カテゴリ:未分類( 7 )
癒しの場・・・
c0079828_2212982.jpg

数年前、ロンドンのポートベローで知り合ったMさんの友人 I さんが、去年から自宅を   リフォームして、「ティーサロン」を開いています。
I さんは、私と同じ年・団塊の世代です。後半の人生を、ご自分の好きなことをして過ごしたいと、持ち前のセンスのよさを生かして、ティーサロンを始めました。
紅茶教室にも通い(私のセミナーにも参加してくださいます)、コーヒーも専門的に勉強し、しっかり準備をして始めました。

c0079828_22404257.jpg









c0079828_22412810.jpg


彼女のセンスでコーディネートされたインテリアを眺めながら、手作りのケーキと、丁寧に淹れてくださるお茶やコーヒーをいただくと、身も心も癒されるようです。
普通の喫茶店にはない、隠れ家的な「癒しの場」が、徐々に広まっていくことでしょう・・・

ちなみに、このティーサロンでは、「カリブチャイ」の紅茶・「カリブチャイ・ブレンド」と
「タンザニア・ルポンデ茶園のアールグレイ」を扱ってくださっています。
by karibu-chai | 2007-04-20 22:47 | Comments(2)
ハープの弾き語り
c0079828_163377.jpg

「カリブチャイ」の春のティーセミナーは、昨日で3回目が終了し、今週土曜日31日を残すのみとなりました。今回は、まさに『皇太后さまのティーセットで愉しむ午後のお茶会』の   タイトルにふさわしく、6名様だけのための生演奏付です。
「カリブチャイ」のホームページでも、私が生演奏にこだわる想いを載せさせていただいていますが、やはり生の演奏は本当に心が癒されます。
ひょんなことから知り合った、ハープ奏者の「渡邊真位(本名渡邊まゆみ)さん」には、もう6~7年お世話になっています。彼女の澄んだ歌声とハープの音色が見事にマッチして、毎回皆様に感動を与えてくださいます。今回は皆様のリクエストが多い『千の風』を歌っていただいています。「紅茶とハープの弾き語り」は「カリブチャイ」のティーセミナーにはなくてはならないものになりつつあるな~・・・と、昨日も彼女の歌う『千の風』をウルウルして聴きながら、人と人の出会いの不思議を感じておりました。
by karibu-chai | 2007-03-28 01:37 | Comments(6)
みかんの皮の利用方
c0079828_23383455.jpg

突然変な写真で恐縮です。お正月にはあまり関係ないかも知れませんが、今の時期は、
よく「みかん」をいただきますので、その皮の利用方をご紹介したいと思いまして・・・
我が家では、みかんをいただいた後の皮をとっておき、魚を焼く時に使います。水をはった
魚グリルの受け皿にみかんの皮を敷きます。このようにしてから魚を焼くと、後の始末も、
とても簡単です。「みかんの皮」で受け皿を洗うようにしますと、臭いも残らず、とても
さっぱりと洗いあがります。いつも捨てられる「みかんの皮」ですが、大いに利用してください!
by karibu-chai | 2007-01-05 23:54 | Comments(2)
人と紅茶とティーフーズ
c0079828_1116739.jpg

先週は12日(火)と16日(土)の両日に『カリブチャイで愉しむクリスマス」『オリジナルの
クリスマスティーを作ってみましょう・・・』という楽しいティーセミナーがありました。
写真はその際お出ししたティーフーズ。ウエルカムティーは冬のおもてなしティーの定番
「ポットフルーツティー」をお出しし、セミナー後のティータイムには「フルーツケーキ」
「ハロッズのクリスマスプディング」「クリスマスバージョンのスコーン」それに、写真には
出ていませんが「キュウカンバーとスモークサーモン・2種類のサンドウイッチ」を
召し上がっていただきました。今回はいつものメンバーの他に、ホームページを
ご覧になって申し込んでくださった初めての方も何人かいらっしゃいました。
セミナーが始まり、オリジナルのクリスマスティーを作る実習に入る頃には和気藹々と。
そして試行錯誤して出来上がったクリスマスティーと、私の手作りのティーフーズに
「クリスマスプディング」でティータイム。「クリスマスプディング」は初めて!の方も
多かったのですが、結構美味しいと評判は上々・・・英国の家庭で2500万個も
作られているという『クリスマスプディング』ですが、きっと、日本のおせち料理のような
感覚なのでしょうか?
「Karibu Chai (お茶をどうぞ!)」を絵に描いたように・・・人と人との出会いを、お茶と
ティーフーズがうまく結んで、楽しいひと時を提供してくれました。
遠くは千葉や海老名から・・ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。
私もお蔭様でとても楽しかったです。
by karibu-chai | 2006-12-18 11:45 | Comments(2)
その後・・・
35年前のタンザニアでの生活を、この年になってブログに綴るとは、
思ってもみない展開でしたが、今までの自分の人生の原点をかえりみるようで
懐かしく、又いい機会であったな~と思いました。
                 ・・・・  その後  ・・・・・
大学を卒業してから数ヶ月後、在日タンザニア大使館に秘書として勤め出し、
1973年に今の夫と結婚しました。
新婚旅行は、当時ゴールデンルートだった、ケニア・ウガンダ・タンザニア3国を
陸路で回る4~5泊のサファリ。そして、タンザニアのダルエスサラームにも
数日滞在し、再びダルエスサラーム大学を、今度は夫と一緒に訪ね、
Kaduma先生やHall 3のマネージャー・ムスケニヤのママにも再会しました。

その後一男一女に恵まれ、幸せに・人並みに・色々あり・・
今から10年ほど前のある日・・・・
在日タンザニア大使館で一緒に秘書をしていて、それ以来家族ぐるみでず~っと
お付き合いさせていただいている、Sさん宅を訪問した時、
Sさんのお知り合いのFさんを紹介されたのです。
「Fさんは日本紅茶協会のティーインストラクターをしていらっしゃるのよ!」・・・と。
この時初めて私は、ティーインストラクターなるモノを知ったのですが、
その時は「ふ~ぅん・・・ティ-インストラクターって何?」ぐらいの認識でした。

その数年後には、私もこの資格取得のために、大学受験以来の猛(?)勉強をし、
何とか資格を取ることができ・・・ティーセミナーなどの活動をしながら、
毎年訪ねるイギリスですっかり紅茶周りのアンティークに魅せられ・・・
遂に、"Karibu Chai イギリスのティーウエアーとオリジナルティーの店"の
くだりにまで、発展してきてしまったのです。

これで、「紅茶」と「アンティーク」と「東アフリカ」の繋がりがお分かり頂けたかと
思います。
さて、これからは、色々な方々にお力をいただきながらショップオープンまでを
綴っていきたいと思います。
(写真は、新婚旅行で夫と再度訪れたダルエスサラーム大学にて)
c0079828_23582951.jpg

by karibu-chai | 2006-08-25 00:02 | Comments(2)
秋田の素敵な紅茶のお店
c0079828_9202277.jpg

秋田三日目。昨日は同期の秋田在住のティーインストラクターのHさんに、
一期先輩のティーインストラクターの方が経営している紅茶やティーグッズを扱う
ステキなお店に案内して頂きました。
おしゃれにセンスよくディスプレイされた店内は,たくさんの商品が並べられていました。
〈写真は、目に止まったユニークなティーコージィーです。〉
その後は秋田千秋公園内にあるレストランでランチ。
イギリス風住宅のアンティークショップに寄った後、夕方からはHさんと二人、
秋田の温泉付きホテルに泊まり、ゆっくりさせていただきました。
温泉三昧の毎日!本当にリラックスできました。
by karibu-chai | 2006-08-03 09:20 | Comments(2)
三度の飯より・・・・
『三度の飯より・・』と、好きなもののたとえによく使う言葉がありますが、
(人それぞれ、何か一つぐらいはあると思うのですが・・・)
この節の若者は「自分探し」とか「いったい自分は何が好きなのか?」
なんて、よく耳にしますね。幸い私は、いつも好きなものがあったように思います。

でもその時々で、好きなものは変わってきましたし、又いくら好きでも、その時期には
優先順位で、出来ない時もありました。それは誰でも同じでしょう・・・

大学受験勉強の最中、本当は「歌手」になりたかった私は、偶然知った、
日本のジャズ歌手の草分け故水島早苗先生(ジャズ歌手・マーサー三宅さんは、
この先生の一番弟子でした)に、歌を聴いていただくチャンスを得ました。
私の歌を聴いてくださった先生は、
「歌はその人が出ます。表面上、上手に歌うだけではだめ。もし大学へ行くことが
出来るなら、そこで勉強し、自分を磨きながらでも遅くないわよ」とおっしゃいました。

私がそれから迷いなく、受験勉強に没頭したのは言うまでもありません。
(見事希望の大学に入れたわけではありませんでしたが・・・)  
今の私は、この水島先生の出会いなくしてはありえないと思っています。

紅茶と東アフリカとアンティーク・・・いったいどんな因縁なのでしょう・・・
      さて、この続きは又後ほど・・・・
c0079828_10304774.jpg

              
by karibu-chai | 2006-07-15 22:55 | Comments(4)