Victoria時代の庶民の生活は?2020.10/お茶会セミナー

2020年後半の
「カリブチャイ・お茶会セミナー」は‥


Victoria時代の庶民の生活は?2020.10/お茶会セミナー_c0079828_22393475.jpg

参加人数をいつもの半分(5~6名)にして
お席も出来るだけ離して…
テーブル上にはアクリル・パーテーションを設置する等
コロナ感染予防対策をさせていただき
先月17日より3回開催させていただきました

Victoria時代の庶民の生活は?2020.10/お茶会セミナー_c0079828_22404382.jpg

セミナーのテーマは
「Victoria時代の庶民の生活について」でした

今までは最初に…
サンドウィッチ等の軽食を召し上がっていただいていましたが
なるべく飲食の時間を少なくするために
Welcome Tea だけのサービスにさせていただきました
(今回使用のティーセットは、現エリザベス2世女王陛下のお母様・私は皇太后さまのティーセットと命名している1950年以前のパラゴンのセットでした)

 

今回のWelcome teaは

Victoria時代の庶民の生活は?2020.10/お茶会セミナー_c0079828_22520496.jpg

Yorkshire teaヨークシャ-ティーの『BISCUT』& お茶請けのビスケット

ほんのり甘~いビスケットのフレーバーが
with milk でより美味しくまろやかに~





teaを召し上がっていただきながら
内容盛りだくさんのレッスンをスタートさせていただきました


大英帝国を築いたヴィクトリア時代‥・
7 つの海を支配し、世界に先駆けて産業革命を達成した英国は、
工業化・都市化が飛躍的に進み
それに伴って人々の生活はどのように変化していったのでしょうか?

Victoria時代の庶民の生活は?2020.10/お茶会セミナー_c0079828_23183062.jpg

先ずはヴィクトリア時代の背景を確認するため
第一次・第二次囲い込み(エンクロージャー)の説明から
手作り年表を参考に進めていきました

背景が分かったところで、今回はこの時代の特に労働者階級の生活
『衣』・『食』・『住』について見ていきました

ヴィクトリア時代というと
何となく華やかなイメージを持たれますが…実態は?
特にVictoria時代初期~中期にかけては 中々厳しく
家族全員が働かなくてはならない厳しい状態が続いていました
「中流階級」が出現したのもこの時代…
しかし人口の約80%を占めていたのは労働者階級で‥
この時代を支えていたのも事実でした


内容的には少しややこしい・盛りだくさんの内容でしたが
ご参加の皆様‥・本当に熱心に聞いてくださいました


* * *


大分かたいレッスンの後は…お待ちかね Tea time~

Victoria時代の庶民の生活は?2020.10/お茶会セミナー_c0079828_23430104.jpg

今回はブラムリーアップルのスコーン

Victoria時代の庶民の生活は?2020.10/お茶会セミナー_c0079828_22402449.jpg

イギリスの cooking apple「ブラムリーアップル」を
クルミと共に混ぜて(全粒粉+小麦粉で)焼いたスコーンに

「糖度25%以下」と「糖度40%」の
2種類のブラムリーアップルジャムと、お好みでバターと一緒に
カリブチャイのケニアブレンドwith milkで
召し上がっていただきました



Victoria時代の庶民の生活は?2020.10/お茶会セミナー_c0079828_23433893.jpg

そして…この日のケーキは
英国人も(私)も大好きな「レモンドリズケーキ」を…

Victoria時代の庶民の生活は?2020.10/お茶会セミナー_c0079828_23442074.jpg

今年のクオリティー貴重な…
「ダージリン1stフラッシュ/ジュンパナ茶園」で
召し上がっていただきました

コロナでロックダウンする前に製茶され
日本に向けての便を待っていて…足止めを強いられ…
日本に到着したのは6月前半・正真正銘のDJ-1.今年一番の1stです

「ドリズル」とは「小雨がしとしと…降る…」そんな意味のようで…
レモン果汁たっぷりのアイシングが
ケーキのスポンジににたっぷりしみこんでいるので…
そんなネーミングが付いたようです

とても爽やかな美味しさで 皆さんにとても好評でした!



最後は…

Victoria時代の庶民の生活は?2020.10/お茶会セミナー_c0079828_00052324.jpg

Victoria時代の庶民の生活は?2020.10/お茶会セミナー_c0079828_00520677.jpg



昨年11月にこのセミナーのために訪れた
MUseum of Londonの画像をご覧いただきました





コロナ禍で…試行錯誤しながらのセミナーの再開でしたが
何とか無事に一歩が踏み出せたようです
 
ご参加くださった皆様 ありがとうございました



by karibu-chai | 2020-11-05 00:33 | セミナーorイベント | Comments(4)
Commented by marucox0326 at 2020-11-05 17:27
セミナー、お疲れ様でした。

わ~手書きの年表ですね。
ちゃんと当時の世相や暮らしぶりのレクチャーもついてのティータイム。
しかも二種類も。チャイさん試行錯誤のご苦労の上に出来上がった
プラムリーアップルのスコーンとジャム。そしてレモンのケーキと
貴重な茶葉で入れたお紅茶。どれも興味津々。
お近くならぜひ伺いたいところです^^
Commented by karibu-chai at 2020-11-05 22:01
marucoxさん~♪

いつもコメントありがとうございます。

セミナーでのレッスンはいつもレジュメを作りますが
自分で今回のテーマの勉強をしていて、時代的に
ごちゃごちゃしてきたので、よく分かるように
話の内容を項目別に年表にして、実際は色分けして、
レジュメに添付しました。
エクセルが苦手なので…手描きです…

レモンドリズルケーキは、今までのセミナーで、
まだお出ししていなかった英国菓子の一つです…
レモン果汁のアイシングが、スポンジ生地に
たっぷりしみこみ、本当に美味しかった!

ジャムなども今回は各々のプレートに別々に添えての
形で‥出来るだけ紅茶も私がティーポットで直接
注ぐ…方式をとりました。





Commented by nonkonogoro at 2020-11-06 17:33
セミナーでは
英国の歴史も勉強されるのですね~

あまりにおいしそうなお菓子の画像に
つい パソコンの液晶に手を伸ばしかけました(笑)

近かったら 参加できるのに 残念です。。。

Commented by karibu-chai at 2020-11-07 00:01
nonさん~♪

コメントありがとうございます。

セミナーは20年ぐらい続けているので
(同じ内容を繰り返すのではなく)毎回テーマを
変えて行っています。
紅茶絡みが一番多いですが…イギリスに関するテーマ
も結構色々扱っています。
英国に買い付けに行った時に、セミナーの題材となる
所を訪ねたり‥リサーチします・・・

今回のレモンドリズルケーキは美味しかったです!!
<< 懐かしくも充実した一日… カリブチャイ・お陰様で14周年!! >>