タンザニアとの出会い
団塊の世代は、丁度学生運動の盛んな時に大学生だった人が多いと思いますが、
私もその端くれでした。
大学に入って直ぐ、キャンパスは学生達に占拠され、半年近く閉鎖。
私は演劇学科だったので、大学辞めちゃって、劇団入ろうか?
なんて思ったりしましたが、とりあえず、水島ヴォーカル研究所で
レッスンを受け始めました。

そのうち大学も再開し、大学行きながら、歌のレッスンも続けながら、
東京12チャンネル(現在のテレビ東京)の報道でADをしたり、
(その前に1年間・高校講座のアシスタントで出演してました)
・・・そんな折、
1970年大阪万博が始まったのです。
人類初の月面着陸で持ち帰った「月の石」が展示されている
アメリカ館はすごい人気でした。

その万博の「お祭り広場」で、私の恩師・故水島早苗先生ご夫妻と
当時東京芸術大学・民族音楽の教授・故小泉文夫先生とがメインスタッフの
「アフリカ祭り」が催されることになり、私もお手伝いを頼まれたのでした。

参加したのは、ナイジェリア・マダガスカル・ウガンダ・そしてタンザニアの4カ国。
私はタンザニアグループを担当することになり、生まれて初めて
タンザニアの人達と触れ合うことになったのです。
(写真は、アフリカ祭りに参加するため来日した、タンザニア・ダルエスサラーム大学
の演劇学科の学生達と、私がお世話になったKaduma先生/後方背広姿の男性
ちなみに、Kaduma先生の隣の女性は私ではありません・・・念のため)
c0079828_23544479.jpg

by karibu-chai | 2006-07-23 23:52 | 東アフリカ | Comments(0)
<< タンザニアに行こう! 一歩・一歩・・・ >>