事件!
学生寮の1Fには、各グループに分かれたメールBOXがあり、皆、各部屋に
戻る前には必ず、手紙がきていないかチェックしていました。私は結構日本から
手紙がよく届いていたので、皆から"Lucky Girl !"と言われて、羨ましがられました。

その日も、メールをチェックし、公衆電話で電話をかけてから3Fの部屋に戻りました。
しばらくして、さっきブックショップで買ったノートを公衆電話のところに忘れてきたことに
気付き、ルームメートが留守でしたが、ほんの少しの間なので、鍵をしないで1Fまで
取りに行きました。階段を下りる時、男子学生らしい人とすれ違い、
"Hello !"といったのは覚えています。大学のキャンパスはとても広く、
誰でも出入り自由でしたし、ボーイフレンドなどもよく来ていましたから、
別段不審には思いませんでした。
ノートを取ってきて部屋に戻り、レシートを出そうと財布を見たら、

お金がない!どこを捜しても1200シリングと51$が無い!
(当時タンザニア1シリングは50円・US$約300円。取られた金額全部で約¥75.000)

私はもう頭がパニックになり、急いでHall3の寮長・Mrs.ムスケニヤのところに行き、
説明しようとするのですが、興奮していて中々英語でうまくしゃべれない・・・
ムスケニヤのママも「Kyoko 落ち着いて!」と何回も言って、とりあえず警察に連絡
してくれました。そして2人のポリスと一緒に警察へ・・・う~んと待たされて事情聴取。
その後・・・車で大学へ帰るかと思ったら、突然下りて草むらの影に隠れて・・・
「何してるの?」と私が尋ねたら、「犯人は空港に逃げるに違いない。この道は
空港に通じているから、ここで待ち伏せしよう・・・」犯人の顔も知らないのに・・・
あ~もうだめだ~!と思いましたね。

次の朝、Hall 3の掲示板には「Kyoko のお金を持っている人がいたら、決して
とがめないから、直ぐ戻してほしい」という張り紙が・・・その横には、
「Kyoko にヘルプしよう!」というものまで・・・事件を知ったHall 3の友人達が
元はといえば、私の不注意なのに・・・私のために、こんな事まで・・
申し訳ないのと有難いのとで、字が涙でかすんでいくのを覚えています。
(写真は、Hall 3の掲示板のある場所)
事件!_c0079828_0534162.jpg

# by karibu-chai | 2006-08-08 00:53 | 東アフリカ | Comments(0)
Tanzania National Dance Troup
秋田旅行で中断しましたが、ダルエスサラーム大学での続きを再開しましょう・・・

サバサバで思ったほど収穫のなかった私は、何とか資料を集めるべく、
大学の演劇学科(Department of Theater Arts)のKaduma先生に
相談しました。すると先生は、ナショナルスタジアムで毎日練習している、
タンザニア・ナショナル・ダンス・トゥループ(Tanzania National Dance Troup)
の練習風景を見学することを勧めてくださり、私が見学できるようるよう
手配してくださいました。

このグループは、タンザニア政府が質の高い民族文化を保護しようとして、
タンザニア各地から、優れた音楽的才能を持つ若い男女を選び、
全部で約20名程で構成されているものでした。
彼らは日曜日を除く毎日朝7時から午後2時まで、ヴィンセント・ムヤ氏の指導の下で、
練習を積んでいました。私も朝7時に着くように、大学を暗いうちに抜け出し、
数日間彼らの練習風景を見学させてもらいました。

手作りの楽器を担当するのは、10名ほどの男子。女子は7~8名で、
主に歌を受け持っていましたが、ダンスは男女とも行いました。
彼ら達は私のために、色々な演奏・踊りを見せてくれましたが、
政府機関の団体なので、写真撮影や録音にも特別な許可が必要で、
ここでも思うように、撮影は出来ませんでしたが、汗びっしょりになりながら
Ngoma(ンゴマ・・スワヒリ語で太鼓をたたくという意)を見せてくれた
彼らには、本当に有難かったし、感動しました。
(写真は、ナショナルスタジアム屋内で、ドラムの皮を火であぶりながら、
音の調子(チューニング)を見る、ダンストゥループのメンバー達。右の壁に
立てかけてあるのは、ひょうたんの共鳴体が付いた、Wazaramo族のマリンバ)
Tanzania National Dance Troup _c0079828_18362949.jpg

# by karibu-chai | 2006-08-05 18:50 | 東アフリカ | Comments(0)
秋田の素敵な紅茶のお店
秋田の素敵な紅茶のお店_c0079828_9202277.jpg

秋田三日目。昨日は同期の秋田在住のティーインストラクターのHさんに、
一期先輩のティーインストラクターの方が経営している紅茶やティーグッズを扱う
ステキなお店に案内して頂きました。
おしゃれにセンスよくディスプレイされた店内は,たくさんの商品が並べられていました。
〈写真は、目に止まったユニークなティーコージィーです。〉
その後は秋田千秋公園内にあるレストランでランチ。
イギリス風住宅のアンティークショップに寄った後、夕方からはHさんと二人、
秋田の温泉付きホテルに泊まり、ゆっくりさせていただきました。
温泉三昧の毎日!本当にリラックスできました。
# by karibu-chai | 2006-08-03 09:20 | Comments(2)
秋田のアンティーク
秋田のアンティーク_c0079828_0205454.jpg

秋田二日目。東北三大まつりの一つで、250年以上の歴史をもち、
国の重要無形民俗文化財の「秋田竿燈まつり」が3日から始まるので、
町はそのカラー一色になっています。そんな華やいだ雰囲気の中、
秋田市内にある、秋田市指定文化財の「旧金子家住宅」を見学に行きました。
江戸時代後期に、質屋、古着商を開き、
明治初期に呉服・太物《ふともの・・綿や麻の織物》の卸を創業しました。
まさに、秋田のアンティークです!〈写真は、昭和初期の店の様子です。〉
# by karibu-chai | 2006-08-02 00:20 | インターバル | Comments(0)
なまはげの館
なまはげの館_c0079828_23414213.jpg

一ヵ月ほど前に、盛岡から秋田に引っ越した娘のところにやってきました。
秋田も梅雨明けしたように大変よく晴れて暑い!でも風はさわやか。
娘の生活ぶりを見た後、彼女の運転で、男鹿半島の、
「なまはげ館」に連れて行ってもらいました。
その後実際の旧家で、なまはげが訪ねて来て、怠け者をどんどん音をたて、
捜し回るさまを目の前で体験しました。
きびしい冬に活を入れて、しっかり生きていこうとする、
雪国秋田の伝統的な国の重要無形民俗文化財なのです。
とても迫力があり、恐かった!!
# by karibu-chai | 2006-07-31 23:41 | インターバル | Comments(3)