キャビネット
c0079828_23191257.jpg

" Karibu Chai " で、アンティークシルバーをディスプレイするキャビネットです。
このキャビネット自体も、1930年代の英国製で、オーク材。Cabinetとは、本来代々
伝わる肖像画や絵画・貴重品などを飾りしまって置く小部屋のことを言ったようです。
ガラスを木枠で囲み、扉や本体を作るには大変精巧な仕事が要求されました。
現在でもイギリスにおいて家具つくりのことを総称して、Cabinet Makingと言うのは、
その由縁だそうです。
ちなみに、今回 Karibu Chai のショップ内にあるほとんどの家具は、東京目黒の
アンティーク家具専門店で求めました。
なぜなら、数個単位のアンティーク家具を現地イギリスで買いつけますと、メンテナンスや
送料などで、とんでもないことになるのです。(コストがすごくかかるという事です)
# by karibu-chai | 2006-10-27 23:53 | antiques/vintage | Comments(0)
故・皇太后さまのティーセット
c0079828_23253910.jpg

" Karibu Chai "のシンボル的な存在にしたいと思っているティーセットです。
これは、1950年のパラゴンで、「故・皇太后さまの所蔵しておられたティーセット」です。
全体のカラーもロイヤルファミリー好みで、質のよい転写とハンドペイトのミックスです。
c0079828_1046010.jpg
このセットには、とても興味深いストーリーがあります。そして、それについての証拠となる写真・手紙・新聞記事などもあり、写真からは、その当時の女性のファッションも垣間見られ、眺めているだけで、 56年前にタイムスリップしてしまうステキな作品です。このセットは私とほとんど年が一緒というのも、何かのご縁なのかしら?バッキンガム宮殿から ~ 我が"KaribuChai"へ・・・しかし、この間にもう一人のイギリス人がいらっしゃったとか・・
       不思議ですね!!
# by karibu-chai | 2006-10-25 23:51 | ショップの話 | Comments(4)
Tea for Two
c0079828_0125649.jpg

「アンティーク」は、通常作られてから100年以上たっている物をさして言いますが、
"Karibu Chai" では、古いところでは18世紀の"Tea Bowl"もありますが、
ほとんどは1800年後半から1900年前半にかけての物が多くなっています。
しかし、これらも あと数年から数十年で、立派なアンティークになる訳です。
さて、上の写真は、"Adderley"製の、1950年ごろの"Tea for Two"のセットです。
トリオ+サービスプレートがもう一枚づつついています。可愛い花柄が気に入って
仕入れました。ティーポットとミルクジャグ・スロップボウル(湯こぼし)にも使えそうな
大き目のシュガーーポットがついた完璧な"Tea for Two"です。金彩に多少擦れ感が
ありますが、可憐な花柄は色彩が美しく、楽しいティータイムに花を添えることは、
間違いありません・・・
# by karibu-chai | 2006-10-23 00:46 | ショップの話 | Comments(0)
ディスプレイ途中経過・・・
c0079828_123596.jpg

「Karibu Chai 」 のショップは、JR中央線・西荻窪の駅南口から徒歩10分ぐらいの
住宅街のごく普通の家にあります。紅茶周りのアンティークスは、その家の一部屋に
ディスプレイされます。 狭い、小さな部屋ですが、そこは少し、気合を入れて、
「英国風」にしました。 皆さまに、ゆっくり・楽しんで ご覧いただけるようにと・・・
色々考えながら、ただ今ディスプレイに奮闘中です。
# by karibu-chai | 2006-10-22 01:42 | ショップの話 | Comments(6)
ウッドデッキとオーニング
南向きで、前が公園になっているロケーションを生かし、ウッドデッキを作り、そこに、
白抜きした Karibu Chai のロゴを入れたイングリシュグリーンのオーニングを・・・
c0079828_22474263.jpg

・・・と、デザイナーの I さんは、私のような素人にはとても考え付かないステキな構想を現実のものにしてくださいました。ここでご主人とお茶でも飲めるように、テーブルと椅子を入れましょう・・・との提案で、間もなく 白い丸テーブルと椅子が2客入ります。
c0079828_22425394.jpg
勿論、ご来店いただいたお客様にも、ここで美味しい Karibu Chai ブレンドをサービスさせていただきましょう・・・・お気に召しましたら、茶葉もお買い上げくださいませ・・・

c0079828_22513911.jpg
# by karibu-chai | 2006-10-18 22:52 | ショップの話 | Comments(0)
Karibu Chai の看板(ロゴマーク)
11月1日の 「Karibu Cahi」 のオープンまで、あと二週間ほどになりました。

c0079828_029772.jpg
イギリス買い付けの旅より戻ってからも、着々と準備は続けられておりました。  外回りでは、ウッドデッキの工事・オーニング(日よけのテント)・看板・カーテン等など・・・このブログを開始した7月半ばには、「Karibu Chai 」の ロゴ は決まっていましたが、あえてこの時期まで、
紹介は 控えさせていただいておりました。これは、「Karibu Chai 」 のデザインをお願いしている I さんの演出の一環でもあり、ショップにかける私の思いと、オープンまでのつながりの段階で、自然に 「ロゴ」も紹介していくといった・・・思わくが あったようです。

そして10日ほど前に、ステキな 「Karibu Chai」 の看板が取り付けられました。
c0079828_0301953.jpg

私も、この 「Karibu Chai 」のロゴはとても気に入ってます。
皆様、 「Karibu Chai」 を これから どうぞ よろしく お願い  いたします。
# by karibu-chai | 2006-10-17 00:33 | ショップの話 | Comments(5)
ハロッズのクリスマスティー
c0079828_23591077.jpg

8月のテロ未遂事件以来、混乱の続いていたヒースロー空港でしたが、私が英国を
出国する4日前より、機内持ち込み手荷物規制もほとんど正常に戻り、多少チェックは
厳しかったものの、大した混乱もなく、空港でのショッピングもゆっくり出来ました。
c0079828_0332065.jpg
私は、早速ハロッズの「クリスマスティー」と「クリスマスプディング」をチェック・・・ありました!!    ハロッズの「クリスマスティー」は、茶葉のない緑色のパッケージのハーブティー系と、赤いクリスマスバージョンのTbag(中身はブレックファースト・ブレンド)の2種類がありました。その年により  9月には未だ店頭に並ばない場合もあるので、今年はラッキーでした!! 私は、色々と買い込み、又また重くなった手荷物を抱え、機内に乗り込みました。初めての買い付けの旅は、こうして無事に終了いたしました。
# by karibu-chai | 2006-10-14 00:18 | イギリス | Comments(0)
イギリス買い付けの旅・7・(ペチコート・レーン)
イギリス入りして10日目。先週に引き続き、2回目のポートベローへ・・・
先週、亡くなった皇太后さまの所蔵しておられた、ティーセットやその他の重たい
カップ&ソーサーはそれを買ったお店の方に預かっていただいていましたので、
それも取りに行きがてら、又新たな出会いも期待して・・・そして、私が前から欲しかった
へレンドの150周年記念の"Tea for Two"のセットを、自分のコレクションとして
求めました。それから、シルバー系のティーポットやカトラリーなど足りないものを
買い足し、そのまま国際宅急便のヤマトに直行。その際、店のご主人がご親切にも、
大きな荷物を持ってくださり、ヤマトまで一緒に運んでくださいました。
本当に助かりました。
c0079828_2317232.jpg

そして、次の日の日曜日、手荷物とスーツケースではどうしても収まらない荷物を、
あと一つ宅急便で送るため、再びヤマトへ・・結局送った荷物は、ダンボール4つに
なりました。、その後、イギリス最後のこの日は、地下鉄で「リバプール・ストリート」駅
まで乗り、そこから徒歩で毎日曜日開催している「ペチコート・レーン」のマーケットに、
行ってみることにしました。
c0079828_22451961.jpg
ある本には、アンティークの掘り出し物があることも・・・な~んて書いてあったのですが、しかし行って見ると、そこは香港の「女人街」のような感じで、   全くアンティークマーケットとは違う庶民派の衣服や靴・バッグなど実用品中心の露天マーケットといった感じでした。

こうして10日間、毎日よく歩き、重い荷物を運び、買い付けの旅は最終日の夜を迎え、
一人中華街へ行って、野菜たっぷりの美味しい中華料理を食べて、ホテルに戻りました。
# by karibu-chai | 2006-10-12 23:07 | イギリス | Comments(0)
イギリス買い付けの旅・6(アルフィーズ)
水曜日の夕方バースから戻り、又コヴェント・ガーデンのストランド・パレスホテルに
チェックインし、後半のロンドン買い付けが始まりました。
すでに先週から買い付けた品々が、ホテルの部屋いっぱいになってしまったので、
次の日ロンドンの「ヤマト」に、国際宅急便にて送ってもらうために、12kg~16kg位の
品物を両腕に抱え、往復2回バスに乗って運び、梱包をしてもらい、手続き等済ませ・・
やれやれ・・・大事な仕事が一つ終わり、ほっとしましたが、さすがに疲れがどっと出て、
めまいが起こり、その日は早めに休みました。荷物が無事に着くように願いながら・・・・
c0079828_032378.jpg

さて、次の金曜日は先週と同じく「バーモンジー」のアンティークマーケットに、
またまた雨模様の中でかけて行きました。この日は「マッピンウエブ」のスターリングの
「ケーキナイフ&フォーク」やポットなどをゲット。一度ホテルに戻ってから、
又地下鉄に乗り、Marylebone駅まで。そこから徒歩12分ぐらいのところにある
常設の "Alfies"アルフィーズ・アンティーク・マーケットに行ってみました。
c0079828_165518100.jpg
3階建ての建物の中には様ざまな店が入っていましたが、服飾関係の店が多かったように思います。私のお目当てのティーウエアーを扱う店も数件ありましたが、あまりピーンとくる出会いは残念なことにありませんでした。しかし、お客もあまり見られない店内でしたが、それぞれの店では、オーナーらしき人が、隣の店の人と楽しそうにお茶を飲みながら、おしゃべりしている光景が見受けられ、のんびり、ゆったり・・・常設の店ならではの、穏やかな雰囲気が感じられまた。
# by karibu-chai | 2006-10-11 00:31 | イギリス | Comments(2)
Bathのホテル&Karibu Chai の照明
c0079828_2224865.jpgBath では、かなり古いが(・・実際、部屋の床はミシミシ云うし、床自体も傾いている感じで)
中々趣のある由緒正しい、「ホテル・フランシス」に泊まりました。
去年の6月、同期のティーインストラクターのMさんとイギリスを訪れ、コッツウォルズを旅している最中に、左足を捻挫してしまい、 大好きなバースに来ながら、ほとんどこのホテルでじっと
していましたが、今回はゆっくり街を歩いたり、ホテル内の観察も出来ました。
朝食の後、ロビーでゆ~っくりしていると、ロビーの照明に、ふと目がとまり、思わず
カメラでぱちり!!・・・我がショップ・"Karibu Chai"の照明によく似ているでは
ありませんか! 
c0079828_223436.jpg
・・・・・・・・・「イギリス買い付けの旅」を綴っている間に、ショップ"Karibu Chai"も家具を搬入したり、カーテンを取り付けたり・・・大分、部屋の中の様子も整ってきました。
どうですか?この二つの照明似ていると思いませんか?
# by karibu-chai | 2006-10-09 22:13 | ショップの話 | Comments(0)