Chartwell ~#3
Chartwellはチャーチルと
チャーチル夫人であるクレメンタイン(1885~1977)が
1922年に購入した邸宅で…
それは彼らの5番目の子供のメアリーが生まれた年でした

この邸宅の庭は、チャーチル夫妻が丹精込めて造ったものですが
その中でも ひときは目を引く素晴らしいガーデンがあります

Chartwell ~#3_c0079828_15352672.jpg

Chartwell ~#3_c0079828_154209.jpg

それはキッチンガーデンの奥にある
黄金色のローズだけを集めて造った
”Golden Rose Walkゴールデン・ローズ・ウォーク”です。
この黄金色の小路は、チャーチル夫妻の金婚式の贈り物として
子供たちが贈ったものだそうです
素晴らしいですね!!


Chartwell ~#3_c0079828_15485139.jpg

広いガーデンの一角には
小さな子供の遊び場としての小屋があって
中には 可愛い遊び道具もありました…
(チャーチル夫妻のほほえましい一面が垣間見られますね…)


Chartwell ~#3_c0079828_15521887.jpg

Chartwell ~#3_c0079828_15523791.jpg

ノーベル文学賞を受賞したチャーチルですが
もう一つの趣味は絵を描くこと

ガーデン内には Studioという彼のアトリエが再現され
チャーチルが描いた500点以上の作品のうち
150点ほどが展示されていました


Chartwell ~#3_c0079828_15581412.jpg

邸宅(ハウス)見学の時間になりましたので
ガーデン散策を切り上げ 集合しました



邸宅内は、1920年代~1930年代にかけて
チャーチル一家が過ごしたそのままの状態で公開されています
チャーチルの書斎や夫人の寝室…ライブラリーなどがありますが
(中は写真撮影禁止)


Chartwell ~#3_c0079828_1612325.jpg

私が最も心動かされた部屋は…
チャーチル夫妻もお気に入りの
こちらの陽がさんさんとそそぐ…「ダイニングルーム」
(この写真は、私が求めたパンフレットから…)

世界の要人や親しい方をお招きして
くつろいでいる夫妻の絵画などが壁にかけてあり
とても明るい素敵なダイニングルームでした



Chartwell ~#3_c0079828_16211848.jpg

Chartwell ~#3_c0079828_16214457.jpg

素晴らしい自然がいっぱいの
Chartwell

Chartwell ~#3_c0079828_16245029.jpg

愛する妻や子供達と過ごす ここでの生活は
チャーチルにとって かけがえのないものだったに違いありません


私はこの地を訪れて
チャーチルに対するイメージが大いに変わりました!

チャーチルは様々な有名な語録を出していますが…
愛妻・クレメンタインのことを

私の生涯の業績の中で、もっとも輝かしいことは、妻を説得して、私との結婚に同意させたことだ。日曜学校のクラスに、波打つ金髪の美しい少女がいた。私は一目ぼれだった。いまでもそうだ」
と言っています

ブルドッグのような風貌からは想像できない 
妻への…愛情いっぱいの想いを感じますね

1965年にチャーチルが亡くなった後
クレメンタインはチャートウエルに住み続けることをせず、
翌年ナショナルトラストに管理をゆだねます。
(1946年、チャーチルの友人たちと崇拝者たちが、チャートウェルを買い取り、ナショナルトラストに寄贈していました。その条件は、チャーチルとクレメンタインが存命中はここで暮らし続けることが出来るということだったのです)

そんな経緯から…
私たちは、この偉大なチャーチルの歴史的な財産を
ゆっくりと見ることが出来るのです




人間の愚かな弱さを…
「人間が歴史から学んだことは、歴史から何も学んでないということだ」
こう表現しています

パレスチナとイスラエルの連日の戦闘に関するニュースは痛ましいですね
まさに 歴史から何も学んでいないのです・・

罪もない子供たちが泣き叫ぶ姿に…
心が痛みます

早く平和が!! と願わずにはいられません
by karibu-chai | 2014-08-02 16:32 | イギリス | Comments(2)
Commented by Mariko at 2014-08-05 18:19 x
読みふけってしまいました。
有意義な時間を過ごされましたね。
また解説がお上手。
ダイニングルームモダンな雰囲気さえしますね。
子供達がプレゼントした黄金の小道、素晴らしい!
うちも、雑草の小道ならあります。
Commented by karibu-chai at 2014-08-06 18:12
Marikoさま~♪

じっくりご覧くださったのですね。
ありがとうございます。
ダイニングルームの椅子のカバーが、真理子さんのお教室で
教えられている椅子カバーにそっくりでした。ユリの柄が、とても
あのダイニングルームに合っていて、素敵でした。

息子たちから、あんな素敵な金婚式のお祝いが贈られるなんて…
本当に仲の良いご夫婦だったのですね。
年を重ねてこその夫婦だと思っている私。。。

雑草の小路でも、仲良く一緒に歩いてくださいね!
<< カリブチャイからのお知らせ Chartwell~#2 >>