ナイロビでの出会い
今 皇太子さまが
アフリカのガーナとケニアの二カ国のご訪問の旅に出られていらっしゃいます


第82回の米アカデミー賞も決まりましたが…


今年の日本アカデミー賞ーをとったこの映画
c0079828_23414353.jpg

c0079828_2342648.gif
渡辺謙さんが主役を演じた
山崎豊子のベストセラー「沈まぬ太陽」の主人公は


もと日本航空の 故小倉貫太郎氏がモデルになっています


実は1971年7月に
私が初めて東アフリカタンザニアに行った折
予定の便が急にキャンセルになり

パキスタンのカラチ → エチオピア・アディスアベバ → ケニア・ナイロビまでは
カラチで便が取れて行けたのですが…そのあとはリクエストで…出たとこ勝負!!

ケニアのナイロビ空港で待っていてくれたのが
この本の主人公・故小倉貫太郎氏だったのです

便の手配をしてくださって待っている間
小倉さんは 一人でタンザニアまでいく私に…こうアドバイスしてくださいました
「アフリカでは待つのが仕事です。明日…と云ったら1週間後。 
    一週間後と云ったら…1ケ月後位に思っていてくださいね」…と…


そのアドバイスは タンザニア滞在以降も
何かと役に立ちました


大分後になって知ったことですが
JALの労働組合の活動がもとで 
当時日の当らない赴任先…
ケニア・ナイロビをはじめ…国外勤務を命じられた小倉さんでしたが


その後 彼を主人公にした小説が出版され
映画化され・・
そしてJALの破たん~再生~

この事態を 天国の小倉さんはどんな気持ちで観ておられるのでしょうか?
by karibu-chai | 2010-03-08 23:30 | 色々な出会い | Comments(8)
Commented at 2010-03-09 05:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by karibu-chai at 2010-03-09 09:59
鍵コメ様
お気遣いありがとうございます。
又メールさせていただきますね。
Commented by good-kai at 2010-03-09 18:13
こんにちは~
1970年代に若き乙女が 単身アフリカに行ったことがすごい~です。
今ならまだしも、karibu-chaiさんは兼高かおるさん(歳がバレそう)のようです。
そんな折の小倉さんの御親切は 旅で得られる良い思いでとして忘れられませんね。
病気を乗り越えての渡辺謙さんの活躍も素晴らしいです。

Commented by karibu-chai at 2010-03-09 21:56
good-kaiさま、こんばんは~

若かかったことは事実ですが、乙女だったかどうか・・・?
でも若さで突っ走りました~!! 
兼高かおる世界の旅・・人気番組でしたね。
小倉さんは日本に戻られてから、アフリカ好きの人たちの集まる
サバンナクラブと云うクラブを組織されて…私もメンバーに入れていただいて
いました。 渡辺貞夫さんや見城美恵子さん、
当時の上野動物園の園長・増井光子さん・・・他…
著名なアフリカ好きの方がたもメンバーでした。
渡辺謙さんも白血病を克服して、今や国際俳優として活躍していますね…
Commented by yoko at 2010-03-11 13:27 x
へえええ!すごいね!びっくりだ。JALの人が迎えに来てくれたというのは何回も聞いてたけど。
Commented by karibu-chai at 2010-03-12 00:29
yokoさん、あら~知らなかったの?
小倉さんがこんな風に小説のモデルになるとはね…その当時は
全くわからなかったですよ。
あなたの好きな渡辺謙さんだしね…
Commented by akiko at 2010-03-20 22:26 x
小倉さんは 息子の高校の大先輩です。
校風そのもの、グローバルな活躍をして、どんな時も転んでもただでは起きない強さをもったかただったと 校長先生が以前お話してくださいました。
素晴らしいかたでしたよね。
Commented by karibu-chai at 2010-03-20 23:22
akiko さん、こんばんは~♪

そうだったのですか!
大きなものに巻かれず、自分の生き方を持った方だったのでしょうね…
帰国なさった後、アフリカ好きな方々の集り「サバンナクラブ」
を後援なさり、私もメンバーに入っていましたが、子育てが
忙しくなり…離れてしましましたが・・
私が、カリブチャイを始めたことを天国から見ていてくださるかしら?
<< 幸せのリフォーム おひな祭りお茶会・セミナー >>