感動をありがとう…
c0079828_17231830.jpg

リオデジャネイロ五輪代表の選考会を兼ねた
日本選手権の男子200メートル平泳ぎ決勝で5位となり
五大会連続のオリンピック出場を逃した北島康介のニュースは
昨夜から私の胸を締め付けるような感動を与えてくれています

今…「北島康介」という名前を見聞きするだけで涙が出ます…


2000年17歳で初めて出場した「シドニーオリンピック」では
惜しくも4位でメダルを逃し…その悔しさをバネに…
その後 アテネ・北京と2回のオリンピックで金メダルをとり
その4年後のロンドンオリンピックでは個人はメダルを逃したが、
メドレーリレーで銀…★★★過去記事

そして今年の五輪出場をかけ
33歳という年齢のリスクを克服せんがため
他の若い選手と共にハードなトレーニングで頑張ってきた
北島康介選手でしたが…おもいは叶いませんでした

しかし…

目的に向かって一生懸命取り組む姿は
五輪出場云々を超えて~人としての大切な生き方等々…
私達に清々しい感動を与えてくれました

ひたむきに努力する姿…素晴らしかった!!

北島選手~本当にお疲れ様でした
あなたが残した足跡は計り知れないほど大きい!

心から”ありがとう”と言いたいです


2000年シドニーで同じ4位でメダルを逃した荻原智子さんが
北島康介へおくるメッセージをネットで見つけましたが、本当に素晴らしい内容でしたのでここに紹介します

 「北島康介」が教えてくれたこと  c0079828_1712887.jpg
ネットから画像もお借りしました

「北島康介」というスイマーは、強くて速い。

「北島康介」という人間は、強くて優しい。

ただ速い、ただ強いだけではなく、優しさをもっているからこそ、周りから愛される。素直な気持ちを表現し続けているからこそ、心から応援したいと思う。

どんな逆境であっても、諦めず果敢に立ち向かう姿は、いつしかみんなの道標となっていた。大好きな水泳と向き合い、最後の最後まで努力を重ねる執念を見せてもらった。ライバルを認め、リスペクトする姿から、強くなるためのプロセスを示してもらった。どんな結果であっても受け止め前進する姿に、弱さを受け入れる勇気を与えてもらった。いつも心に強い覚悟と信念があるからこそ、人に優しく出来るのだということも教えてもらった。

康ちゃん、お疲れさま。

そして、ありがとう。

これからの人生も楽しもうね。



萩原智子 シドニー五輪競泳日本代表


1980年山梨県生まれ。元競泳日本代表、2000年シドニー五輪に出場。200m背泳ぎ4位。04年に一度引退するが、09年に復帰を果たす。日本代表に返り咲き、順調な仕上がりを見せていたが、五輪前年の11年4月に子宮内膜症・卵巣のう腫と診断され手術。術後はリハビリに励みレース復帰。ロンドン五輪代表選考会では女子自由形で決勝に残り意地を見せた。現在はテレビ出演や水泳教室、講演活動などの活動を行っている <Yahooニュースより抜粋>

by karibu-chai | 2016-04-09 17:08 | 大切なもの/大切なこと
<< 同期の懇親会… お花見三昧… >>