ベイクウエル → チャッツワースへ

英国の地名が付いたお菓子は色々ありますが…
スーパーでもよく見かける「ベイクウエル・タルト」という名のお菓子…

その発祥の地、ベイクウエルを訪ねようと計画を立てていましたが
とにかくお天気が良くなくて…でも色々予定も詰まっているし

天気予報とにらめっこしながら…多少の雨でも決行しました!

c0079828_09450106.jpg


ロンドンとパリを結ぶ高速鉄道ユーロスターの発着駅
St.Pancras International 駅から…Sheffield行きの列車に乗り


c0079828_09455289.jpg


Chesterfieldチェスターフィールド駅で下車

駅にはインフォメション(i)もないので
人に聞きながら…町のinformation センターまで寒い中歩きました

information では…ベイクウエル行のバス乗り場を教えてもらい
丁度…オープンマーケットを突き進んだ所だったので
時間が許す限り…胸がワクワクしながらマーケットを散策し
(掘り出し物も数点ゲットして…ラッキー!)

170番・ベイクウエル行のバスに乗車…し
無事ベイクウエルの街に到着

c0079828_09440651.jpg


自称…この街で一番古い(当店が発祥なのだ!と豪語するところが多いのですが…)
「ベイクウエル・プディング」と「タルト」の店で
しっかりその2種類をいただきました

色々リサーチして…
(その詳しい内容は、秋のセミナーでお話しするのでblogではその後で)




ベイクウエルの街からほど近いところに
ジェーン・オースティンの「プライド(高慢)と偏見」の
映画のロケ地としても有名な
『チャッツワース・ハウス』があるので…
 
その店を出て直ぐ「50番」のバスに乗って…
チャッツワース・ハウスに歩いて行かれるバス停で下りました


バスに乗っていた地元のおじちゃん達は…
「あのフットパスを10分ほど歩けば着くよ!」って言っていたので

とにかく、戻る時のことも考え、帰りに乗るバス停の時刻表も確かめて
云われた道を歩き出しましたが…

c0079828_09461420.jpg


行けども…行けども…犬の散歩している人一人に会ったぐらいで
誰も通らないし…


10分なんてとうに過ぎて…
雨続きで道は悪いし…心細くなってブツブツ言いながら30分以上歩いて

やっと遠くに大きな建物が見えてきた!!


続く…


by karibu-chai | 2019-08-06 18:27 | イギリス | Comments(6)
Commented by marucox0326 at 2019-08-07 12:13
こんにちわ。

わ~憧れのユーロスター
もちろん一等車!・・・いいなあ
確か以前、オリエント急行にも
乗車されてましたよね。乗ってみた~い♡
ヨーロッパの鉄道一度しか乗ったことなくて
また乗りたい。けどちゃんと着くか心配^^;

やっぱりイギリスのカントリーサイドはいいですね^^
ショップもお菓子も可愛くて^^
美味しそうだけどかなり甘そう・・・・

バスに乗ったり、案内所や道行く人に
訪ねながらの道行きは、不安より意外に度胸がついて
それもまた楽し・・・ですね^^

「チャッツワ―スハウス」
ネットのサイトで見たら
広大な平原の中にあるお屋敷・・・・
歩いていけると言っても
バス停から10分とは信じがたいですもの。
大変でしたね。でも軽く言ってのける
おじちゃんたちの感覚が逆に凄い^^;

次回が楽しみです^^
Commented by karibu-chai at 2019-08-08 09:39
marucoxさん~♪

いつもコメントありがとうございます。

ユーロスター…憧れですか!
私も大分前、娘とイギリスとパリを旅行した時、一度
ユーロスターでパリに行きましたが…
今回は発着駅は同じですが、チェスターフィードへは
イギリス国内を走る列車でした。
丁度写真を撮ったボードはファーストクラスが
表示されていましが…普通でまいりましたよ!
ファーストクラスは飲み物サービスなどもありますが、
遠距離でなければ、普通で十分です。

はい~オリエント急行のランチトリップも、
その時は夫と、東日本大震災の一年前に乗りました!
それは素敵でしたよ…我々夫婦の宝物級の思い出です。

知らない土地へ行くのは、その土地土地の人々と
触れ合えるし…ワクワク感もあり…とても好きです!
日本人で母国語でない英語を喋れば、相手もしっかり
聞いてくれるし…流暢でなくても事は足りることが多いです。

でも…今回のように誰にもあわないような道をひたすら歩くのは、
ちょっとちょっと…大丈夫かしら?と不安になりましたが…

でも、カントリーサイドは本当にいいですね!
大好きです。
Commented by nonkonogoro at 2019-08-08 19:23
ベイクウエル・タルト
食べたこと無いですが おいしそうですね。
発祥の地で 本場物のケーキを食べてこられたのですね。

私達夫婦も
以前 スイスドイツ語圏の小さな駅で降りて
キオスクのおばあさんに道を尋ねたら
彼女はドイツ語しか話せなくて~
おまけに的地の画像の載っているパンフレットを
忘れてきていて どうしよう~と途方にくれましたが

駅前のイタリアンレストランには 英語を話せるスタッフが
いて なんとか通じました。
やはり 目的地はすぐだと言われたように思うのですが
暑い中 せっせと30分以上も歩いて
やっと到着。 帰りはバスに乗ったら すぐでした。
まだ スマホもタブレットもない頃です。

オリエント急行
いいですねえ~
アガサ・クリスティ原作の映画で見ましたが
ノスタルジックで素敵ですねえ。

Commented by karibu-chai at 2019-08-09 16:54
nonさん~♪

コメントありがとうございます。

確かに…ベイクウエルタルト…甘かったです。

nonさんも海外で色々ご体験があるのですね…
確かに言語に関しては、英語が通じない所は
私もお手上げですが…

私は列車の旅が好きなので、いつも列車を利用しますが、
カントリーサイドの特にナショナルトラストなどの
プロパティーに行くときなどは、駅から大分離れていて
TAXIしかない時は、予約していかないとNGの事も
よくあります。

色々なハプニングもあとになれば思い出ですが…
その時々で、ひや~~っとすることも多いですよ!

オリエント急行は列車自体が、アンティークで、
とにかくゴージャスでした!
叉乗りたいです。

Commented by weierud2 at 2019-08-09 23:02
スーパーで見かけた事はありますが
ベイクウエル・タルトはまだ試した事がないです。
やはりスーパーのは甘いのですねェ。

私もロンドンより地方が好きですが 交通の便の
悪い所も多くて つい躊躇します。
Karibu-chaiさんは 一人でスイスイ行かれるから
凄いと思います。
おじさんの10分は 30分も掛ったのですねェ。
Commented by karibu-chai at 2019-08-10 17:11
加代子さん~♪

実際のティールームでいただいたベイクウエ・タルトと
ベイクウエル・プディングは、それなりに…かなり
甘かったです…ランチ代わりに2種類オーダーしましたが、
完食できませんでした…

スーパーで売っている、色々なメーカーのベイクウエルタルトは、
2種類ぐらい買って試食しましたが、小さいし、
そこまで甘くなかったですよ!

チャッツワース・ハウスに行く道のりはかなり遠くて…
下調べをしっかりして行けばいいのですが、
渡英前も主婦として…長く留守する準備もあり、
準備不足の事も多々あるので…スイスイとはいかないこと
多いのですよ…
色々な人のお蔭で、何とか切り抜いています。
<< "Chatswort... お暑さお見舞い申し上げます >>