗を快諾してくださり…
結局ロンドンまでご一緒しました
カナダからいらっしゃっていた素敵なご夫妻でした
本当にありがたかったです


素晴らしいガーデンの後は、素敵なご夫妻との出会い
思い出深い一日になりました




# by karibu-chai | 2017-07-10 23:20 | イギリス | Comments(6)
Sissinghurst Castle Garden #1

5月のイギリス報告も
途中で 色々と予定が入ったりして
気が付けば…すでに7月
あと少しですが・・どうぞお付き合いください

★ ★ ★

2回目の月曜日でアンティークハントは一応終了し
翌日火曜日は、ナショナルトラストのプロパティーである
”Sissinghurst Castle Gardenシシングハーストキャッスルガーデン”を訪ねました

c0079828_23134376.jpg

世界中のガーディナーの憧れの聖地と言われる
有名な"Sissinghurst Castle Garden"は
ロンドン・チャーリングクロスから列車で1時間ほどの
「Staplehurstステープルハースト」で降り
あらかじめ予約しておいたタクシーで15分ほどのところにあるので
ロンドンから日帰りで行くことが出来ます

(ナショナルトラストのプロパティーは辺鄙な所にあることも多く、
タクシー乗り場などないこともあるので、前もって調べて予約しないと
大変なことになります…この日は、ちゃんと待っててくれてほっと一安心)

c0079828_23385050.jpg


このガーデンを象徴する赤レンガの高い塔の歴史をひも解くと
12世紀にまでさかのぼるようです


長い歴史を経て…戦争で廃墟のような状況になったこともありましたが、
この塔ばかりが残った場所が気に入り、1930年に買い取った
Vita Sackville Westヴィタ・サックヴィル・ウェストとその夫Sir.Haroldハロルドが
現在のガーデンに作り上げました

c0079828_23532735.jpg


5月16日・この日はお天気にも恵まれ…
色とりどりの花ばなが美しく
5分咲き位が多かったですが…薔薇もだいぶ楽しめました


c0079828_00003978.jpg


木立の立ち並ぶ森のように区切られたガーデンには
木々の足元に…可愛らしい背丈の花々が
絨毯のように咲いていて独特の雰囲気をかもし出していました

c0079828_00034571.jpg


手入れをするこのようなスタッフのお蔭で
私達は美しいガーデンを見ることが出来るのですね…

c0079828_00065691.jpg


c0079828_00072830.jpg


このガーデンの名を一躍有名にしたのは
白い花ばかり集めた・・この「ホワイト・ガーデン」



c0079828_00105509.jpg


大きな生垣に白い薔薇がたわわに咲き誇る光景には
未だ少し早く 見ることは出来ませんでしたが
咲けばこんな風になるそうですよ(webからお借りしました)

c0079828_00342642.jpg

この素晴らしいガーデン観賞はもう少し続きます…




# by karibu-chai | 2017-07-06 00:15 | イギリス
滞在中の悩みと云えば…野菜摂取

リージェンツ・パークで、日曜日の午後をゆっくり過し
帰りは徒歩で「Baker Street」駅まで行き

c0079828_11330462.jpg


久しぶりに、地下鉄・サークルラインに乗りましたが
日曜日の午後だからでしょうか…とても空いていて
おまけに 綺麗で新しい車両
思わずカメラでパチリ!!

バリアフリーのように 車両内の床もす~~っと向こうまで平ら…
座席シートも、一人分づつ区切られているような造り
普通はシートは分断されていなくて一枚の長いシートで
となりの人が座ると、ドス~ンと自分までお尻が上がる感覚が…
振動が半端でないのです

車内も明るく、清潔な感じでした



パディントンに着いて、構内の「M&Sマークス&スペンサー」で

c0079828_11414419.jpg


夕食用にこの日はキヌアやナッツ類がいっぱい入った
スーパーフードで作られたサラダと
甘いものも食べたかったので
ヴィクトリア・サンドイッチケーキも買いました

サラダは食べごたえあって、デザートとサラダでお腹いっぱい!

滞在中の夕食は、ほとんど外食せず
日本から持参したアルファ―米や缶詰やレトルト食品など
キッチンがないホテルの部屋で…(キッチン付は高い)
美味しいは二の次・三の次で何とか工夫していただいていますが
特に野菜の摂取には気を遣います
(外食ばかりだと、体調を崩してしまうので…そのようにしてますが
はっきり言って、10日もいると飽きてしまい悩みの種です)





c0079828_11542078.jpg


翌日 月曜日は先週に引き続きコベント・ガーデンに…
先週は本当に期待外れで がっかりしましたが
この日はいつも質のいいレースを扱うKさんが来ていてラッキー!!
それ以外はあまり収穫はなかったのですが…

コベントは好きなので
珍しい黒人の女性ソプラノの美しい歌声をしばし楽しんで

c0079828_12031092.jpg


先週と同じくWhittaradのティールームで
「オレンジケーキ」をポットサービスの紅茶と共にいただきながら

溜まった旅行日記を まとめて一気に書き進めました

この日で アンティークハントは終了…
木曜日の離英までの数日は
荷物の整理やセミナーのための取材やお愉しみ時間となります

* 

ウイッタードでお茶した後は ブラブラ買い物しながらホテルに…


夕食のサラダ…もう飽きたな~温野菜が食べたいな~なんて
そこで あることを思いつき

c0079828_12061852.jpg


サラダ用の既に洗ってある”Ready to eat"のほうれん草を
ホテルに備え付けられている電気ケトルを利用して
ほうれん草のお浸しを作ってみました

これが大成功!!

キッチンペーパーで茹でたほうれん草の水気を取り
おかかふりかけとマヨネーズを絡め
缶詰の「筍の煮物」を添えました
立派な一品が出来上がり!


c0079828_12064301.jpg


他には、アルファ―米にレトルトの中村屋のカレーを温めてかけ
タンパク質補充で煮大豆を添えて…
 デザートはリンゴとマンゴーをいただきました

この日の夕食は 超豪華!!
 
電気ケトルをお鍋のように使うアイディアですが
我ながら~よく考えた!と思って美味しくいただいたのですが

その後偶然にお会いした 顔なじみのディーラさん曰く
「あ~ら以前からやっていたわ~!」ですって~!!

でも…
キッチン付ではない 狭いホテルの限られた設備の中で
何とか色々工夫するのは 
「必要は発明の母である」と言ったエジソンの精神かと…
ふと思ったりして…
ちょっと大げさでしたかね

あと少し続きます…




# by karibu-chai | 2017-06-30 17:51 | イギリス
週末~日曜日は…
c0079828_16234967.jpg

毎月1~2回 日曜日に開催される 
ADAMS Anteiques Fair★★★には、日程によって
行かれる時が少ないのですが
今回は行くことが出来ました

10時オープン前には長い列が出来ますが…
結構掘り出し物もあるので
この日も早めにホテルを出て 20分ほど並び、入場しました

ステキなVintageの刺繍入りのテーブルクロスを何枚かゲットし
1時間ほどグルグル回って何点か小物をお買い上げ



一旦又…
ホテルに戻り 部屋で軽く昼食を済ませ…

あまりお天気がいいので 再び出かけました
(私も元気がよいですね…)

バラの季節には少し早いデスガ…数年前にバラが美しかったので
どの位開花しているか…見たくなり

c0079828_16384158.jpg


バスに乗って Regent's Park へ…行きました

残念ながら 薔薇はちらほら開花している感じで
ほとんどが未だ固い蕾でしたが
陽のよく当たるところとか種類によっては開花が進んでいました


私はベンチに座り 持って行った本を開き
午後の日差しを浴びながら暫し読書…

こんな時間…久しく経験していなかったな~と
リラックスした気分で 時々周りの光景に目を配りながら
日曜の午後の時間を満喫していると


c0079828_16501343.jpg

c0079828_16420881.jpg

可愛い姉妹がスケーターで競争を始めます
下の妹は、お姉ちゃんに負けまいとスゴ~~く頑張って走りますが
中々お姉ちゃんに勝てません
もう一回・もう一回と何回も競争します

そんな光景を周りの人たちもニコニコして見ています
何とも ほほえましい光景じゃありませんか…

あ~~いい日曜日だわ~~!!

c0079828_16511416.jpg

午時4時過ぎになって 少し涼しい風が吹いてきたので
ベンチを離れ~池の方を回って帰路につきました

どこの国でも 人々が公園でのんびりしている光景は
平和でいいですね…
こんな平穏な日々がず~~っと続きますように

続く…




c0079828_16562380.jpg
追記

昨日は、小林麻央さんが長い闘病の末 天国に旅立ってしまったニュースが
一日中TVから流れていて、とても悲しい一日でした
34才という若さで本当に残念でしたが
彼女の前向きな強い生き方は
彼女のブログKOKOROなどを通じて
多くの人に愛と勇気と優しさを与えてくれて
これからも多くの人の胸の中で生き続けていくことと思います

天国から 海老蔵さんと二人の大事なお子さんを見守ってあげてくださいね

一生懸命生きた麻央さんのご冥福を心よりお祈りします
合掌






# by karibu-chai | 2017-06-24 17:07 | イギリス | Comments(4)
週末~土曜日は…

イギリス報告を続けます

c0079828_17570362.jpg


土曜日は…
Notting Hillノッティングヒルのポートベローのマーケットです

大体8時前には現地に着いてSilver関係の行きつけの店に直行し
何点かお買い上げし…
その後は
顔見知りのストールの皆様に「ごきげんよう~」とご挨拶がてら
見て回って…11時過ぎにはホテルに戻り

ホテルで軽く昼食を済ませて



再度…出かけました
行先は…「ウイリアム・モリスギャラリー」

ヴィクトリアラインの終点「Walthmstow Central駅」から
徒歩で15分ほど行くと…
(実際は色々な人に道を尋ねながら行くので、もっとかかりましたが…)

c0079828_19495719.jpg


William Morris Galleryに到着

モリスが、1848年~1856年までの多感な青年時代を過ごした家で
1950年にギャラリーとしてオープンされ現在に至っています

c0079828_19575889.jpg
c0079828_19585602.jpg


ヴィクトリア時代、詩人、思想家、工芸デザイナーとして活躍した
ウイリアム・モリスは、
産業革命による大量生産を批判し
中世の手仕事を見直すことを主張します

日用品をアート化する
「アーツ・アンド・クラフツ運動(Arts and Crafts Movement)」の
旗頭としても知られています


c0079828_22172188.jpg

館内には…

自身がデザインした壁紙、生地、タペストリー、家具などの実物が
200点以上もディスプレイされており
素晴らしい作品を見ることが出来ます


c0079828_22241785.jpg


貴重な作品なども分かりやすく展示されており
見応えも十分で…時間も忘れてしまいます

館内に併設されているカフェで
エルダーフラワー水など飲みながら一休み…

ギャラリーを取り囲むように広~いガーデンがあり
この日は週末・土曜日の午後でしたから
家族連れやカップルなどが、思い思いの楽しい時間を過している様子
とてもいい雰囲気でした

モリスのアートに対するこだわりや精神が
数々の作品やその作り方の過程に表れていて
大変意義深いギャラリー見学でした

続く…




# by karibu-chai | 2017-06-21 22:37 | イギリス
2017年・ダージリン1stフラッシュを愉しむ会
c0079828_18012108.jpg


カリブチャイ恒例「ダージリン1stフラッシュを愉しむ会」を
6月6日と10日の両日 開催いたしました
6日は9名。10日は11名と
大勢のお申し込みをいただきました


c0079828_18060061.jpg
5月にカリブチャイにお嫁入りしたジョージアンのティーポットも
早速皆様にお披露目いたしました

c0079828_18082564.jpg
今回選んだ2017年ダージリン1stフラッシュは
マリボーン茶園・リザヒル茶園・チャモン茶園・ジャンパナ茶園の4種類

サンドイッチや色々なお茶請けと共に ご賞味いただきました
リザヒルとチャモンは 今回初のテイスティング
メインのティーフーズは
「アメリカンチェリーのパウンド」と「甘納豆のメイプル風味の寒天寄せ」

c0079828_18125845.jpg
今回は特別に 

英国湖水地方の北・ペンリスという町の郊外に、17世紀からハセル家が代々所有するDalemainダルメイン」という邸宅があり、そこの12代目のオーナ夫妻の趣向で12年前から「マーマレードアワード&フェスティバル」が始まりました。今では世界中から、自慢の手作りマーマレ―ドが応募され、その年のアワードを競い合います。マ-マレード好きが集まって繰り広げられる、年に一度のお祭りですが…


ティーインストラクター2期の先輩・林敦子さんが
2015年から3年連続でコンテストに応募され
3年連続でゴールドやシルバーを取得されましたので…


c0079828_18290000.jpg

林さんの2016年GOLDの「伊豆」と2017年GOLDの「Bitter」
そして先月私が渡英の際F&Mフォートナム&メイソンで求めてまいりました
2017年WGOLDを取得した2種のマーマレードと伝統的なセヴィルオレンジのマーマレ―ドの5種類をテイスティングしていただきました


c0079828_18344792.jpg

ご参加の皆様には昨年の8月にNHKBSプレミアムで放送された
「ダルメイン魔法の庭」を、マーマレードフェスティバルの模様なども織り込み、20分ほどに編集したものをご覧いただきました。


爽やかなダージリンファーストフラッシュと共に
伝統を守り続けてきた「ダルメイン」から届いた
貴重なマーマレードを味わいながら
今年の恒例のセミナーは…
ご参加の皆様の笑顔と共に終了いたしました

お申込み・ご参加くださいました皆さま 
ありがとうございました

★★

林敦子さんのマーマレ―ドは
「EnglishKichen」というネーミングで販売されています

c0079828_23353427.jpg
2016年3月・林さんがaward取得の表彰式に
着物姿でダルメインに臨んだ時



# by karibu-chai | 2017-06-16 14:04 | セミナーorイベント | Comments(2)
チェルシーのショールームへ…
c0079828_17590336.jpg
金曜日のバーモンジーで
お取り置きお願いした「ジョージアンのシルバーポット」をゲットして
その後…30分ほど他のストールを巡り
大事なポットを抱えて 一旦ホテルに戻りました

簡単に昼食を部屋でとった後…少し休んで
再び出かけました
行先は チェルシーのデザインセンター
 
シェパーズブッシュ駅までバスで出て~そこから地下鉄ではなく
OVER GROUNDで目的地まで行きました
いわゆる日本でいう電車の感覚です…私初めてOVER GROUNDに乗りました

c0079828_17571311.jpg
Imperial Wharf 駅で下り
チェルシーハーバーのデザインセンターへ…


c0079828_18350427.jpg

秋のセミナーで「ウイリアムモリス」を扱おうと思っているので
今回の渡英では モリス関係のプロパティーを訪ねるのも
大きな目的の一つにしていました

このセンターにはファブリック関係のメーカーが相当入っていて
こちらの「ZOFFANY」というメーカーは
「ウイリアムモリス」のカーテンや壁紙等も大きく扱っているので

現代のファブリック関係での「モリス」の動向を
色々伺わせていただきました


c0079828_21390351.jpg
世界で愛されている「ウイリアムモリス」ですが…
特に日本とスエーデンが人気が高いとのこと

感じのよいスタッフの方が 親切に説明してくださいました

「MORRICE&Co」のずっしり重いサンプル帳を開いてみれば
おびただしい種類のカーテン生地のサンプルが
目に飛び込んできました~!


モリス没後120年を経て今なお彼のオリジナルを基に…
日々進化して
新しい作品を作り出しているとのことでした

昨年はスタンデン・今年はこのショールームの他
後日




ギャラリー・Red House・V&A内のモリスが手掛けたレストラン等々
ご紹介していきますね…

続く…




# by karibu-chai | 2017-06-13 22:07 | イギリス | Comments(4)
金曜日のバーモンジーでは…
c0079828_18015545.jpg


金曜日はバーモンジーのアンティークマーケットへ…

Bermondsey Marketは、
ロンドン・ブリッジ駅(London Bridge)またはバラ駅(Borough)から
10~15分ほど歩いて行くことができます


15年ほど前は、今の会場の前にある倉庫も開放して
色々散策でき掘り出し物も多いマーケットでしたが
都市開発のため10年ほど前から
周りはビルが建ち、すっかり様子が変わってしまいました
(2006年9月/カリブチャイオープン前の買い付けでの過去記事…★★★)

出店しているストールも昔に比べると かなり少なくなってしまって残念ですが 
依然外せないと思うディーラーさんもかなりいます

実は…
火曜日のケンプトン・パークのマーケットで
シルバーを扱う顔なじみのご夫妻がディスプレイしていた
200年以上前のジョージアンのティーポットを
どうしても諦められず…
・・・・・
迷ったあげく
買いたい旨を…金曜日の早朝5時頃、そのご夫妻に電話を入れました
(彼らは2時間かけてバーモンジーにやってくると聞いていましたから)

バラ駅から歩いて行く途中
既に買い物を済ませたディーラーさん達とすれ違いました…

「あ~電話を入れておいてよかった・・!」と思いましたよ


c0079828_21294138.jpg

一目ぼれしたティーポットはこちら↑
1801年・London製のスターリングシルバー
専用のティーポットスタンド付き
こんな品はめったに出会わないです   

 
c0079828_21334325.jpg

7年ほど前に私のもとにお嫁入りした
1804年・チェスター製のスターリングシルバー
カリブチャイのティーセミナーではいつもお茶を淹れて
皆様にサーブさせていただいています

このフォルムがとても優雅で
「欲しい~」とおっしゃる方も多いのですが
c0079828_21390798.jpg

しばらくは 私のもとで楽しませていただきましょう…
専用のティーポットスタンドがついているところが何ともレアです!
大満足!!


続く…




# by karibu-chai | 2017-06-08 21:45 | イギリス | Comments(4)
予定をこなしましょう…

月曜日/コベントガーデンから始まって~
火曜日/ケンプトン・パーク・水曜日/ルイス

そして 4日目は…


木曜日/Spitalfieldsスピタルフィールズに…行きました

c0079828_23201264.jpg

いつも それなりに 掘り出し物があるのに…
今回は~空振り

まーそんなこともあるよね

★ ★ ★

気を取り直して

c0079828_23303672.jpg
その足で ピカデリー方面に出て
「フォートナム&メイソン」に行き、セミナーと研究会で使う
大事な買い物を済ませました

"time is money" ~ 時間は有効に使わないと!

それは、ダルメインでアワードを取ったマーマレ―ド
2種類を残して あとは在庫切れ
でも2種類でもゲットできてよかったです


2Fもちょっと覗いてみました
c0079828_23350925.jpg
何とF&Mに お弁当箱が売っていました!!

そういえば・・・
「bento」
ロンドンで流行っているみたいです
一昔前は 生の魚=お刺身を食べる外国人なんて考えられなかったのに
今や…
「お寿司」は世界中で大人気!!
ラーメンも人気ですが…今度は弁当ですか

日本の食文化も大したものですね!!

続く…




# by karibu-chai | 2017-06-05 23:42 | イギリス | Comments(6)