心温まるニュース

猛暑と自然災害に翻弄された今年の夏…
あまりの暑さに、小学校の夏休み中のプールも
中止になる日もあり…がっかりした子供達も多かったでしょうね

9月に入り、学校も新学期を迎え
季節は既に秋…
日も短くなりましたね…

昨日の朝日デジタルに胸が熱くなるような…
心温まるニュースが出ていましたので、
要約してご紹介します


c0079828_08523399.jpg

             写真はネットからお借りしました


今年の夏休みの間、茨木県守谷市内で、目の不自由なお年寄りの犬の散歩に
朝夕付き添い続けた小学2年生・松本泰志君が、彼の通う小学校で
校長先生から善行表彰を受けました。

2学期が始まって直ぐ…
「泰志君を褒めていただけましたら幸いです」という内容の手紙が
目の不自由なお年寄り・染谷ちよさん(81歳)から学校に届き。
泰志君の行動が学校に伝わりました。

学校では集会の時、全校生約690人に泰志君の行動を紹介。
その集会のために来られていた染谷さんは…
「優しさに触れてものすごく感動しました。『おはよう』とか『暑いですね』と
声をかけてもらった人は。嬉しいと思います」と話しました。


このお散歩のつきそいは、夏休みの間は朝6時と夕方4時頃の2回。
大雨の日以外は毎日続いたそうです。                 
松本君が1匹の犬を、染谷さんが2匹を連れて、約1.5キロほどの距離を
1時間近くかけて付き添いました。
信号がほとんど見えない染谷さんにとっては、青信号になって毎回肩をたたいて
合図してくれる松本君に、毎回涙が出そうになるほど嬉しかったそうです…
夏休みが終わった後も、夕方のお散歩は続いているそうです。

* * * * *

私もこのニュースを読んで、泰志君が懸命にちよさんをサポートしている
姿を想像して…涙が出ました。
ちよさんも、孫の様な泰志君にサポートしてもらい、嬉しかったでしょうね。

小学2年の泰志君に学ばされましたね…

英才教育も大切ですが…
こんな温かい心を育てる教育はもっと大切だと思います

日々の生活の中で、さりげない一言や優しい行動が出来ること…
それが…人と人との心を和ませてくれるのですね…
まず私達大人が見本を見せたいものですね…



by karibu-chai | 2018-09-21 21:58 | 大切なもの/大切なこと | Comments(4)
Commented by 加代子 at 2018-09-24 15:30 x
本当に心温まるお話ですね。
この夏の猛暑にもめげず 朝夕の散歩は
大変だったと思います。
仰るように 英才教育、成績一番重視の
昨今の風潮より何より
こんな子が増えると 嬉しいです。
Commented by marrone-marrone at 2018-09-24 20:33
素敵なお話です。

夏休みは塾の夏期講習に忙しく自分の時間すらない小学生もいます。自分で考えとった行動。「そんな時間が有ったらお勉強しなさい!」と言われない環境なようでそれも良かったですね。
ほのぼの心が温かくなりました。
Commented by karibu-chai at 2018-09-24 22:26
加代子さん~♪

こうしてあげたいな~と思っても、声をかける勇気が
ない子もいるでしょう…でもその一歩を踏み出し、
相手が喜んでくれたら…それは嬉しいでしょう!
人が喜んでくれること、役に立てること…
結構あるのかもしれません。
こうした優しい子は、このまま素直な状態で
成長してほしいですね。

ロンドン気をつけていってらっしゃい~!
Commented by karibu-chai at 2018-09-24 22:37
marrone-marroneさん~♪

ご訪問いただき、ありがとうございます。
ちよさんが、泰志君の行動を、しっかり受け止めて、
学校に紹介されたことは、よかった~と思います、

おっしゃるように…その行動を温かく見守る環境も
大事ですね…
<< 「オズボーンハウス」行き…中々... National Trustと... >>