2019年 08月 12日 ( 1 )
"Chatsworth Houseチャッツワース・ハウス"

c0079828_22310559.jpg

実は…チャッツワース・ハウスにバス停から行く説明を
離日前日にNetで検索して見つけたのですが
我が家のプリンターのインクが無くなっていて印刷できなくて…
英文でしたし、前日はめちゃくちゃ忙しく
ゆっくり読んでいる時間もなく

結局、帰国してからよく読んでみたら…
停留所からは2kmほどあると書いてありました
2km…10分で歩ける距離ではないですよね…
ま~後のマツリですが…



その説明通りひたすら2kmの道を歩き
やっと…
チャッツワース・ハウスに到着!



c0079828_09463336.jpg


この荘厳な門をくぐって入ろうとしたら…
背負っているリュックをロッカーに預けるように言われて再度仕切り直し…


やっと入場料(結構高かった)を支払って
建物の中に入りました


c0079828_09472570.jpg


チャッツワース・ハウス は、イギリスのダービーシャー、ピーク・ディストリクト国立公園 の中にある16世紀に建てられたカントリー・ハウスで、イングランドでも有数の優美な大邸宅で、観光客に人気があります。チャッツワース・ハウスはデヴォンシャー公爵の邸宅で、見学に訪れた人は105エーカー(約42ヘクタール)の庭園を散策し、30もの豪華な部屋やヨーロッパ最大級の絵画コレクションを鑑賞することができます。映画のロケ地としても人気が高く、有名なところでは、2005年制作の映画『高慢と偏見』の舞台となりました。   


c0079828_09465531.jpg

c0079828_11511984.jpg



贅を尽くした内装・調度品・美術品の数々…
そして外を見れば広大なガーデンが…

ベイクウエルの後で寄った…というには余りにも広く
ゆっくり見ている時間はありませんでしたので
建物の内部だけ時間の許す限り見学し
ガーデンの方は窓からの景色のみで…諦めました


そして…帰りは叉あの2kmの道を停留所まで帰ることを覚悟していましたが

c0079828_09444053.jpg


ハウスに入る前、矢印の小屋にいる方に伺ったら
チャッツワース・ハウスの構内から
シェフィールド行のバスが出ているというではありませんか!!

ラッキー~♪
一時間に1本でしたが…5時出発がありましたので
その時間までに見学を終え停留所で待っていれば
あの長~~~い道をトボトボはしなくてよいことに…

シェフィールドはシルバーのポットやカトラリーの製造地でも有名!
帰りは、楽ちんバスに乗り~
初めて、シェフィールドの駅からロンドンに帰りました




ロンドンから~
ベイクウエルとチャッツワース日帰り旅はいつものように
バタバタと…それなりに充実して終わりました





by karibu-chai | 2019-08-12 12:06 | イギリス | Comments(6)