原題・Darkest Hour~映画が教えてくれたもの

3月に2回
「ウィンストン・チャーチルの魅力」と題したお茶会セミナーを致しましたが
★★…過去記事
それに合わせるように…
映画「ウィンストン・チャーチル=ヒトラーから世界を救った男」が
メークアップ部門で、日本人の辻一弘さんが…
そしてチャーチル役のゲーリー・オールドマン氏が主演男優賞と
2部門でオスカーを取られたことは大きな話題となり★過去記事
僭越ながら…セミナーでも大いに盛り上がりました

その映画が3月30日に日本で封切られる少し前に…
朝日新聞に、こんな記事が載りました


c0079828_18253908.jpg
               この映画を観た
      東京大学名誉教授の姜尚中カンサンジュン氏は…こう言っています
この映画の原題 "Darkest Hour" は、暗い時間・困難な時期をくぐり抜けたのは、チャーチルというより、国民であり、そのシンボルとしてチャーチルがいたのではないでしょうか…

ダンケルクの戦いで、英国の民間の船800艘余りも参戦してのダイナモ作戦=兵士の救出劇はまさにそれを象徴するものであったと思います…この歴史上の事実を知って、私も驚きました。 映画では、チャーチルが首相になる少し前からダンケルクの戦いまでの4週間ほどの短い期間のチャーチルの苦悩を描いていましたが…

セミナーをする為に、私もチャーチルの幼少期から~彼の人となりのことを中心に色々調べました…

チャーチルは幼い頃落ちこぼれであったこと・貴族の出身であり、両親の接触が少なくその愛に飢えていたこと…そして大学には進まず、王立陸軍士官学校を経て軍人になり、その後政治家を志した異色の経歴を持った政治家だったこと…
父の様な政治家に転換しても~順風満帆ではなく落ち込むことも多かったようですが、常に読書をし勉強は怠りませんでした。しかし短気な性格から…政界の嫌われ者だったチャーチルでしたが、ヒトラーの猛勢以前から、いち早くヒトラーの残虐性・脅威を見抜いていたことで、第二次世界大戦下・一躍首相になり、苦悩しながらも勝利に導いていった功績は…大きな犠牲はあったものの、国民一人一人の心をつかむ素晴らしい人間チャーチルがなしえた結果だったのではないかと思います。

2013年・世界の大きな企業のリーダー1400人に「理想のリーダーとは?」のアンケートで、2位のジョブスを抜き、1位になったことから分かるように、チャーチルの没後半世紀経った今でもなお求められる、時代を超えた偉大な人物として認められているからなのではないでしょうか? (今の誰かさんに爪の垢でも煎じて…と思わずにはいられない!!)

そんな偉大なリーダーとして讃えられるチャーチルもよく鬱になったこともあり、そんな彼を支えた・母・妻・乳母の3人の女性達が、チャーチルに大きな影響を与えたようです…映画では妻・クレメンタイン夫人と秘書は出てきましたが…

偉大なリーダーも弱い一人の人間です。
陰で支えてくれる人の存在は大きいと思います。
チャーチルのことを調べてみて…いろいろ学ぶことが出来ました。 
このセミナーを機に、夫ともチャーチルの話題で話が弾む毎日でした…
2年前に夫とチャーチルが生まれた「ブレナム宮殿」も訪ねましたし…
先日~久しぶりに夫とこの映画も観ました。

学ぶことは楽しい~と思わせてくれたチャーチルに感謝です!!




# by karibu-chai | 2018-04-15 00:38 | 思うこと…
イースターのお茶会セミナー …and 紅茶と水の関係!

イースターとは…
キリストが十字架にかけられてから3日後に復活したことを祝う
『復活祭』として、キリスト教徒の方にとっては
クリスマス同様 ビッグな意味がありますが…

もともとは
『暁の女神』のための春を祝うゲルマン民族の古い祭りでしたが
キリスト教の布教に伴いその意味を重ね合わされたと云われています

つまり
イースターはイエスの復活を祝うと同時に
厳しい寒さを終えて、春の訪れを喜ぶ日でもあるのです


c0079828_11084347.jpg


今年2018年のイースターは4月1日
カリブチャイでは3月31日と4月3日両日に
イースターのお茶会セミナーを開催しました

c0079828_11091366.jpg


イギリスより届いた
フォートナム&メイソンのイースターティーと共に
「ホットクロスバンズ」「卵ときゅうりのサンドイッチ」
ウズラの卵を添えて鳥の巣のように見立てた…「人参サラダ」
3種類のイースターにちなんだ軽食を召し上がっていただきました



c0079828_11092878.jpg


軽食後…
イースターについての簡単なレッスンもさせていただきました

三位一体の意味で3枚をリボンで縛ったイースタービスケットや
卵型のイースターチョコ・季節限定・苺のカモメの玉子等の
イースターのスイーツも召し上がっていただきました



続いて…
「イギリスで飲む紅茶は本当に美味しいのか?」の
目からうろこの実験を行いました

c0079828_13345455.jpg
使用したのは以下の3種類の茶葉
「ダージリンファーストフラッシュ」「英国シェアーNO1のPGtips]
そして英国北部ヨークシャー地方の「ヨークシャーティー赤箱」

軟水代表は浄水器を通した水道水(硬度50~60)
硬水代表はフランスのエヴィアン(硬度304)

3種類の茶葉を硬水・軟水両方で淹れたものを先ずストレートで試飲
その後はダージリン以外、ミルクを入れたものと比べてみました

c0079828_11095231.jpg


「水色」だけを見ると☝上のようになり
硬水の方は全て軟水より濃くなりました

ダージリンなど香りを主に楽しむ紅茶は
硬水だと香りが出にくく…美味しくないのですが

他のPGとヨークシャーティーにミルクを加えて試飲してみると…
ミルクティーは硬水の方がコクがあって美味しいことが解りました


c0079828_11105882.jpg


最後は…
キャロットケーキとシュワシュワ桜ゼリー
ヨークシャーティーと共に召し上がっていただきました

ネットから画像はお借りしました

c0079828_12161963.jpg


この「英国の水の硬度の分布マップ」でも解るように
英国全土が硬水なのではありません

ほとんどの観光客はロンドンのティールームなどで
飲むミルクティーを「おいしい!」と評価しているのでしょう

紅茶は嗜好品ですので、美味しいとう感覚には個人差がありますが…

一般的には軟水で淹れた紅茶は、水色・香り・味がストレートに出て
茶葉の質を味わうのに向いている水と云えます
硬水で淹れた紅茶は、ミネラル分がタンニンの抽出を抑え
渋みが出にくいので、くせのある茶葉でも美味しい・飲みやすいと
感じられて、本来の茶葉の持つ味と香りなどは弱まりますが…
どっしりとした飲みごたえのある紅茶になり、ミルクとの相性は
軟水では味わえないコクも感じられるのです


イギリスで飲む紅茶が美味しい訳が…
ご参加くださった皆様も納得されたようでした
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました



例年より暖かい日が続き~桜前線は例年よりスピードを上げて北上して
日本列島は春爛漫です
花粉症の方には辛い季節ですが…楽しい春を満喫してください!





# by karibu-chai | 2018-04-09 12:32 | セミナーorイベント | Comments(4)
F&Mの~EASTER TEA

c0079828_23373505.gif


今年の桜は…
全国的に… 記録的な速さで満開となり
東京は~既に半分くらいは散ってしまい…間もなく…
葉桜になってしまうという予報です

皆さんは、お花見行かれましたか?



c0079828_23215419.jpg


私は残念ながら~セミナーの準備や雑事で忙しく
ちゃんとしたお花見に行く時間はとれませんでしたが…

お茶会で召し上がっていただくために
ロンドンのフォートナム&メイソンから
届いた今年のイースターティーは
何とも上品で華やかな香りを運んでくれて…
一気に癒されました!

94%のセイロンティーをベースに
オレンジの花やエルダーフラワー
マリーゴールドと矢車草の花びらをブレンドした
F&M・EASTER TEA

”An Easter bouquet in a cup"
まるでカップに香るイースターの花束…
こんな説明書きがありました!

昨日に続き、来週火曜日に2回目を開催いたします
春の到来を喜び祝うイースターにふさわしいこちらのティーも
たっぷり召し上がっていただきましょう…

お申込みくださった皆様 
お目にかかるのを~楽しみにお待ちしています



# by karibu-chai | 2018-04-01 23:55 | 紅茶or紅茶周り
Hot cross buns
来週土曜日から「イースターのお茶会セミナー」が始まります

今回は「Hot cross buns」をお出ししようと思いまして…
今まで3回 色々なレシピで試作しました


c0079828_23432934.jpg


十数年前は一年以上、パンは買わずに手作りしてましたが
(自動のパン焼き機ではありませんよ…)
手間がかかるので、いつの間にかやめてしまいました

イースターのグッド・フライデーに食べるという
この「ホット・クロスバンズ」ですが
ロンドンでは年中スーパーマーケットなどで買えるのに
日本ではこの時期でも~市販は中々難しいので 
今回は手作りすることにしました

パン作りは久しぶりなので 中々「カン」が戻りませんでしたが
何とか出来上がりました!

ロンドンのフォートナム&メイソンから~
今年の「イースターティー」も届きました

東京も間もなくが満開の予報ですので
春本番のお茶会になりそうです!

お申込みくださった皆様…お待ちしています



# by karibu-chai | 2018-03-23 23:58 | 手作り
春のお茶会セミナー・「ウィストン・チャーチルの魅力」
3月の10日と14日の両日
カリブチャイ・春を感じるお茶会セミナー
「ウィンストン・チャーチルの魅力」を開催しました
c0079828_16004172.jpg
c0079828_16010794.jpg



先ずは…
塩抜きした桜を浮かせたカップに~ヌワラエリアをお淹れして…

c0079828_16012326.jpg
グリーンオリーブと粗びき胡椒を効かせたスコーンに
サワークリームを添えて…

きゅうりのサンドイッチと焼きたて熱々のソーセージロールを
召し上がっていただきました



ウィンストン・チャーチルがこの日のセミナーのテーマでしたので
先ずは、ご参加の皆様に「チャーチルのイメージ」や
どんなことをされた人?…と伺ってみました

葉巻をくわえた~あの風貌はどなたもご存じですが
私もそうでしたが、意外にも…
第二次世界大戦中のイギリスを勝利に導いたこと知っている方は
ほとんどいらっしゃいませんでした!!

政治や宗教の話は、お茶の席ではご法度です
まして、きな臭い戦争の話題は…NGですが

チャーチルを語るのに
第二次世界大戦下と独裁者ヒトラーの話を避けて通ることは出来ません

* 


c0079828_16023185.jpg
そこで…
生のフルーツをたっぷり入れたフルーツティーと
そのお茶の香りを邪魔しない~
優しいティーフーズを召し上がっていただきながら

チャーチルの幼少期から亡くなるまでの人生や
人間としての人となりを感じるエピソードなど交えながらお話し
チャーチルを支えた母・妻・そして乳母のことなども
説明させていただきました

そして…
c0079828_16101628.jpg

第二次世界大戦下でのチャーチルの活躍は
2016年フランスが制作し・昨年NHK・BSで放映された
2時間のドキュメンタリーを
夫が、今回のセミナーのために30分ほどに編集してくれましたので
その録画を皆さんにご覧いただきました

『ダンケルクの戦い』や『ヒトラーとの攻防』そして
人々の心をつかんだ数々のスピーチなど…知らなかった歴史のページを
とてもよくまとめられていて…
ご覧になった皆様から~
「こんなこと知らなかった」とても勉強になった!!
との感想を多くいただきました


c0079828_16461400.jpg


最後のお茶は…
カリブチャイブレンドをお淹れして
生の苺・バナナ・キウイをサンドして焼いたケーキと
苺のヨーグルトゼリーを召しがっていただきながら

c0079828_16464915.jpg


4年前に訪ねた…ナショナルトラストのプロパティー
チャーチルが~1924年~亡くなるまで住んだ「チャートウエル」★過去記事

一昨年訪ねた・チャーチルが生まれた「ブレナム宮殿」★過去記事
私が撮った写真と動画をご覧いただきました


(全ての↓写真はネットからお借りしました)

c0079828_16471028.jpg


孫達に囲まれて幸せそうなチャーチルの表情が印象的ですね…
貴族の家系に生まれ~幼い時から両親との接触は少なかったようですが
軍人から~父親と同じ政治家になりますが、順風満帆とはいかず
…しかし半端でない読書から執筆活動~絵を描くことも…
そんな中から揺るがない姿勢を貫き
”NEVER SURRENDER”「決して降伏しない!!」精神で…
英国を勝利に導き…ヒトラーから世界を救った
ウィンストン・チャーチルは、今なお偉大なリーダーとして
英国のみならず~世界の人々からも讃えられているのです!



重いテーマをどうやって進めようかと…少し悩みましたが
夫の動画も効果的に使うことが出来、私自身も大変勉強になりました

アカデミー賞で話題になった映画も30日から~日本でも封切られます
私も是非見たいと思います

セミナーにご参加くださいました皆様、ありがとうございました



# by karibu-chai | 2018-03-16 17:04 | セミナーorイベント | Comments(4)
「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」

今週土曜日10日と来週・水曜日14日の2回
カリブチャイの今年前半のティーセミナーの1回目
「ウィンストン・チャーチルの魅力」を開催します

このテーマでセミナーをするのを決めた理由の一つは…
タイムリーに3月30日に日本で封切られる…

(掲載した写真は、全てネットからお借りしました)

c0079828_14163691.jpg


アカデミー賞・作品賞にもノミネートされていた・この映画
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』



既に日本でも昨年公開され
同じくアカデミー賞の作品賞にノミネートされていた

c0079828_14250471.jpg


『ダンケルク』
こちらの映画も第二次世界大戦下のチャーチル首相の指揮の元での
話題作でした…

両方ともチャーチル関連の映画でありアカデミー賞ノミネートという
大作だったからです!


今日・3月5日はアメリカで「アカデミー賞の発表」があり

c0079828_14171415.jpg


『ウィストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』の
特殊メークを担当した日本人・辻一弘氏(写真左)が
メイク・ヘアスタイリング賞}で・オスカーを受賞されました

そしてウィンストン・チャーチル役を演じた
ゲイリー・オールドマン氏(写真右)は
{主演男優賞}で・オスカーを受賞されました!!

おめでとうございます!!



これでセミナーも一一層~話題性が出てきましたね
チャーチルの偉業と共に人間的な魅力をお伝えできればと思っています

セミナーにお申し込みくださった皆様に
愉しんでいただけるよう頑張ります!



# by karibu-chai | 2018-03-05 14:37 | 情報
いちごの美味しい季節ですね…

雛祭りも終わり…
そろそろの話題が出てくるころになりました

関東で一番早い開花は3月21日の横浜とか…
東京は22日開花予定で、見ごろは29日だそうですよ!!

季節感が以前より無くなったのが野菜や果物ですね…
おいおい…いつの時代と比較をしているの?と言われそうですが
キュウリやナスは夏の野菜と決まっていましたが
一年中出回っているのが当たり前になりました


今が旬のも 
最近では一年中手に入りますね…

c0079828_17185654.jpg


果物屋さんでも・スーパーでも
形が揃って、きれいなイチゴが産地別でたくさん売られていますが…

形が不ぞろいなイチゴも…パックに入り~肩身が狭そうに売られていますね
値段は勿論お安めですが、味は変わらないので~結構私はこのタイプが好き!!

先日買ってきた不揃いの苺ちゃんが入ったパックに
離れがたかったのか…こんな風にくっついちゃったを発見!

これは珍しいと思って写真を撮りました



調べてみたら栽培ならではの状況が分かりました

イチゴは受粉した所だけ果肉が作られるので、
開花後に適当な受粉をさせると 簡単に奇形果を作る事ができてしまうそうです
スーパーとかで売ってる苺が奇麗な形なのは
ハチ等の受粉用昆虫が用意されてるからで、何もしなければあのような
美しい粒のそろった実にならないのだそうです
(ネットから抜粋)




# by karibu-chai | 2018-03-04 17:38 | 季節のこと | Comments(2)
こちらも間もなく20年…

1998年・娘が大学を卒業するのを機に
私自身は後半の人生をかけて…何をしようか考えた末…

その頃人気のあった「ティーインストラクター」の資格を取得するべく
日本紅茶協会のTI(ティーインストラクター)養成研修に応募し
1年間勉強し、筆記・テイスティング・実技の3つの試験に合格して

c0079828_15395463.jpg


このバッジをいただきました!!
(もちろん合格のお免状もいただきましたよ!)
本当に50歳を目の前にして、大学受験以来の何十年ぶりかの
猛勉強でこの資格を取りました!


c0079828_15402801.jpg
c0079828_15404784.jpg


それから半年ぐらいで…
♪生演奏(最初はバイオリン演奏)を入れた
ティーセミナーを自宅で始めて~徐々に他の場所でも
させていただけるようになりました




先日家の中を片付けていましたら…こんなものが出てきました

c0079828_17123909.jpg
c0079828_15410496.jpg


ティーセミナーを始めて間もない頃のものでしょう…

今でこそ、セミナーのご案内をするとたくさんのお申込みをいただきますが
その頃はネットなども駆使できず…
自分のご縁や口コミで集客する手段しかなかったのです

c0079828_15581205.jpg


40歳から通っていた ↑ フィットネスクラブの掲示板に
自作のポスターを作り貼らせていただきました

1999年~2000年頃は、外国人のメンバーさんも多かったので
英語版も貼りつけました

お陰様で、その効果はあり…
この時以来リピーターになってくださっている方もいらっしゃいますし
その方がたのご友人達もお見えくださるようになっています



そして家のリフォームをしたり…
2006年から「Karibu Chai Tea & Antiques」のショップをオープンし
blogも始めて…今日に至っています

ショップを始めてから~人さまのご縁はより広がって…
本当にありがたいことと感謝・感謝でございます

いつまで続けられるかは??ですが…
頭と体が元気なうちは、もう少し続けて行きたいと考えています



只今来週から始まる「ウインストン・チャーチル」のセミナー準備で
毎日忙しくしています
ご参加くださる皆様に楽しんでいただけるよう
頑張るつもりです!



追記
この前のブログで…娘の卒業旅行でアメリカに行った時にお世話になった
オーデンス夫妻が来日して、成田に会いに行ったことをアップしましたが
娘とのアメリカ旅行から帰ってきたら…
TI養成研修の受講申し込み受け入れの通知が届いたのでした
当時は人気の資格でしたから、応募しても中々受け入れてもらえず・・
何年もトライしてやっと~なんて方も多かったのです
私はラッキーでした!!




# by karibu-chai | 2018-02-26 16:10 | 素敵な体験
20年ぶりの再会

娘が高校2年生の夏休み、学校主催のアメリカ・ホームステイに
約一ヶ月間参加し、その後…娘が大学生の時に
高校時代・アメリカのホームステイでお世話になった
ホストファミリーのオーデンスご夫妻が日本に来られた時に
我が家にも数日滞在されました



その後…1998年、娘が大学卒業する前の卒業旅行の時
一緒に行くはずの友人が急病になり…
急遽 母親である私が同行することになりまして…

その際、アメリカ・サウスダコタ州のホストファミリー
オーデンスさん宅も訪ね、数日 母娘共々お世話になりました

👇
こちらの写真は、その時のものです
私も若かったですね…

c0079828_13242707.jpg



先週、オーデンス夫妻がベトナムに住む友人宅を訪ねる途中
我が娘と孫たちに会うために、成田に降り立ち一泊するというので
私も孫の世話も兼ね、ご夫妻に会うため成田空港に向かいました

c0079828_13245134.jpg
I could finally meet my host parents in US !
と…
娘は彼女の「つぶやき」にアップしていましたが

c0079828_13251316.jpg
2人の子供達も しっかりアメリカのパパとママに抱っこしてもらい
こんな日が来るなんて…
20年ぶりの夢のような再会でしたね!

私は一緒に食事をして帰宅しましたが、
その晩は娘と孫達も、オーデンスさんと同じホテルに一泊しました


高校生の時、ホームステイ先で不覚にも娘がホームシックになり
涙を流していた時…オーデンスさんのママが娘をしっかり抱きしめてくれて
音楽のかかるカセットを貸してくれて…
それ以来、気持ちが落ち着き楽しい時間を過せたことを
後から本人に聞いたことを思い出しました

オーデンス夫妻も孫が5人になり
私とは、じじばば談義で盛り上がりました

娘も久しぶりに日常を離れ~夢のような時間を過せたことに
感謝していました!

オーデンスご夫妻、来日してくださりありがとうございました
どうか…お元気で…又お会いしましょう!!





# by karibu-chai | 2018-02-22 14:16 | 素敵な体験 | Comments(2)
人形と語ろう心のふれあい…『柳の会』

早いもので…あと半月余りで~桃の節句『雛祭り』ですね

c0079828_23562694.jpg


私の二人の孫娘・芽吹メブキと玲穂タマオのお雛様は…

2008年にトルコ旅行のツアーでご一緒した
仲良し三姉妹のご長女・人形作家の柳橋由美子さんに
お願いして作っていただいた木目込み人形です

由美子さんが主宰されている『柳の会』の45周年の作品展が
千葉の文化センターで開催されていましたので
先日拝見させていただきました

2012年2月の「柳の会」に初めて伺い…★★★過去記事
展示されているお弟子さん達の作品があまり素晴らしかったので
2013年には娘の方の初孫・芽吹メブキ
そして2016年には息子の玲穂タマオの方にも
木目込みの「お雛様」をお願いして、作っていただきました

c0079828_23570365.jpg


久しぶりに由美子さんと、妹さんにもお会いでき
嬉しかったです!!

c0079828_23572741.jpg


こちらは、由美子先生の作品
ふっくらしたお人形の表情が何とも云えぬ温かさを感じさせます
(由美子さん作のお雛さまを、首相官邸に納められたことがあるんです)
 

c0079828_23560632.jpg


お人形の土台の木を形作ることから始めて~
そこに木目込んでいく布地を染めたり…選んだり様々な工程を経て
仕上げまでの細かい作業は…一年以上もかかることもあるそうです

c0079828_00355053.jpg


『押絵』の作品も見ごたえがありました


この道半世紀以上の由美子さんの作品をはじめ
お弟子さん達の素晴らしい作品の数々
6年前に伺った時の感動が又よみがえってまいりました

温かいお人柄は、多くのお弟子さんとの絆となって
これからも素敵な作品をたくさん作り続けてくださることでしょう

又次回の作品展を楽しみにしています





# by karibu-chai | 2018-02-18 00:43 | 日々のこと