<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧
あんちょこ・・・虎の巻

c0079828_1412497.jpg


   「Kairbu Chai Tea & Antiques」では 紅茶周りの イギリスを中心にした
   「シルバーウエアー」を 多く扱っていますが、
   シルバーウエアーを買ってくる時の必需品は・・・
   この 「DEALER GUIDES ・ ENGLISH SILVER HALL・MARKS」 です

c0079828_1481371.jpg

 エンジ色のこの「あんちょこ・虎の巻」はイギリスのディーラーさんも皆持っています

c0079828_149229.jpg

    「スターリングシルバー」はほとんどこの「あんちょこ」で
    品質 ・ 製作産地 ・ 製作年 が 判ります 

c0079828_14183687.jpg


     色々買い付けてきた後 ・・・ この本と にらめっこしながら・・・
     100年近く・・いやそれ以上昔に・・
     イギリスで使われていた状況を想像しながら
     色々調べるのも 中々興味深いものです
                               (ちょっと目が疲れますが・・・)
by karibu-chai | 2007-09-30 14:22 | antiques/vintage | Comments(8)
「カリブチャイ」 一周年記念ホームコンサート♪

c0079828_0553626.jpg


全国的に 朝晩涼しい風が吹くようになりました・・・

去年 11月1日 「紅茶の日」にオープンした 
「Karibu Chai Tea & Antiques」 も お蔭様で もうすぐ一周年・・・
その記念のイベントに ホームコンサートを中心にした「ティーパーティー」を計画中
今回は いつもの「ハープ&ソング」に「バイオリン」も入っていただく予定なので、
その音あわせを兼ねての打ち合わせをしました

中々 いい感じの コラボレーションになりそう・・・

又いずれ お知らせいたします・・・・
by karibu-chai | 2007-09-26 01:06 | ショップの話 | Comments(10)
金谷での体験・・・No.4 「手揉み茶を作る」

c0079828_22471158.jpg

     昨日は、秋の「お彼岸」のお中日。86歳の母が「おはぎ」を作ってくれました
     
     一緒にいただいたお茶は、先週金谷の「鈴木園」さんで作った「手揉み茶」
c0079828_22512939.jpg



c0079828_2254041.jpgc0079828_22555576.jpg





         
      
       

        私が小さい時から家にある、古い昭和のにおいのするお皿に盛られた
               「ゴマ・黄な粉・小豆あん」の3種類の「おはぎ」
     見た目は不ぞろいながら、甘く、香りのよい、「手揉み茶」といっしょにいただき
                  お い し か っ た ~ 

手揉み茶・・・初体験!結構しんどかった・・・
by karibu-chai | 2007-09-24 23:58 | 素敵な体験 | Comments(6)
金谷での体験・・・No.3 「THE TEA MUSEUM」
c0079828_1320174.jpg

「お茶の郷・THE TEA MUSEUM」は、「茶」の文化が中国を経て日本そして世界へと
広がって行き、その国の民族・環境によって、様ざまに変化していった状況を、解りやすく
興味深く 展示・説明されています。


c0079828_13384719.jpgc0079828_13431256.jpg


c0079828_13444023.jpgc0079828_1351314.jpg


c0079828_13524424.jpgc0079828_13532339.jpg











茶畑が広がる地にあるMUSEUM  
中国・トルコ(チャイダンルックやサモワール)
モンゴル(バター茶)
イギリスなど等・・

そして、日本各地でのお茶文化の紹介も詳しくされています。
私が、興味を持ったのは、このコーナー・・・・↓
*****
明治後半になると静岡市にはアメリカなどの外国の商館が建ち並び、外国人に好まれる
日本的な意匠を施した蘭字(ラベル)が貼られた茶箱が次々と清水港から海を渡って
いきました。静岡茶は主にアメリカへと輸出されました。
(博物館展示説明文による)*****


c0079828_141676.jpgc0079828_143188.jpg











その他のおたのしみスポットは・・・

c0079828_15104088.jpg

1579年~1647年・江戸時代初期の大名茶人 「小堀遠州」 は作時奉行及び将軍家の
茶湯指南として活躍した「綺麗さび」 と称される茶の湯の世界を作り出しました。
ここには、その頃の 「縦目桜(しょうもくろう)」と「庭園」を再現し、そのお茶室内で
お抹茶も愉しめます。
c0079828_14281724.jpg



c0079828_14403335.jpgc0079828_144192.jpg

          
           

          


              
            
        この地方の土で焼いた「志戸呂焼」のお茶碗で
              「姫菊」という名のお菓子と共に、お抹茶をいただきました

   このタイプの茶室は、「サロン」のように 「愉しむ」 ことを目的に造られたそうです




c0079828_14472348.jpgc0079828_1449557.jpg


c0079828_14494160.jpgc0079828_14505839.jpg













次回は最後のビッグイベントのご紹介です!! おたのしみに・・・・・
by karibu-chai | 2007-09-23 14:55 | 素敵な体験 | Comments(8)
金谷での体験・・・No.2 「紅茶を作る」



c0079828_2321463.jpgc0079828_23104484.jpg
         
        

        



        

        マル祐・「鈴木園」の鈴木さんが、「紅ふうき」という品種の茶葉を、
               前日の夕方摘彩し、私達が到着する頃に、
     丁度スタートできるように準備しておいてくださったモノで、仕上げた紅茶です

紅茶は、①摘彩→②萎凋→③揉捻→④醗酵→⑤乾燥→《⑥クリーニング→⑦等級区分
       →⑧袋詰め》 の工程を経て製造されます


          勿論普段飲んでいる紅茶は、機械で製造されていますが
                 これを手作りしようということなのです


紅ふうき:
日本でも、明治時代、紅茶を製造をしていた頃に作られた、「紅ほまれ」という古い品種を改良した品種がありますが、その「紅ほまれ」と中国種の「ダージリン」をかけ合わせて、紅茶用に作られたものが「紅ふうき」です


さて、その過程は・・・?
by karibu-chai | 2007-09-21 00:27 | 紅茶or紅茶周り | Comments(10)
金谷での体験・・・No.1 

c0079828_8551416.jpg

            この天ぷら・・・何を揚げたと思いますか?

                 何かの葉っぱのようですね・・・? 
           普通は この葉っぱ、こんな風にしていただきませんが・・
         食してみたら・・・なんとやわらかく、香ばしく、美味しかったこと!

答えは・・・
by karibu-chai | 2007-09-19 09:15 | 素敵な体験 | Comments(6)
LE TRAIN (ル・トラン)
c0079828_021065.jpg


箱根・ラリック美術館には、特別展示 「ル・トラン」があります。

c0079828_038528.jpg


アガサ・クリスティーやマレーネ・ディートリッヒなど・・・世界中の人々を魅了し続けた
「オリエント急行」・・・   実は、私も「オリエント急行」に乗るのが夢なんです!
この美術館の館長さんがオークションで落とした この「コートダジュール号」は、
1929年に造られ、6年前まで現役で、フランスのリヨン駅から出発していたとか・・・
何処の港か忘れましたが、はるばるフランスから船で日本に輸送され、
くねくね・・・・箱根のお山を無事に上がり・・・この美術館に展示されたとのこと・・・

内部の写真は×でしたので・・
by karibu-chai | 2007-09-15 00:54 | 素敵な体験 | Comments(16)
箱根ラリック美術館

c0079828_21474611.jpg

箱根二日目・・雨の中、以前より行ってみたかった「箱根ラリック美術館」に向かいました

c0079828_2244987.jpg

ルネ・ラリック(1860~1945)はアールヌーヴォー・アール・デコという2つの美術様式を
橋渡しした、フランスを代表する装飾美術工芸家です。
宝飾作家として活躍したあと、香水商コティと出会い、ガラス工芸家へ転身。
晩年オリエント急行や、豪華客船ノルマンディー号などの建築装飾でも卓越したセンスを発揮するなど、生涯にわたりその豊かな感性と、斬新な発想で、常に話題を集める存在でした。

c0079828_22173883.jpg

              よく手入れされた美術館内の庭園

c0079828_22191617.jpg

c0079828_22205811.jpgc0079828_22223758.jpg








c0079828_22304634.jpgc0079828_22311532.jpg








   すばらしい作品の数々を鑑賞して外に出ると・・・雨も上がって・・・
c0079828_2233536.jpg


 たっぷり水分を含んだ木肌には・・・最近ではめったに見なかったカタツムリが・・・
c0079828_22391895.jpg


  美術館内部の撮影は禁止でしたので・・・ポストカードでその雰囲気だけでも・・・
c0079828_2247092.jpg



  次回は・・・ラリックの装飾に包まれた、オリエント急行体験のお話を・・・
by karibu-chai | 2007-09-12 22:50 | 色々な出会い | Comments(10)
初秋の箱根・・・

c0079828_1785197.jpg


    ススキが一面に広がる・・・「秋」の気配が深まる箱根に
            久しぶりに夫と一泊出かけて来ました・・・
                 「1122(いい夫婦)」のナンバーの新車で・・・

ところが・・・
by karibu-chai | 2007-09-11 11:17 | インターバル | Comments(12)
ハープ&ソング・・・
c0079828_7195712.jpg

        私のティーセミナーで、いつも素敵な演奏や歌を披露してくださる
     ♪ハーピストのM・Wさんのコンサートが国立であり、出かけて行きました
       ライブハウスのような可愛い会場で、アットホームな雰囲気で始まりました                                                                  

c0079828_027380.jpg
c0079828_028484.jpg


"ハープ&ソングス"(ハープの弾き語り)ですが・・
「千と千尋の神隠し」のテーマソングでハープの弾き語りが流行る前から
すでに始めていた彼女です。
声楽科出身の彼女の歌声は、透明で張りがあり、ほんとにすばらしいのです・・・
彼女自身のコンサート『セレナーデ・心紐解いて』も今年で11回目。
今では、大学生を頭に、3人の男の子のママでもある彼女ですが、
音楽活動を再開した頃は、子育てもさぞかし大変だったと推察いたします・・・
クラッシックからジャッズ・ミュージカル・シャンソンなど・・・ジャンルも広く、
軽いトークも爽やかに、時折手話も交えて歌ったり・・・年を重ねるごとにますます磨きが
かかり、これからもとても楽しみです・・・♪
by karibu-chai | 2007-09-09 00:51 | 色々な出会い | Comments(4)