日本橋三越英国展/2022
先週から開催されている 
日本橋三越英国展・2022

このご時世で
英国本国からの特別出店などはなく…

日本橋三越英国展/2022_c0079828_23350936.jpg
国内の英国関連の出店が中心ですが‥

何だか~
スコーンのshopが以前より多くなったような気がしました

そして
4年前にイギリスで買い付けてファンになった
”Thompsonsトンプソンズ”の紅茶が初お目見え‥
渡英がままならない今…多少高くても
しっかり購入いたしました


日本橋三越英国展/2022_c0079828_23150292.jpg

今回は…
13日・一日限定のこちらのshop目指して伺いました


日本橋三越英国展/2022_c0079828_23144118.jpg
英国菓子について…
美しい写真とレシピ以外にも
歴史やその背景をご自身の著書の中で詳しく綴っていらっしゃる
安田真理子先生自作の
3種類のチーズスコーンと
6種類のジンジャーブレッドの内2種類を…

そしてよく存じ上げている
Still RoomのTさんが
ご自身の敷地内で栽培した茶葉を製茶し…
2021年度の
イギリスの食品のオスカーと呼ばれる国際コンテストで
初挑戦で…2つ星のアワードを獲得された
”First Flush”を購入させていただきました


日本橋三越英国展/2022_c0079828_23152694.jpg
日本橋三越英国展/2022_c0079828_23154773.jpg
ちなみに…
購入した2種類のジンジャーブレッドの内
白っぽい方の「グランサムジンジャーブレッド」は
イングランド中東部
女性首相だったマーガレットサッチャーさんの生まれた町
「グランサム」がルーツのジンジャーブレッド

そして6cmほどの丸い方の
「オームスカークジンジャーブレッド」は…
1700年代には既に
イングランド北西部・Ormskirkという町の名物にもなっていた
ジンジャーブレッドだそうです


私もよく作る安田真理子先生のチーズスコーンですが
ご本人の作られたチーズスコーンとジンジャーブレッド…
当然ですが…とても美味しかったです
何より…尊敬している真理子先生にお目にかかれて…
とても嬉しかったです


貴重なStill Roomさんの紅茶は又後程ゆっくりいただきます
この他に…
リントンズティー(Breakfast)と
ヨークシャーティーのToast & Jamも購入しました
これから色々楽しめそうです!






by karibu-chai | 2022-01-16 00:28 | 日々のこと | Comments(8)
Commented by nonkonogoro at 2022-01-16 08:37
英国展

英国好き お紅茶好きの方にとっては
魅力的なイベントですね。

ビスケットの画像の左のは 豚さん? いのしし?
可愛い形ですね。

Commented by mosaku319 at 2022-01-16 13:18
紅茶屋さんが紅茶を買う?
パン作りの先生も他所のパンを買う。
雑貨屋さんが、器やさんが他所のを求めて楽しむ。
そんなもんなんですね(笑)
娘もそうです。好きなもの、憧れのもの。無理してでも買ってるから不思議だったけど
そんなものなんね(笑)
アッ 例の紅茶を聞いてみました。
秋田の紅茶教室でも頂いて、缶でも買ったことがあるそうです。
私はなかなか銘柄も味も判断できません 汗


Commented by weierud2 at 2022-01-16 18:44

今年も英国展 開催ですね。
一度で良いから覗いてみたいです。
Karibu-chaiさんなら英国のお菓子類は
全部自分でお作りになると思いますが
他の方のを頂くのも楽しいでしょうね。
Commented by juno7777 at 2022-01-17 13:42
こんにちは。
英国展が開かれているのですね。
気のせいか…コロナ禍になってから英国関係の催しがやたら多いように感じています。
行かなくて私が地団駄を踏んだのはコンスタブル展です。「本場で観たからいいもんね」と強がってはみても、やはり見に行きたかったです。
そんな中、このようにご様子をお伝え頂けると嬉しいですね♡ありがとうございます。
karibu-chaiさんのブログは、通常より英国の香りに溢れていますね(^^)
そしてやはり英国と言えば紅茶とスコーンとジャムですね。
Commented by karibu-chai at 2022-01-17 17:08
nonさん~♪

英国好きな人にとっては…外せない
催事だと思います…
大阪阪急梅田は東京日本橋三越より規模が大きいとか?
いや同じくらいかな??

私自身もそうですが‥コロナで
行きたくても英国に行けない…
また人気の催事は大勢の人が集まって密になる‥
そんな理由で、いつもは9月開催が延びて…年明け1月になりました。

そんな制約がある中で、目新しい
人気の国内のshopやティールームのお菓子やスコーンが出ました。。。

ご質問のジンジャービスケットは「パーキンピッグ」と云って…
英国北部のヨークシャー地方で食べられていたビスケットだそうです。
今はもう姿を消したビスケットだそうですが‥
どうして豚の形??
安田真理子先生の著書にはそんな
英国菓子の歴史や説明が分かりやすく綴られています。
Commented by karibu-chai at 2022-01-17 17:22
MOSAKUさん~♪

日本でおなじみの糸が付いているティーバッグは、
大体内容量は2g~2g強なんですが‥
ミルクティー向きのイギリスのティーバッグは、
糸のないポットで蒸らすタイプの3g入りのものが多いのです。

私はここ20年以上毎年渡英して、
そのタイプのティーバッグを
たくさん買ってきて、朝食は
ほとんどその紅茶をいただいています。
一昨年の11月に買ってきたものは
もう飲んでしまったし、今回は
現地より相当高いですが、中々
日本国内では手に入らないものは…英国展でゲットしました・

おっしゃるように、色々な所の
物をいただいてみるというのは大切な事だと思います。

お嬢様…さすがにご存じでしたね…
Commented by karibu-chai at 2022-01-17 17:27
加代子さん~♪

英国好きには…たまらない催事なんですね‥
紅茶やお菓子類だけでなく…
アンティークや陶磁器類も勿論ありますが‥今回は写真なし。
普通はイートインコーナーもあるんですが、コロナ禍で一切なしです。

英国菓子やスコーンも上手な友人達も、
よく御目当ての店や、お菓子の先生が作られたものは買っています。
私も普通は買いませんが、今回は
尊敬している英国菓子の先生のでしたから…買わせていただきました。
Commented by karibu-chai at 2022-01-17 17:38
Juno7777さん~♪

おっしゃるように…最近大小はあっても、「英国フェアー」とか…
イギリスに関した催事が多いですね‥
Juno7777さんも「コンスタブル展」見損なったのですね‥
気軽に海外に行けないので…
そういった香りに~触れたい人が多いのでしょうね‥
私もとてもリフレッシュ出来ましたもの
Juno7777さんにとっても,英国と云えば紅茶とスコーンとジャムですか!
早く以前のように‥海外旅行に行きたいですね…
<< 山梨へ…♨温泉とハーブ庭園 母の七回忌を終えて… >>