平和な願いを折り鶴に込めて…
c0079828_9814100.jpg
(画像はネットからお借りしました)

先週5月27日は「歴史的な一日」となりました

私も翌日のセミナー準備をしていた手を止めて
オバマ大統領が 広島の平和公園に到着してからのTV中継を
しっかり観ていました

平和公園に着いてから直ぐに「資料館」に入られ…
10分ほどで出てこられましたが
その中で、実は大統領からサプライズのプレゼントがあった記事を読み
感動しました!!

画像の写真はオバマ大統領がご自身で折られた「折り鶴」です



以下青字部分は2016/5/28朝日デジタル記事の抜粋です

オバマ大統領は27日夕、広島到着後すぐに原爆資料館を見学した。
同行者らによると、オバマ氏は約5分間、数点の展示資料と向き合い、
岸田文雄外相の説明に熱心にうなずいた。中でも関心を示したのが、
佐々木禎子さんの折り鶴。アクリルケースを特別に外すと、
オバマ氏は顔を近づけてじっと見ていたという。

「実は折り鶴を持ってきました」・・・オバマ氏が突然そう切り出すと、
随行スタッフがトレーにのせて運んできた。
梅や桜の花が彩る和紙を丁寧に折り、
「少し手伝ってもらったけれど、私が作りました」。
白と淡いピンクの2羽を小中学生2人に1羽づつ手渡した。

「私達は戦争の苦しみを経験しました。共に、平和を広め核兵器のない世界を
追求する勇気を持ちましょう」。芳名帳にメッセージを書くと、その上に
別の2羽をそっと置いた。

折り鶴4羽は全て資料館へ寄贈された。
志賀賢治館長(63)は、「オバマさんは禎子さんの話を米国で知り、折り鶴を
準備されたのかもしれない。なるべく早く公開したい」と話す。


禎子さんの同級生のご友人は、
「空に向かって大きく手を広げるさだちゃんの思いが、ついに米大統領にまで届いた。
さらに多くの人に思いが広がるよう願っています」と喜んだそうです…



原爆死没者慰霊碑への献花や17分間のスピーチ。
被爆者2人との会話…原爆ドームや禎子さんの「原爆の像」の見学等々…
1時間余りの訪問でしたが、現職のアメリカ大統領が
「広島平和公園」に足を踏み入れたことは、本当に大きな意味が
あったと思います。

そして、オバマさんがご自身で折られた「折り鶴」は
平和を祈る、オバマ大統領の優しさに満ちた思いがいっぱい詰まった
とても重い~『平和の象徴としての折り鶴』として後世に語り継がれることでしょう



***
オバマ氏の折り鶴は、米紙USA《電子版》では「象徴的な振る舞い』と紹介。
禎子さんの折り鶴は、「核戦争の痛切さの象徴」と伝え
英BBC《電子版》は「サダコと折り鶴」と題する記事を掲載。
作り方の動画を添え「今、折り鶴は平和の象徴」と報じた。

by karibu-chai | 2016-05-30 12:02 | 大切なもの/大切なこと
<< Origami & Sumo 2016年5月27日 >>