2019年 02月 09日 ( 1 )
テーブルウェアフェスティバル・2019

TABLEWARE FESTIVAL・2019
今年も2月3日から~東京ドームで開催されました

今年はオープニングセレモニーの入場チケットを
私の中学時代の同期生で
この大会の審査委員長をしている芸術大学名誉教授のM氏から
送っていただいたので…2月3日に行ってきました

c0079828_16224842.jpg


オープニングセレモニーには
高円宮妃久子さまのご臨席のもと
今回の特別ドイツ展にちなんで在日ドイツ大使ご夫妻も
主催者側のメインスタッフの皆さまと共に臨席されました
(式典の撮影は禁止でしたので、写真はなし)

各部門の入賞者の表彰の前には
全国から寄せられた多くの作品は個人情報は一切伏せられて
作品のみを一つ一つ厳正に審査をした旨の
審査委員長のM氏のあいさつもあり…同期生である私は
とても誇らしげな~嬉しい気分になりました

式典が終わると、在日ドイツ大使夫妻は関係者の方々と
「German Tableware ~Traditioal & Modern~」の会場に入られました
(写真右下)



c0079828_16232132.jpg


ヨーロッパ磁器発祥の国ドイツ
ドイツと云えば「マイセン」が有名ですが…
KPMやローゼンタールやビレロイ&ボッホなど
9つほどのブランドの見ごたえある展示がありました




c0079828_16230497.jpg


私が個人的に好きな展示はこちらの
Botanical Table ~ナチュラルな暮らしを愉しむ~

各国の陶磁器・ガラス&クリスタルブランドの器を
ボタニカル・植物柄をテーマにコーディネートされた展示
大好きなバーレイやヘレンドなど…見ているだけで心躍ります~♪



c0079828_16233228.jpg


同期のティーインストラクターのSさんが関わっていらっしゃる
フランス・リモージュ焼の名窯
"RAYNAUOレイノー"の展示ブースでは

フランスの芸術家・ジャンコクトー(1889-1963)
の作品を基につくられたプレートを中心にしたコーディネートが
目を引きました
写真上のコーヒーカップはプラチナ加工したカップを
ソーサーに戻すと…
ソーサーの周りに描かれた文字がカップにうつり
模様のように浮かび上がる…という素敵なアイディア!
(Sさんの説明があって初めてわかり~トレビアン!)





c0079828_16235360.jpg


毎年「おもてなしの食空間」のテーブルコーディネートされている
石坂浩二さんも初日でしたのでお姿が…

下段の写真は今年の「麺を愉しむ器コンテスト」で優秀賞を得た作品


広~~~い会場には一日では見切れないほどの作品展示や
ショップがひしめき合い…会場に数回足を運ぶ人も珍しくありません

私はいつも2~3時間でポイントを絞って拝見して退散しますが…
今年は内容が充実しているように感じました

銀磨きのクロスを買って会場を後にしました


今年はオープニングセレモニーに参加でき、嬉しかったです!
(M氏に感謝!)


by karibu-chai | 2019-02-09 17:32 | 日々のこと | Comments(4)