Cardiff National Museum & Gallery
Cardiff National Museum & Gallery_c0079828_14435991.jpg

カーディフ城の後は…
Cardiff National Museum & Gallery
カーディフ国立博物館&美術館
へ行きました

ネオクラッシック様式の優雅な外観です


Cardiff National Museum & Gallery_c0079828_14453452.jpg

中に入ると…
この博物館を利用して 
ウエディングのパーティーも出来るという広告が目を引きます・・・
中々 いいかも~♪


さて、1Fはウェルーズの自然史と動植物に関する展示が中心と云うので
(興味はあるものの…)時間がないので…


2Fの16~19世紀のヨーロッパ絵画のコレクションを見ることにしました
Cardiff National Museum & Gallery_c0079828_14523681.jpg

有名なロダンの彫刻や 
フランス印象派のモネやルノワール等の展示もありました


Cardiff National Museum & Gallery_c0079828_1515586.jpg

その中でも 私の目にとまった
このロダン作の日本髪の女性の彫刻?
タイトルは Head of Hanakoだったと思います039.gif


どうしてここに 日本女性の彫像があるのか~?
ロダンが一体何処でこの女性と会って、制作したのか?

Cardiff National Museum & Gallery_c0079828_15541113.jpg

説明文を写真に撮ってきましたが
ありゃ~ウェールズ語の方を写してきたのでは、分らないですね


そこで調べてみました
…☟


花子
1900年代初頭、単身でヨーロッパに渡り、舞台女優として活躍し、
日本文化の紹介者としての役割を担った。
又彫刻家、オーギュスト・ロダンに認められ、モデルとなっている。
森鴎外の短編小説「花子」のモデルである。

ロダンとは1906年に出会い、彫刻のモデルを頼まれる。
以後帰国するまでモデルをつとめた。
又ロダン夫妻と寝食を共にするほどの親交があったという。
ロダンが花子をモデルにした作品は60点。その内2点を花子は帰国の際持ち帰った。
『ウィキペディア』より


あ~そうだったのですね…

この時代に勇ましい女性がいたものです。
花子さんは身長138cmととても小柄な女性だったとか…
ロダンは花子を「プチト・ハナコ」と呼び一緒に暮らしたそうです


Cardiff National Museum & Gallery_c0079828_15384661.jpg

通路のガラスの扉を開けると…ウェールズの陶磁器のコレクションも
見ごたえがありました


時間があれば もう少しゆっくり見ていたかったのですが
次の目的地 リバプールへ出発の時間が迫っていたので

急いで~ホテルに戻ろうと外に出ました

天気予報通り~怪しげな空模様…
ぽつ・ポツ…雨が降り出して
ホテルで荷物を受け取り、駅に向かう時には本降りに…057.gif002.gif
仕方なくタクシーを呼んでもらって駅に向かいました


リバプールと言えばビートルズ!!
感激&素敵な体験を致しました
              乞うご期待~016.gif(勝手に盛り上がっております!)
by karibu-chai | 2013-06-06 15:50 | ウェールズ | Comments(6)
Commented by 加代子 at 2013-06-06 18:00 x
国立博物館内で 披露宴が出来るなんて凄いです。
記念になりますよね。
館内の絵や彫刻より はやり陶磁器のコレクションが
気になります。
見事な食器が沢山ですね。
Commented by karibu-chai at 2013-06-06 23:57
加代子さん~♪
いつもコメントをありがとうございます。
私も陶磁器の展示は一番興味があります。
ロンドンのV/Aミュージアムも豊富な展示ですね…
ウェールズはそれなりの特徴があるのかしら・・?と思って
ゆっくり見学したかったですが…何せ、時間がなくてね。
又機会があったら、再度訪れたいです。

Museumでのウエディングパーティー…本当にステキですね。
粋な計らい~思い出になりますね。
Commented by maribaba at 2013-06-08 08:24 x
以前TV番組でロダンのことをやっていました。
この女優でダンサーのHanakoさんのこともやっていました。
この時代に海外に渡ってお仕事をするなんて素晴らしい人ですね。
Hnakoさんは西洋人とはまったく骨格が違うので、また美しかった
らしく、かなりロダンの興味を惹いたようです。
リバプール編も楽しみです。
Commented at 2013-06-08 08:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by karibu-chai at 2013-06-09 01:01
maribabaさん~♪
コメントありがとうございます。
本当に、この時代にヨーロッパ各国で巡業された花子さん~
色々調べたら、波乱万丈な人生でしたが、ヨーロッパの風が
性に合っていたのでしょうか? 素晴らしい女性だと思いました。
マリババさんも海外で活躍されて…素晴らしいです!
体には気をつけて、益々のご活躍を!
Commented by karibu-chai at 2013-06-09 01:02
鍵コメ様
ありがとうございます。
私もそう願っています。
又近況報告いたしますね。
<< 2013・ダージリンファースト... Cardiff Castle~... >>