Toile de Jouy=トワル・ド・ジュイ
Toile de Jouy=トワル・ド・ジュイ とは

18世紀ごろの
人物・風景(時に花など植物柄)がモチーフになった
デザインの布や柄のこと
日本ではカルトナージュの世界で知られていますね…)

c0079828_22534126.jpg
昨年10月の渡英の折 求めてきた布でティーコージーを作ってもらいました


c0079828_22573959.jpg
こちらは
ロンドン・シンガポール・そして日本でも
ファニシングのお教室を展開している
maribabaさんが いつもの生地屋さんで 勧めてくださった
トワル・ド・ジュイの現代版イギリス生地で作ったもの…

「日本人は、こういうのが好みだから~」とおっしゃった通り~
母が作るそばからお求めいただいて…
もう 在庫は1点のみになりました


c0079828_2325850.jpg
こちらの方は…
1960~70年ごろの…ヴィンテージもの
多分フランスの生地とか…


c0079828_2371739.jpg
Sunbury(ケンプトン・パーク)のアンティークマーケットで
こんな古布の山から探し出します…

カーテンの上部に取り付けられていたフリフリの部分で
シミもなく、比較的しっかりしていたので
求めました
とにかく色合いが気に入り
自分用にと…求めました


昔のカーテンが…
海を渡って~

今度はティーコージーになり
ティータイムのテーブルの上で
新しい時を重ねて行く…


Toile de Jouy=トワル・ド・ジュイ
時代を超えて 人々に好まれ・愛されてきたものには
やはり言葉に言い表せない 不思議な魅力があるように思います
by karibu-chai | 2011-01-27 23:29 | 紅茶or紅茶周り | Comments(18)
Commented by junko73oz at 2011-01-28 07:31
おはようございま~す。
トワル・ド・ジュイ、
カルトナージュのレッスンでも使いますが、
とてもエレガントでクラッシックに仕上がり大好きです。

フランスには専門の美術館もあるそうで、
行ってみたかったのですが
時間が足りず出来ませんでした。

先生のとっても素敵ですね。
さすが本物。いいなぁ~^^
Commented by 加代子 at 2011-01-28 17:09 x
     今日は~♪
Toile de Jouy、英国でも織られたのですね。
カーテンではないですが 壁に布地が使われてるのは
古いお家で見た事があります。
お母さま手製のティーコゼー、お茶会で拝見しました^^
上品な感じで 日本で人気とよく分かります。
Commented by flyrobin at 2011-01-28 21:02
karibu-chaiさん♪
こちらの生地は人気があるのも納得。
ステキですよね。
加代子さんの仰るように、壁に布地使ったものを
私もどこかのカントリーハウスだかで見ましたよ!

お母さま、お元気ですか?
karubu-chaiさんが仕入れて来られた布でティーコージーを
お作りになるというのはお母さまにとっても喜びだろうなって
容易に想像できます。年齢を重ねれば重ねるほど、必要と
されるというのは嬉しいことですよね。ましてや愛娘の
お仕事に携わるのですもの。。よろしくお伝えくださいね。
Commented by karibu-chai at 2011-01-28 23:16
junkoさん、こんばんは~♪

junkoさんは手先も器用でいらっしゃるので、素敵な刺繍や
カルトナージュの作品など、ブログで拝見しています。
いつも、うっとり~本当にセンス良くお上手だな~と…

トワル・ド・ジュイの美術館がフランスにあるのは聞いたことがあります…
古布は一度といてから洗濯し、それから作るのですが、
カーテンなどは裂けるほど弱くなっているところもあり、
慎重に選ばないと使い物にならないこともありますが、
陽があまり当たっていなかったのでしょう…こちらのブルーのほうは、
かなりしっかりしていて、ラッキーでした!!
お買い得なお買い物をすると、やっぱり嬉しいですね。
Commented by karibu-chai at 2011-01-28 23:22
加代子さん、こんにちは~♪

トワル・ド・ジュイの柄向きは、とても雰囲気があって、いいですね~
イギリスの生地屋さんで求めた黒い柄の方は、ちょっと強いかな?…
と思ったのですが、作ったら意外とよかったです。
モノトーンだと合わせやすいのかも…
お茶会で使っていたのは、ヴィンテージものの方ですね。
柄向きは洋風ですが、雰囲気は着物に共通するものがあるような気がします…
Commented by karibu-chai at 2011-01-28 23:27
ロビンさん、こんにちは~♪

母へのお気遣い…ありがとうございます。
今年は寒さが厳しいのですが、風邪も引かず、今のところ
元気にしていてくれて、助かります。
ロビンさんのおっしゃるように、頼めばせっせと作ってくれます。
でも、母は自分の趣味のサークルなどにも参加したり、
英会話や書のおけいこもあるので、その合間で…縫ってくれています。
社会と接触していられることが、年を重ねても元気でいられる、
源なのでしょうね…母を取り巻く色々な方々に感謝しています。
Commented by Yoko@FRA at 2011-01-29 20:13 x
トワル・ド・ジュイという存在自体を初めて知りました。とても美しい布が、お母様の手によってさらに新しい命が吹き込まれ、素敵なティーコージーになり、布に描かれた物語がお茶会という新しいchapterとして続いていくのですね。ロマンティック。
Commented by maribaba at 2011-01-29 23:20 x
こんにちは。
トワルドジュイのお値段はぴんきりですが、
お買い求めになられたものも風ではなく
トワルドジュイですよ。最近ではフランスだけ
ではなくUSでも作られています。

Commented by akiko at 2011-01-29 23:23 x
私の家にも このティーコージー来てくれました。実はもったいなくてまだ使っていません。(笑)
お母様の手作りのティーコージー 大好きです。
Commented by good-kai at 2011-01-29 23:56
こんばんは~
この生地、上品で素敵ですね。
こういう生地のテーブルランナーがほしいです。
今日、家具屋さんで素敵なテーブルランナーを見まして
お聞きしたらカーテンの生地で作ったそうです。
テーブルまわりに素敵な生地のものがあるって
楽しくなりますね。
お母様、本当にお元気!細かい作業がお出来になってすごいです。
Commented by karibu-chai at 2011-01-30 01:31
フランクフルトのyokoさん、こんばんは~♪
柄は大好きですが、柄が大きいので、小さなティーコージーに
するには、合わないかな~と思ったら、全然OKだったので、
自分の思い込みは、いい方に外れました~
ストーリー性のあるものは、雰囲気が出ますね。
Commented by karibu-chai at 2011-01-30 01:37
maribabaさん、こんばんは~♪
ご指摘ありがとうございました。訂正しました・・
USAでも作られているのなら、日本製はないのかしら?
maribabaさんのセンスに助けられて…いい生地に巡り会えて、
幸せでした…ありがとうございました。
Commented by karibu-chai at 2011-01-30 01:43
akikoさん、こんばんは~♪

ありがとうございます。 
もったいないなんておっしゃらないで、
どうかお使いになってください~!
母も喜びます~♪
Commented by karibu-chai at 2011-01-30 01:48
カイトママさん、こんばんは~♪

カーテン生地はとてもしっかりしているので、
カリブチャイでもよく使います。
お気に入りの生地で作ると、世界で一つのオリジナルが出来ますね。。。
いつまでも母が…というわけにもいかないでしょう。
でも、もう少し続くといいな~!
Commented by un-jour-de-fleurs at 2011-01-30 15:52
karibu-chaiさん こんにちは~♪
とても素敵なイギリス風の生地ですね!
お母さま制作!!!  すごいですね!
素敵です。
色々な生地やおリボンのお写真 気になります。
お花に使えないかしら~  と考えてしまう私です。
苺狩り楽しそうですね。 私も行ったことがないかも~
そして~
バラ ドライになってとても素敵ですね!
開いた様が雰囲気があり素晴しいと思いました。
送られた方もきっと大喜びですね。
Commented by karibu-chai at 2011-01-30 23:44
reeさん、こんばんは^^
九州も今冬は随分寒波の影響を受けて、雪も降って…大変ですね。
トワルドジュイはフランスがルーツなんですって!
ショップのティーコージーやキャスの生地をアレンジしたエプロンも、
母の手作りです。とても丁寧に作ってくれて、好評です~♪
ありがとうございます。

アンティークマーケットでは、必ず古い布やレース・ボタン・リボンなど…
必ず出ますが、そのマーケットごと、特徴があって、
このケンプトン・パークのマーケットは、結構こんな感じの
ストールが多いです。 
印字の薔薇~reeさんに褒められて…嬉しい!!
Commented by edy-mama at 2011-01-31 17:50
こんにちは
イギリスと紅茶の文字に惹かれ、
初めてコメントさせて頂きました。
紅茶の先生なのですね!
紅茶、好きです
そんなに、分からないのですが好きな紅茶は
濃くて香りが良くて渋みがないものが。(誰でもそうか!)

そして、イギリスは娘が4月から2年間訪れる国です。
何だか心配なんです@@

また、お邪魔しますね。
リンクしま~す。
Commented by karibu-chai at 2011-01-31 22:25
edy-mamaさん、初めまして…
コメントありがとうございました。
カリブチャイの紅茶を召しあがりにお越しくださ~い!

お嬢さまがイギリスに…遠くに離すのは、親として、心配ですよね。
留学ですか? 最近は、以前ほど留学したい若者がいないと聞いています。
でも、これからはどんどん世の中グローバル化するので、
本当は海外に出て、色々経験するのがいいのにね…
お母様もお嬢さまがいる間に、何度も訪れればいいのに~!
<< カリブチャイ・2011年前半テ... 初めての いちご狩り >>