2018年 09月 21日 ( 1 )
心温まるニュース

猛暑と自然災害に翻弄された今年の夏…
あまりの暑さに、小学校の夏休み中のプールも
中止になる日もあり…がっかりした子供達も多かったでしょうね

9月に入り、学校も新学期を迎え
季節は既に秋…
日も短くなりましたね…

昨日の朝日デジタルに胸が熱くなるような…
心温まるニュースが出ていましたので、
要約してご紹介します


c0079828_08523399.jpg

             写真はネットからお借りしました


今年の夏休みの間、茨木県守谷市内で、目の不自由なお年寄りの犬の散歩に
朝夕付き添い続けた小学2年生・松本泰志君が、彼の通う小学校で
校長先生から善行表彰を受けました。

2学期が始まって直ぐ…
「泰志君を褒めていただけましたら幸いです」という内容の手紙が
目の不自由なお年寄り・染谷ちよさん(81歳)から学校に届き。
泰志君の行動が学校に伝わりました。

学校では集会の時、全校生約690人に泰志君の行動を紹介。
その集会のために来られていた染谷さんは…
「優しさに触れてものすごく感動しました。『おはよう』とか『暑いですね』と
声をかけてもらった人は。嬉しいと思います」と話しました。


このお散歩のつきそいは、夏休みの間は朝6時と夕方4時頃の2回。
大雨の日以外は毎日続いたそうです。                 
松本君が1匹の犬を、染谷さんが2匹を連れて、約1.5キロほどの距離を
1時間近くかけて付き添いました。
信号がほとんど見えない染谷さんにとっては、青信号になって毎回肩をたたいて
合図してくれる松本君に、毎回涙が出そうになるほど嬉しかったそうです…
夏休みが終わった後も、夕方のお散歩は続いているそうです。

* * * * *

私もこのニュースを読んで、泰志君が懸命にちよさんをサポートしている
姿を想像して…涙が出ました。
ちよさんも、孫の様な泰志君にサポートしてもらい、嬉しかったでしょうね。

小学2年の泰志君に学ばされましたね…

英才教育も大切ですが…
こんな温かい心を育てる教育はもっと大切だと思います

日々の生活の中で、さりげない一言や優しい行動が出来ること…
それが…人と人との心を和ませてくれるのですね…
まず私達大人が見本を見せたいものですね…



by karibu-chai | 2018-09-21 21:58 | 大切なもの/大切なこと | Comments(4)